デレク・ベル (野球)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
デレク・ベル
Derek Bell
基本情報
国籍 アメリカ合衆国の旗 アメリカ合衆国
出身地 フロリダ州タンパ
生年月日 (1968-12-11) 1968年12月11日(49歳)
身長
体重
6' 2" =約188 cm
235 lb =約106.6 kg
選手情報
投球・打席 右投右打
ポジション 外野手
プロ入り 1987年 MLBドラフト2巡目(全体49位)でトロント・ブルージェイズから指名
初出場 1991年6月28日
最終出場 2001年7月3日
経歴(括弧内はプロチーム在籍年度)

デレク・ナサニエル・ベルDerek Nathaniel Bell, 1968年12月11日 - )は、アメリカ合衆国フロリダ州タンパ出身の元プロ野球選手外野手)。右投右打。

経歴[編集]

プロ入りとブルージェイズ時代[編集]

1987年MLBドラフト2巡目(全体49位)でトロント・ブルージェイズから指名され、プロ入り。1991年6月28日にメジャーデビュー。この年はAAA級シラキュース・チーフスで119試合に出場して打率.346・13本塁打・93打点・27盗塁の好成績を残し、インターナショナルリーグMVPベースボール・アメリカマイナーリーグ年間最優秀選手賞に選出された[1][2]。飛躍が期待された翌1992年はレギュラーに定着できなかったが、球団初の世界一メンバーの一員となった。

パドレス時代[編集]

1993年3月30日ダリン・ジャクソンとのトレードで、ストーニー・ブリッグスと共にサンディエゴ・パドレスへ移籍した。この年よりレギュラーとなり、初の二桁本塁打(21本)、1994年には初の打率3割(.311)をマークした。

アストロズ時代[編集]

1994年12月28日ケン・カミニティスティーブ・フィンリーロベルト・ペタジーニらとのトレードで、ダグ・ブロケイルら5選手と共にヒューストン・アストロズへ移籍した。移籍1年目は自己ベストとなる打率.334(ナショナルリーグ4位)の高打率を残すが、翌1996年は自己最多の113打点(リーグ4位)を記録しながらも打率は.263と急降下した。

1998年は打率.314・198安打(リーグ5位)・41二塁打・22本塁打・108打点と活躍したが、続く1999年は打率.236・12本塁打と好不調の波が大きかった[3]

メッツ時代[編集]

1999年12月23日ロジャー・セデーニョオクタビオ・ドーテル、カイル・ケッセルとのトレードで、マイク・ハンプトンと共にニューヨーク・メッツへ移籍した。

2000年、前半戦は12試合連続安打や球団新の11試合連続得点と好調だったが、後半戦は打率.187と沈黙した[4]。オフの10月31日FAとなった。

パイレーツ時代[編集]

2000年12月10日に2年900万ドルでピッツバーグ・パイレーツと契約。

2001年は開幕から絶不調、5月中旬に左ヒザ痛で故障者リスト入りするまで打率.136・1本塁打と不振を極めた[5]。復帰後も不振を抜け出せず、7月3日を最後に出場は無く、この年限りで引退した。

人物[編集]

平凡なゴロでも全力疾走するハッスルプレイヤーだが、一方でかなりの目立ちたがり屋でもある[6]。また、ブルージェイズ時代の1992年には本拠地スカイドーム(現:ロジャーズ・センター)で愛車のジープを同僚のジョー・カーターに運転されるというイタズラに遭っている[7][8]

詳細情報[編集]

年度別打撃成績[編集]

















































O
P
S
1991 TOR 18 35 28 5 4 0 0 0 4 1 3 2 0 0 6 0 1 5 0 .143 .314 .143 .457
1992 61 184 161 23 39 6 3 2 57 15 7 2 2 1 15 1 5 34 6 .242 .324 .354 .678
1993 SD 150 585 542 73 142 19 1 21 226 72 26 5 0 8 23 5 12 122 7 .262 .303 .417 .720
1994 108 466 434 54 135 20 0 14 197 54 24 8 0 2 29 5 1 88 14 .311 .354 .454 .808
1995 HOU 112 499 452 63 151 21 2 8 200 86 27 9 0 6 33 2 8 71 10 .334 .385 .442 .827
1996 158 684 627 84 165 40 3 17 262 113 29 3 0 9 40 8 8 123 18 .263 .311 .418 .729
1997 129 547 493 67 136 29 3 15 216 71 15 7 0 2 40 3 12 94 16 .276 .344 .438 .782
1998 156 695 630 111 198 41 2 22 309 108 13 3 0 10 51 0 4 126 14 .314 .364 .490 .855
1999 128 568 509 61 120 22 0 12 178 66 18 6 0 5 50 1 4 129 20 .236 .306 .350 .656
2000 NYM 144 622 546 87 145 31 1 18 232 69 8 4 2 3 65 0 6 125 14 .266 .348 .425 .773
2001 PIT 46 183 156 14 27 3 0 5 45 13 0 2 2 0 25 5 0 38 4 .173 .287 .288 .576
MLB:11年 1210 5068 4578 642 1262 232 15 134 1926 668 170 51 6 46 377 30 61 955 123 .276 .336 .421 .757
  • 各年度の太字はリーグ最高

獲得タイトル・表彰・記録[編集]

MiLB

背番号[編集]

  • 14(1991年 - 1992年、1995年 - 1999年、2001年)
  • 4(1993年 - 1994年)
  • 16(2000年)

脚注[編集]

  1. ^ 「トロント・ブルージェイズ」『'92 大リーグ総ガイド』 週刊ベースボール1992年4月25日増刊号 ベースボール・マガジン社 24頁
  2. ^ 「アメリカン・リーグ'92ルーキー診断」『'92 大リーグ総ガイド』 週刊ベースボール1992年4月25日増刊号 ベースボール・マガジン社 54頁
  3. ^ 出野哲也 『改訂新版 メジャー・リーグ人名事典』 言視社、2013年、520頁。ISBN 978-4-905369-67-7。
  4. ^ 「大リーグ30球団2001年シーズン戦力分析 ピッツバーグ・パイレーツ」『月刊メジャー・リーグ』2001年4月号 ベースボール・マガジン社 75頁
  5. ^ 「後半戦30球団戦力分析 ピッツバーグ・パイレーツ」『月刊メジャー・リーグ』2001年8月号 ベースボール・マガジン社 62頁
  6. ^ 「ヒューストン・アストロズ」『1996大リーグ全28球団主力選手カラー写真名鑑』 週刊ベースボール1996年6月26日増刊号 ベースボール・マガジン社 38頁
  7. ^ "Toronto Blue Jays" Joe Carter Raffles Off Derek Bell's Jeep At Skydome!YouTube
  8. ^ Ian Hunter (2015年10月2日). “Flashback Friday: Joe Carter Raffles off Derek Bell’s Jeep”. Blue Jay Hunter. 2017年5月8日閲覧。

関連項目[編集]