デヴィッド・ブロムバーグ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
David Bromberg
David Bromberg, Loudis Recital Hall, University of Delaware, 1984.jpg
Bromberg in 1984
基本情報
出生名 David Bromberg
生誕 (1945-09-19) 1945年9月19日(73歳)
フィラデルフィア, ペンシルバニア州
ジャンル ブルーグラス, フォークミュージック, カントリー・ミュージック, ブルース, ジャズ, ロックンロール
職業 シンガーソングライター
担当楽器 ボーカル,ギター, フィドル, ドブロ, マンドリン, ペダルスチールギター
活動期間 1960s–
レーベル Columbia, Fantasy, Rounder, Wounded Bird, Appleseed
公式サイト davidbromberg.org

デヴィッド・ブロムバーグ (David Bromberg、1945年9月19日 - ) はアメリカのシンガーソングライターであり、また様々な楽器の演奏を行っている[1][2]

ブルーグラス, ブルース, アメリカンフォーク, ジャズ, カントリー・ミュージック, ロックンロール に携わり、一風変わったユーモラスな歌詞と、ギター演奏の技術の高さで知られている。

ブロムバーグはJerry Jeff Walker, ウィリー・ネルソン, Jorma Kaukonen, ジェリー・ガルシア, Rusty Evans (The Deep) and ボブ・ディランといった、様々な著名なアーティストと共演をしている。元ビートルズジョージ・ハリスンと共作した"The Holdup"は、ブロムバーグの1972年のセルフタイトルアルバムに収録された。

2008年にはグラミー賞にノミネートされた。[3]

音楽[編集]

David Bromberg and Associates Fine Violins

ブロムバーグはフィラデルフィアで生まれ、ウェストチェスター郡タリータウンで育った。[4][5]その後、1960年代に コロンビア大学 に入学し、その時期にReverend Gary Davisにギターを学んだ。

フィドルの名手であるとともに、 様々なスタイルでの アコースティック・ギター 、エレキギター、 ペダルスチールギター 、ドブロ・ギターの演奏を行った。1970代初頭には彼自身のアルバムを Columbia Recordsで作成し始めた。[6] 1972年のアルバム"Demon in Disguise"における吟遊詩人 Jerry Jeff Walkerの伝説について語った曲である、"Mr. Bojangles" での彼の7分間の演奏によって、ブロムバーグは progressive rock radio で流された。1973年にはJonathan Edwards(アルバムHave a Good Time for Me)において、マンドリン、ドブロ、エレキギターを演奏した。

2007年2月27日、1990年以来初めてとなるスタジオ収録のアルバムをリリースした。このアルバムにはボブ・ディランの「悲しみは果てしなく」や エリザベス・コットンの "Shake Sugaree." が収録されている。2008年にはこのアルバムが、50周年記念のグラミー賞「Best Traditional Folk Album」部門にノミネートされた。[3] 彼の2011年のアルバムUse Meリヴォン・ヘルム, John Hiatt, Tim O'Brien, ドクター・ジョン, ケブ・モ, ロス・ロボス, Widespread Panic, リンダ・ロンシュタット, ヴィンス・ギルといったゲストをフィーチャーした作品となっている。

現在ブロムバーグはデラウェア州のウィルミントンに妻であるNancy Josephsonと住んでおり、バイオリン工房を営んでいる。[7]また、自らが出資者でもあるウィルミントンのGrand Opera Houseや、"the new World Cafe Live at the refurbished Queen Theatre"での演奏もしている.[要出典]

ディスコグラフィー[編集]

自身の作品としてのアルバム[編集]

LPs and CDs:

  • David Bromberg (1972)
  • Demon in Disguise (1972)
  • Wanted Dead or Alive (1974)
  • Midnight on the Water (1975)
  • How Late'll Ya Play 'Til? (1976)
  • Reckless Abandon (1977)
  • Out of the Blues: The Best of David Bromberg (1977)
  • Bandit in a Bathing Suit (1978)
  • My Own House (1978)
  • You Should See the Rest of the Band (1980)
  • Long Way from Here (1987)
  • Sideman Serenade (1989)
  • The Player: A Retrospective (1998)
  • Try Me One More Time (2007)
  • Live: New York City 1982 (2008)
  • Use Me (2011)
  • Only Slightly Mad (2013)

DVDs:

  • The Guitar Artistry of David Bromberg: Demon in Disguise (2008)
  • A Guitar Lesson with David Bromberg (2009)
  • David Bromberg and His Big Band In Concert at the Count Basie Theatre, Red Bank, NJ. (2009)

