デンマーク・ノルウェー連合王国

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索

デンマーク・ノルウェー連合王国は、1380年からカルマル同盟成立の1396年の間存在した、デンマークノルウェーとの同君連合国家。デンマークノルウェー両王国はその後カルマル同盟を経て1814年まで国王を同じくしていたが、歴史的な経緯から1523年スウェーデンがカルマル同盟から分離し、カルマル同盟が解体した後の新たな同君連合デンマーク=ノルウェー二重王国と呼ぶ。さらに、1536年プロテスタントへの改宗後についてはデンマーク=ノルウェーの記事で参照されたい。

成立[編集]

ノルウェー王ホーコン6世を父に、デンマーク王女マルグレーテ1世を母に持つオーロフ2世が、1375年デンマーク王ヴァルデマー4世が嗣子無く死去したのを受けて女系継承によりデンマーク王となった。1380年、父王ホーコン6世も死去すると、デンマーク王兼ノルウェー王となり、ここにデンマークノルウェー間に同君連合が成立した。

歴代国王[編集]

  1. オーロフ2世(在位:1380年 - 1387年
  2. エーリク7世(エーリク・ア・ポンメルン、在位:1388年 - 1396年

関連項目[編集]