デルタ・レディ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
デルタ・レディ
ジョー・コッカーシングル
初出アルバム『Joe Cocker!』
B面 She's So Good to Me
リリース
規格 7インチ・シングル
ジャンル ロック、スワンプ・ロック
時間
レーベル イギリスの旗リーガル・ゾノフォン・レコード
アメリカ合衆国の旗A&Mレコード
作詞・作曲 レオン・ラッセル
プロデュース デニー・コーデル
チャート最高順位
  • 10位(イギリス[1]
  • 15位(オランダ[2]
  • 69位(アメリカ[3]
ジョー・コッカー シングル 年表
フィーリン・オールライト
(1969年)
デルタ・レディ
(1969年)
シー・ケイム・イン・スルー・ザ・バスルーム・ウィンドー
(1969年)
テンプレートを表示
デルタ・レディ
レオン・ラッセル楽曲
収録アルバム レオン・ラッセル
リリース 1970年5月
録音 1969年9月 ロンドン オリンピック・スタジオ[4]
ジャンル ロック
時間 4分05秒
レーベル シェルター・レコード
作詞者 レオン・ラッセル
作曲者 レオン・ラッセル
プロデュース デニー・コーデル、レオン・ラッセル

デルタ・レディ」(Delta Lady)は、アメリカ合衆国ロック・ミュージシャン、レオン・ラッセル1969年に作詞・作曲した楽曲。同年ジョー・コッカーの歌唱によってシングル・ヒットし、1970年には作者ラッセルのヴァージョンもアルバム『レオン・ラッセル』で発表された。当時ラッセルと交際していた歌手リタ・クーリッジをモチーフとした曲で、コッカー版のレコーディングにはラッセルとクーリッジも参加した[5]。なお、本作のタイトルは最終的にクーリッジのニック・ネームとなり、クーリッジも参加したコッカーのライヴ・アルバム『マッド・ドッグス&イングリッシュメン』では、MCで「私達のデルタ・レディ」と紹介された[5]

ジョー・コッカー・ヴァージョン[編集]

コッカーのヴァージョンは全英シングルチャートで10位に達し、自身2作目の全英トップ10シングルとなった[1]。また、アメリカでは1969年11月8日付のBillboard Hot 100で69位を記録した[3]

コッカーが1996年に発表したアルバム『オーガニック』には、本作の再録音が収録された[6]

カヴァー[編集]

脚注[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ a b JOE COCKER | full Official Chart History | Official Charts Company
  2. ^ Joe Cocker - Delta Lady - dutchcharts.nl
  3. ^ a b Joe Cocker Delta Lady Chart History - Hot 100”. Billboard. 2019年6月19日閲覧。
  4. ^ 『レオン・ラッセル』1998年再発CD (TOCP-3489)英文ブックレット内クレジット
  5. ^ a b Delta Lady by Joe Cocker”. Songfacts. 2019年6月19日閲覧。
  6. ^ Ruhlmann, William. “Organic - Joe Cocker”. AllMusic. 2019年6月19日閲覧。
  7. ^ Thompson, Dave. “Piano Vibrations (2003) - Rick Wakeman”. AllMusic. 2019年6月19日閲覧。
  8. ^ Madeline Bell - This Is One Girl (Vinyl, LP, Albums) | Discogs
  9. ^ Marauder - Mickey Thomas | AllMusic