デレク・トラックス

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
デレク・トラックス
Derek Trucks
Derek Trucks slide-Allman Bros Band 2009.jpg
デレク・トラックス(2009年)
基本情報
生誕 (1979-06-08) 1979年6月8日(40歳)
出身地 アメリカ合衆国の旗 アメリカ合衆国 フロリダ州ジャクソンビル
ジャンル ブルースブルースロックサザン・ロックジャム・ロック
職業 ミュージシャン、ソングライター
担当楽器 ギター、サロード
活動期間 1978年 -
レーベル コロムビア・レコード
レガシー・レコーディングス
共同作業者 オールマン・ブラザーズ・バンド
デレク・トラックス・バンド
Soul Stew Revival
テデスキ・トラックス・バンド
公式サイト www.derektrucks.com

デレク・トラックス (Derek Trucks1979年6月8日 - )は、アメリカ合衆国ギタリスト

ローリング・ストーンの選ぶ歴史上最も偉大な100人のギタリスト」において2003年は第81位、2011年の改訂版では第16位。

人物[編集]

フロリダ州ジャクソンヴィル出身[1]オールマン・ブラザーズ・バンドのオリジナル・メンバーであるブッチ・トラックスので、9歳からギターを弾き始める[1]

1994年にベーシストのトッド・スモーリィとともにバンドを組み始め、翌1995年にはドラマーのヨンリコ・スコットが参加してデレク・トラックス・バンドを結成。その後、キーボーディストのコフィ・バーブリッジ(オールマン・ブラザーズ・バンドのベーシストであるオテイル・バーブリッジの兄)、ボーカルのマイク・マティソン、パーカッションのカウント・ムブトゥも加わり、1997年から2010年までに6枚のスタジオ・アルバムと3枚のライブ・アルバムを発表した。

一方、10代前半からオールマン・ブラザーズ・バンドのライブにもゲストとして参加するようになり[1]1999年には正式メンバーとして迎えられた[2]。以降、同バンドの特徴であるツイン・リード・スタイルの一翼を担ってきたが、2014年にもう1名のギタリストであるウォーレン・ヘインズとともに脱退を表明した[2]

妻であるブルースシンガーのスーザン・テデスキも1997年から彼の音楽活動に参加している。2010年には妻のバンドと合併及び再編成を行い、デレク・トラックス・バンドとしての活動は停止、現在はテデスキ・トラックス・バンドとして活動している。

この2バンド以外にも著名ミュージシャンの様々なセッションに参加し、2006年にはエリック・クラプトンのツアーにも同行した。ちなみに彼の名前「デレク」は、デュアン・オールマンが参加したクラプトンのバンド、デレク・アンド・ザ・ドミノスから取られている。

2019年、テデスキ・トラックス・バンドの来日ツアーが行われた。

プレイスタイル[編集]

微細な音程を自在に操るスライド・ギターの名手として名高い。ロックブルースエルモア・ジェイムズデュアン・オールマンB.B.キングなど)を基本としつつ、マイルス・デイヴィスの「So What」やジョン・コルトレーンの「Mr P.C」といった曲をカバー、サン・ラなどにも影響を受けるなどジャズ、さらにインド・アラブ音楽など幅広い音楽性を備えている。

ライブにおいては直立不動で、多彩なフレーズを涼しい顔で演奏している。2006年には、デレク・トラックス・バンドの初ライブDVD『Songlines Live』をリリース、このDVDで、当時の彼らの代表曲は一通り見ることができる。

使用機材[編集]

メイン・ギターはギブソン社SGで、スライドバーにはデュアン・オールマンが使用していたことで有名なコリシディン(風邪薬)のボトルを愛用している。アンプフェンダー社のスーパーリバーブで、エフェクターはディレイのみ使用。シールドは、プラネットウェーブ社のカスタムシリーズを使用。最近では、ポール・リード・スミスが2009年に発表したアンプを導入している。ライブにおいて右手はフィンガー・ピッキング(指弾き)であり、左手がスライドでなく押弦の場合も右手は指弾きである。チューニングオープンEで、通常のコード弾きもオープンEのままプレイする。

デレク・トラックス・バンド・メンバー[編集]

日本公演[編集]

