デヴィッド・ポメランツ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

移動先: 案内検索
デヴィッド・ポメランツ
David Pomeranz
出生名 David Pomeranz
生誕 1951年2月9日(65歳)
出身地 アメリカ合衆国の旗 アメリカ合衆国 ニューヨーク州ニューヨーク
ジャンル ポップ, アダルト・コンテンポラリー
職業 シンガーソングライター作曲家作詞家,、ミュージカル作家
公式サイト Official website

デヴィッド・ポメランツ(David Pomeranz、1951年2月9日 - )は、アメリカ合衆国歌手作曲家作詞家ミュージカル作家。非営利医療サービス組織「Operation Smile」のアンバサダーである。

ソロとしての経歴[編集]

ロングアイランドに生まれ、育ったポメランツは、幼い頃から音楽に興味を示し、シナゴーグ合唱隊で歌い、ピアノギタードラムスの演奏を習い、14歳のときには曲を書いてレコードに吹き込んでいた。19歳の時、MCA/デッカと契約し、2枚のアルバム『New Blues』と、チック・コリア をフィーチャーした『Time To Fly』を制作し、前座としてロッド・スチュワートビリー・ジョエルスリー・ドッグ・ナイトドアーズなどのツアーに参加した。

1980年代後半、ポメランツは、グラスノスチ以前の「遠い国」であったロシアのロック・スター、アレクサンドル・マリーニンと共演しており、シチュエーション・コメディHead of the Class』で、アメリカ合衆国のテレビ番組として初めて、モスクワゴーリキイ公園においてライブ演奏を行なった。また、ポメランツは、テレビ番組『Perfect Strangers』のテーマ・ソングだった「Nothing's Gonna Stop Me Now」を歌っていた[1]

その後もポメランツは、ソロとしてツアーを続け、ハリウッド・ボウルケネディ・センターミュンヘン・オリンピアシュタディオンクレムリンなどで公演した。ポメランツは、デヴィッド・シャイアとの共作で、国際連合国際連合児童基金、UNICEF)の子どものための世界サミット英語版のテーマ曲「In Our Hands」を制作し、ふたりはテッド・ターナーの提唱によりシアトルで開催されていたグッドウィルゲームズの閉会式で演奏した。1999年、ポメランツは、旧作や新作のラブソングを集めたコンピレーション・アルバムCDBorn For You - His Best And More』を出し、フィリピンでは歴代有数のベストセラーとなった。その後も、アルバム『The Eyes of Christmas』や『On This Day』を制作した。

作曲家[編集]

ポメランツの作品には、バリー・マニロウが吹き込んだ「フィーリング (Tryin' to Get the Feeling Again)」や「ふたりのオールド・ソング (The Old Songs)」のほかにも、テレビの特別番組『John Denver and the Muppets: A Christmas Together』や『A Muppet Family Christmas』、デイヴ・クラーク英語版のミュージカル『Time』、映画『ビッグ』、1988年ソウルオリンピックなどで取り上げられた「It's in Every One of Us」などがある。ポメランツの作品を取り上げた歌手は、ベット・ミドラーフィービ・スノウフレディ・マーキュリーリッチー・サンボラミッシー・エリオットカーペンターズハリー・ベラフォンテアンドレア・マルコヴィッチ英語版ドナ・サマーリリアス・ホワイト英語版ホリーズクリフ・リチャードなどと幅広く、曲作りに関わったアルバムは、プラチナアルバム22枚、ゴルドアルバム18枚を生み出した。

ポメランツは、映画音楽やテレビ番組の音楽も手がけ、1981年にはCBSテレビ映画Homeward Bound』によりエミー賞の音楽賞歌曲部門にノミネートされ[2]、舞台音楽ではロンドンウエスト・エンド・シアター英語版のヒット・ミュージカル『Time』を手がけ、また、チャールズ・チャップリンの生涯に基づいた作品で、1995年コネチカット州ウォーターフォード英語版ユージン・オニール演劇祭で上演され、1996年にはコンサート形式のバージョンがロシアサンクトペテルブルクで上演された『Little Tramp』、さらに、ビル・ケンライト([[:Bill Kenwright:{{{3}}}|bill kenwright版]])が『二都物語』をミュージカルに仕立て、1998年ウィンザーのシアター・ロイヤル (Theatre Royal)、1999年バーミンガムのアレキサンドリア劇場 (Alexandria Theatre) で上演した作品にも参加した。キャシー・リー・ギフォード英語版と共同で制作した『Under The Bridge』は、2005年1月にオフ・ブロードウェイで上演され、福音伝道エイミー・センプル・マクファーソン英語版の生涯を描いた『Saving Aimee』は、2005年10月にホワイト・プレインズ・パフォーミング・アーツ・センターで初演され、2007年4月から5月にかけてバージニア州アーリントン郡シグネチャー・シアター英語版で上演された。2012年、『Saving Aimee』は『Scandalous: The Life and Trials of Aimee Semple McPherson』と改題され、11月15日ニューヨークブロードウェイニール・サイモン・シアター英語版で上演された[3]

ディスコグラフィ[編集]

スタジオ・アルバム[編集]

  • New Blues (1971)
  • Time to Fly (1971)
  • It's in Every One of Us (1975)
  • The Truth of Us (1980)
  • Come Home (1993)
  • The Eyes of Christmas (2000)
  • On This Day (2001)
  • Hold Tight (2007)
  • A Personal Touch (2009)
  • You're the Inspiration (2012)

コンピレーション・アルバム[編集]

  • Best of David Pomeranz (1999)
  • Born for You: His Best and More (1999)

脚注[編集]

  1. ^ YouTube”. YouTube. 2014年7月3日閲覧。
  2. ^ 1981 Emmy Award Winners”. IMDb.com. 2014年7月4日閲覧。
  3. ^ Time 2hrs, 35mins. (1 Intermission). “Scandalous - Broadway Tickets | Broadway”. Broadway.com. 2014年7月3日閲覧。