デルタ航空博物館

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
検索に移動
Japanese Map symbol (Museum) w.svg Delta Flight Museum
デルタ航空博物館の位置(アトランタ都市圏内)
デルタ航空博物館
アトランタ都市圏内の位置
デルタ航空博物館の位置(ジョージア州内)
デルタ航空博物館
アトランタ都市圏内の位置
デルタ航空博物館の位置(アメリカ合衆国内)
デルタ航空博物館
アトランタ都市圏内の位置
施設情報
専門分野 航空博物館
開館 1995年
所在地 Delta Air Lines HQ campus, 1060 Delta Boulevard, Hapeville, GA, USA
位置 北緯33度39分23秒 西経84度25分23秒 / 北緯33.656410度 西経84.422927度 / 33.656410; -84.422927
外部リンク デルタ航空博物館 (英語)
プロジェクト:GLAM
テンプレートを表示

デルタ航空博物館(デルタこうくうはくぶつかん、英語: Delta Flight Museum)は、アメリカ合衆国ジョージア州アトランタにあるハーツフィールド・ジャクソン・アトランタ国際空港にあるデルタ航空が保有する航空博物館である。

概要[編集]

1995年、デルタ航空アトランタ本社の付属施設として設立。デルタ航空の歴史と、民間航空産業の発展の軌跡を、航空機やユニフォームなどの展示を通して紹介。

博物館は、以前はジェットベースとして知られているデルタテクニカルオペレーションセンターは、完成したとき、1960年代まで使用された2つのデルタ航空整備格納庫に収容されている。博物館は非営利団体であり、ボランティア、寄付、特別なイベントレンタル、ミュージアムショップの販売に依存している。デルタ博物館が進行中のプロジェクトとみなされ、それが様々なアイテム一年中を収集されている。博物館は2014年6月に一般市民に開かれた。それに先立ち、デルタ航空従業員または事前構成は、博物館が位置しているキャンパスにアクセスするために必要であった。

展示機材[編集]

デルタ航空及び経営統合前のノースウエスト航空で使用されてきた航空機が1と2に分かれた展示施設「ヒストリックハンガー」と、屋外施設の計3箇所に分かれてに置かれている。

ヒストリックハンガー1[編集]

  • ダグラス・エアクラフト DC-3 - 従業員とボランティアによる修理を実施した上で寄贈。
  • トラベルエアー6Bセダン - 1929年のデルタ航空初の旅客便に使用された航空機に近い型。

ヒストリックハンガー2[編集]

整備格納庫にある
ボーイング767-200
(機体記号:N102DA)
The Spirit of Delta


屋外展示[編集]

747エクスペリエンス[編集]

2015年9月8日、「N661US」は、この日のホノルルアトランタ行きDL836便をもって26年間に及ぶ営業運航を終了し退役、シリーズ初号機のため保存されることとなった[1]2016年4月30日、機体を空港から隣接する博物館に移動した[2]

2017年3月28日、747エクスペリエンスと題して一般公開を開始した[3]

オープニングセレモニーには、ノースウエスト航空85便緊急着陸事故の運航乗務員4名(うちシニア機長と副操縦士1名は既に退職、残り2名はデルタに在籍)も出席した[4]

脚注[編集]

[脚注の使い方]

出典[編集]