  • 2004年 ジャパン・ブルース・カーニバルに参加する形でデレク・トラックス・バンドで初来日
5月17日なんばハッチ、5月20日渋谷クラブクアトロ、5月21日CLUB_CITTA'、5月23日日比谷野外音楽堂
  • 2007年 Derek Trucks Band Tour 2007
11月25日,12月1日 エビス・ザ・ガーデンホール、11月26日,27日 LIQUIDROOM ebisu、29日 心斎橋クラブクアトロ、30日 名古屋クラブクアトロ
  • 2009年 Derek Trucks Band Tour 2009
9月25日,26日東京国際フォーラム、28日グランキューブ、29日愛知芸術文化センター、30日NHKホール
7月31日 苗場・フジロック・フェスティバル、フィールド・オブ・ヘブン
  • 2012年 Tedeschi Trucks Band Tour 2012
2月5日 名古屋クラブクアトロ、7日メルパルクホール大阪、8日,9日渋谷公会堂
2月6日(木)渋谷公会堂、2月7日(金)名古屋・ダイアモンドホール
2月9日(日)尼崎・あましんアルカイックホール、2月10日(月)SHIBUYA-AX、2月11日(火・祝)昭和女子大学 人見記念講堂
3月30日(水)名古屋市公会堂、3月31日(木) オリックス劇場、4月1日(金) 日本武道館

ディスコグラフィ[編集]

デレク・トラックス・バンド[編集]

  • 『デレク・トラックス・バンド』 - The Derek Trucks Band (1997年)
  • 『アウト・オブ・ザ・マッドネス』 - Out of the Madness (1998年)
  • 『ジョイフル・ノイズ』 - Joyful Noise (2002年)
  • 『ソウル・セレナーデ』 - Soul Serenade (2003年)
  • 『ライヴ・アット・ジョージア・シアター』 - Live at Georgia Theatre (2004年)
  • 『ソングラインズ』 - Songlines (2006年、Legacy Recordings)
  • Songlines Live (2006年、Legacy Recordings) ※DVD
  • 『オールレディ・フリー』 - Already Free (2009年)
  • 『ロードソングス』 - Roadsongs (2010年)

テデスキ・トラックス・バンド[編集]

  • 『レヴェレイター』 - Revelator (2011年)
  • 『エヴリバディズ・トーキン』 - Everybody's Talkin' (2012年) ※ライブ
  • 『メイド・アップ・マインド』 - Made Up Mind (2013年)
  • 『レット・ミー・ゲット・バイ』 - Let Me Get By (2016年)
  • 『ライヴ・フロム・ザ・フォックス・オークランド』 - Live from the Fox Oakland (2017年) ※ライブ

オールマン・ブラザーズ・バンド[編集]

参加アルバム[編集]

  • セデル・デイヴィス : The Best of Cedell Davis (1995年)
  • Various Artists : 『トゥ・クライ・ユー・ア・ソング…ア・コレクション・オブ・タル・テイル~ジェスロ・タル・トリビュート~』 - To Cry You a Song: A Collection of Tull Tales (1996年)
  • グレッグ・オールマン : 『サーチング・フォー・シンプリシティー』 - Searching For Simplicity (1997年)
  • Various Artists : Tangled Up In Blues (1999年) ※ボブ・ディラン・トリビュート盤
  • Various Artists : Blues Power : Songs Of Eric Clapton (1999年)
  • Various Artists : 『胸いっぱいのブルースを~ソングス・オブ・レッド・ツェッペリン』 - Whole Lotta Blues: Songs Of Led Zeppelin (1999年)
  • Various Artists : Wintertime Blues:The Benefit Concert (2000年)
  • Frogwings : Croakin' At Toads (2000年)
  • Various Artists : Hellhound On My Trail (2001年) ※ロバート・ジョンソン・トリビュート盤
  • スーザン・テデスキ : Wait For Me (2003年)
  • ベラ・フレック&フレックトーンズ : Little Worlds (2003年)
  • ジェイソン・クロスビー : Four Chords And Seven Notes Ago (2003年)
  • Various Artists : Coast to Coast (2004年)
  • スーザン・テデスキ : Hope and Desire (2005年)
  • ジェリー・ダグラス : The Best Kept Secret (2005年)
  • J・J・ケイル & エリック・クラプトン : The Road To Escondido (2006年)
  • デイヴィッド・サンボーン : Here & Gone (2008年)
  • エルヴィン・ビショップ : The Blues Rolls On (2008年)
  • マッコイ・タイナー : 『ギターズ』 - McCoy Tyner, Guitars (2008年)
  • スーザン・テデスキ : Back To The River (2008年)

脚注・出典 [編集]

[脚注の使い方]
  1. ^ a b c Skelly, Richard. “Derek Trucks - Biography & History”. AllMusic. 2018年4月3日閲覧。
  2. ^ a b Giles, Jeff. “Allman Brothers Band Lineup Changes: A Complete Guide”. Ultimate Classic Rock. Loudwire Network. 2018年4月3日閲覧。