デヴィッド・マメット

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
David Mamet by David Shankbone.JPG

デヴィッド・マメットDavid Mamet, 1947年11月30日 - )はアメリカ合衆国イリノイ州出身の劇作家脚本家演出家映画監督である。現代アメリカ演劇界を代表する劇作家の1人。

プロフィール[編集]

シカゴにてユダヤ系の家庭に生まれる。バーモント州のゴダード・カレッジで学ぶ。 大学にいたころから劇団を旗揚げして巡業していたという。シカゴにある劇場の芸術監督として働いたこともある。

Atlantic Theater Companyを旗揚げし、オフ・ブロードウェイで力をつけてゆく。1984年には『グレンギャリー・グレン・ロス』でピューリッツアー賞を受賞。

自らの弟子でもあるウィリアム・H・メイシージョー・マンテーニャなどをよく起用する。

1977年に女優のリンゼイ・クローズと結婚し2児をもうけるが1990年に離婚。1991年には女優のレベッカ・ピジョンと結婚し2児がある。

戯曲[編集]

  • カモの変奏曲 The Duck Variations (1972)
  • シカゴの性倒錯 Sexual Perversity in Chicago (1974) 1986年に『きのうの夜は…』という題名で映画化された。
  • アメリカン・バッファロー American Buffalo (1976)
  • エドモンド Edmond (1982)
  • グレンギャリー・グレン・ロス Glengarry Glen Ross (1984) ピューリッツアー賞を受賞。後に映画化された。邦題は『摩天楼を夢見て』。
  • Speed-the-Plow (1988)
  • オレアナ Oleanna (1992)

映画[編集]

脚本作品
脚本・監督作品

脚注[編集]

関連項目[編集]