デヴィッド・マレイ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
デヴィッド・マレイ
David Murray
David Murray IMG 9377.jpg
Cully Jazz festivalのデヴィッド・マレイ(2011年)
基本情報
生誕 (1955-02-19) 1955年2月19日(64歳)
出身地 アメリカ合衆国の旗 アメリカ合衆国 カリフォルニア州オークランド
ジャンル フリー・ジャズアヴァンギャルド・ジャズ、ポスト・バップ
担当楽器 テナー・サックス
バスクラリネット
活動期間 1970年代 -
共同作業者 ワールド・サキソフォン・カルテット

デヴィッド・マレイ[1]David Murray、1955年2月19日 - )は、アメリカ人ジャズミュージシャンテナーサックスバスクラリネットを主に演奏している。1970年代中期からこれまでにかけて、数多くのレコード・レーベルに数多くの録音を残している[2]

経歴[編集]

アメリカ合衆国カリフォルニアオークランドに生まれる。彼は最初に、アルバート・アイラーアーチー・シェップといったフリー・ジャズのミュージシャンから影響を受けた。そしてその後、演奏、作曲の両面において、徐々に多様なスタイルを発展させていった。同年代のほとんどのテナー・サックス奏者達がコルトレーンをお手本にしたが、マレイは彼らから距離を取っていた。コルトレーンの代わりにコールマン・ホーキンスベン・ウェブスターポール・ゴンザルヴェスといった主流派の要素を自分の中に取り入れ、自分の演奏スタイルを作っていった[3]。にもかかわらず、マレイは、コルトレーンへの賛辞として、『オクテット・プレイズ・トレーン』を1999年に録音している。1993年9月22日には、ニュー・ヨーク市マディソン・スクエア・ガーデンで、グレイトフル・デッドと共演している。マレイがグレイトフル・デッドへの敬意の証しとして録音した1996年の『Dark Star: The Music of the Grateful Dead』もまた、批評家に好意的に受け止められた[4]

マレイは、ワールド・サキソフォン・カルテット結成時の、最初のメンバーの一人である。その時の他のメンバーには、オリヴァー・レイクジュリアス・ヘンフィル英語版ハミイェット・ブルイェット英語版らがいた[5]

マレイは、例えば以下のミュージシャン達と録音または共演している。ヘンリー・スレッドギル英語版ジェイムズ・ブラッド・ウルマー英語版オル・ダラタニ・タバル英語版ブッチ・モリス英語版ドウナル・フォックス英語版マッコイ・タイナーエルヴィン・ジョーンズエド・ブラックウェル英語版ジョニー・ディヤンニ英語版スティーヴ・マッコール英語版

彼は、循環呼吸法を用いることで、驚異的な長さにわたるフレーズを演奏することができる[6]

現在はポルトガルシーネスに住んでおり、現地のFMMというミュージック・フェスティヴァル(現地でいうところの世界音楽祭)に毎年出演している。

受賞[編集]

ディスコグラフィ[編集]

David Murray discography(英語)を参照のこと

脚注[編集]

  1. ^ デイヴィッド・マレイ」「デビッド・マレイ」の表記もある。
  2. ^ Staff Writer. “Best of the best, David Murray, presents workshop, concerts in Bozeman”. Bozeman Daily Chronicle, June 29, 2006. 2006年6月29日閲覧。
  3. ^ Robert Palmer (1982年10月27日). “The Pop Life; David Murray Comes Into His Own”. New York Times. http://query.nytimes.com/gst/fullpage.html?res=9C00EFD8123BF934A15753C1A964948260 2006年6月29日閲覧。 
  4. ^ John Metzger. “Dark Star: The Music of the Grateful Dead”. The Music Box Online. 2006年6月29日閲覧。
  5. ^ Chris Kelsey, Allmusic. “World Saxophone Quartet”. Answers.com. 2006年6月29日閲覧。
  6. ^ Staff Writer. “Jazz Profiles - David Murray”. BBC Radio 3 Jazz Profiles. 2006年6月29日閲覧。
  7. ^ Bird Awards winners 1985-2005”. North Sea Jazz. 2006年5月19日時点のオリジナルよりアーカイブ。2006年6月29日閲覧。
  8. ^ Bettie Gabrielli. “JAZZ ARTISTS JON JANG & DAVID MURRAY IN CONCERT FEBRUARY 8 AT OBERLIN COLLEGE”. Oberlin Online. 2006年6月29日閲覧。
  9. ^ Jon Pareles - The New York Times. “David Murray Creole Project”. Europe Jazz Network. 2007年9月27日時点のオリジナルよりアーカイブ。2006年6月29日閲覧。
  10. ^ The Jazzpar Prize”. The Jazzpar Prize Official Website. 2006年6月29日閲覧。
  11. ^ Staff Writer. “David Murray”. Walker Art Center. 2006年6月29日閲覧。