MP3s:

  • The David Bromberg Quartet at MerleFest, April 29, 2006 (2006)
  • David Bromberg & Angel Band at Philadelphia Folk Festival, August 16, 2007 (2007)
  • The David Bromberg Quartet at MerleFest, April 25, 2009 (2009)

共演[編集]

ブロムバーグは多くのアルバムにおいて、他のアーティストやバンドと共演している。その一部のリストを掲載する。[6][8]

  • Mr. Bojangles – Jerry Jeff Walker (1968)
  • Driftin' Way of Life – Jerry Jeff Walker (1969)
  • Sanders' Truck Stop – Ed Sanders (1969)
  • Things I Notice Now – Tom Paxton (1969)
  • Easy Does ItAl Kooper (1970)
  • StonehengeRichie Havens (1970)
  • Tom Paxton 6 – Tom Paxton (1970)
  • Tom Rush – Tom Rush (1970)
  • Woodsmoke and Oranges – Paul Siebel (1970)
  • Wrong End of the Rainbow – Tom Rush (1970)
  • Self PortraitBob Dylan (1970)
  • New Morning – Bob Dylan (1970)
  • Jack-Knife Gypsy – Paul Siebel (1970)
  • Buzzy Linhart Is Music – Buzzy Linhart (1971)
  • Sha Na Na – Sha Na Na (1971)
  • Carly SimonCarly Simon (1971)
  • Blue River – Eric Andersen (1972)
  • Diamonds in the Rough – John Prine (1972)
  • Dobro – Mike Auldridge (1972)
  • Jerry Jeff Walker – Jerry Jeff Walker (1972)
  • Old Dan's Records – Gordon Lightfoot (1972)
  • Subway Night – David Amram (1972)
  • Be What You Want ToLink Wray (1973)
  • All American BoyRick Derringer (1973)
  • Breezy Stories – Danny O'Keefe (1973)
  • Garland Jeffreys – Garland Jeffreys (1973)
  • Shotgun WillieWillie Nelson (1973)
  • Have a Good Time for MeJonathan Edwards (1973)
  • Somebody Else's Troubles – Steve Goodman (1973)
  • That's Enough for MePeter Yarrow (1973)
  • Full MoonKris Kristofferson and Rita Coolidge (1973)
  • Texas Tornado – Doug Sahm (1973)
  • RingoRingo Starr (1973)
  • Blues and Bluegrass – Mike Auldridge (1974)
  • Phoebe SnowPhoebe Snow (1974)
  • Johnny Shines & Co., Vol. 2 – Johnny Shines (1974)
  • One of These NightsThe Eagles (1975)
  • Hillbilly JazzVassar Clements (1975)
  • Tales from the Ozone – Commander Cody and His Lost Planet Airmen (1975)
  • It Looks Like Snow – Phoebe Snow (1976)
  • Took a Long Time – Magna Carta (1977)
  • Goodbye BluesCountry Joe McDonald (1977)
  • Ringo the 4th – Ringo Starr (1977)
  • Live at McCabes – Paul Siebel (1978)
  • Even a Green Day – Tom Paxton (1983)
  • Red to Blue – Leon Redbone (1985)
  • I've Got a Rock in My Sock – Rory Block (1986)
  • Best Blues and Originals – Rory Block (1987)
  • Jim Post & Friends – Jim Post (1987)
  • John Prine Live – John Prine (1988)
  • Murder of Crows – Joe Henry (1989)
  • Mr. Cover Shaker – Johnny Shines (1992)
  • Picture Perfect Morning – Edie Brickell (1993)
  • Catfish for Supper – Jon Sholle (1996)
  • Relax Your Mind – Jay Ungar (2003)
  • My Last Go Round – Rosalie Sorrels (2004)
  • The Bootleg Series Vol. 8 – Tell Tale Signs: Rare and Unreleased 1989–2006 – Bob Dylan (2008)
  • King Wilkie Presents: The Wilkie Family Singers – King Wilkie (2009)
  • Bless My Sole – Angel Band (2010)
  • All My Friends Are HereArif Mardin (2010)
  • First Came Memphis Minnie – various artists (2012)
  • Love for Levon: A Benefit to Save the Barn – various artists (2013)
  • The Bootleg Series Vol. 10 – Another Self Portrait – Bob Dylan (2013)
  • Live at Caffè Lena: Music From America's Legendary Coffeehouse (1967–2013) – various artists (2013)

出典[編集]