デルタ航空1989便ハイジャック誤認事件

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
デルタ航空 1989便
N189DN 2 B767-332ER Delta MAN 24JUL00 (6751964351).jpg
2000年7月に撮影された当該機
出来事の概要
日付 2001年9月11日
概要 ハイジャック誤認
現場 アメリカ合衆国の旗 アメリカ合衆国オハイオ州クリーブランド
負傷者数
(死者除く)
0
死者数 0
生存者数 155(全員)
機種 ボーイング767-332ER
運用者 アメリカ合衆国の旗 デルタ航空
機体記号 N189DN
出発地 アメリカ合衆国の旗 ローガン国際空港
目的地 アメリカ合衆国の旗 ロサンゼルス空港
テンプレートを表示

デルタ航空1989便ハイジャック誤認事件(デルタこうくう1989びんハイジャックごにんじけん)は、2001年9月11日に発生した出来事。ボストンロサンゼルス行きのデルタ航空1989便(ボーイング767-33ER)は、アメリカ合衆国連邦政府ハイジャックされた恐れがあるのと考えた内の1機であったが、無事にオハイオ州クリーブランドに着陸した。

ハイジャックの疑惑[編集]

2001年9月11日アメリカン航空11便ユナイテッド航空175便がハイジャックされ、世界貿易センタービルに衝突した。衝突後に、ボストンの管制官は両便共にローガン国際空港ロサンゼルス国際空港行きで、機材がボーイング767だった事に気付いた。デルタ航空1989便もローガンからロサンゼルスへ向かう767型機だったため、ボストンの管制官は連邦航空局(FAA)に連絡した[1] 。FAAは、クリーブランドの管制に、1989便にハイジャックへ注意するよう伝えろと指示した[2]。ボストン管制は1989便をレーダーで捕らえていたが、交信はしていなかった。機体は、クリーブランド管制の空域にあったため、クリーブランド管制と交信していた。

クリーブランド管制は、1989便から「ここから出ていけ(Get out of here)」や「我々は爆弾を所持している(We have a bomb on board)」という交信を聞いた。そのためFAAは、クリーブランド管制に1989便はハイジャックされた恐れがあると伝えた。しかし、この交信は1989便の付近を飛行していたユナイテッド航空93便からのものであった。北東部防衛セクター英語版(NEADS)は、9時37分にアメリカン航空77便ペンタゴンに衝突した後、1989便に注意を向けた。ボストン管制が、9時41分に1989便がハイジャックされた恐れがあると伝えた。9時42分にFAAは飛行中の全機に最寄りの空港へ着陸するよう指示した。NEADSは、戦闘機に1989便を追跡させ、以降着陸するまで追尾した[1]

脚注[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ a b "The 9/11 Commission Report; Chapter 1.2 Improvising a Homeland Defense Archived April 23, 2016, at the Wayback Machine."
  2. ^ Archived copy”. 2016年4月23日時点のオリジナルよりアーカイブ。2016年2月7日閲覧。 The 9/11 Commission Report; Chapter 1.1 "Inside the Four Flights"

関連項目[編集]