デヴィルズバッグ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
デヴィルズバッグ
欧字表記 Devil's Bag
品種 サラブレッド
性別
毛色 鹿毛
生誕 1981年2月19日[1][2]
死没 2005年2月3日(24歳没)[1][3]
Halo
Ballade
母の父 Herbager
生国 アメリカ合衆国の旗 アメリカ合衆国メリーランド州
生産 E. P. Taylor[2]
馬主 Hickory Tree Stable[2]
調教師 Woodford C. Stephens[2]
競走成績
生涯成績 9戦8勝[2]
獲得賞金 445,860ドル[2]
テンプレートを表示

デヴィルズバッグDevil's Bag1981年 - 2005年)は、アメリカ合衆国サラブレッド競走馬、および種牡馬。2歳時に無敗の5連勝を飾り、1983年エクリプス賞最優秀2歳牡馬を受賞したが、翌年怪我により早期に引退した。種牡馬としても実績を残し、タイキシャトルなどの父となった。

経歴[編集]

出生[編集]

エドワード・プランケット・テイラーの所有するウインドフィールズファームメリーランド支場で、1981年に生まれたサラブレッドの牡馬である[3]。父ヘイロー、母バラッドとの間に生まれた馬で、全姉にグローリアスソング、全弟にセイントバラードなどがいる[3]

デヴィルズバッグは1歳のときにキーンランドのジュライセレクトセールに出品され、325000ドルでジェームズ・P・ミルズの率いるヒッコリーツリーステーブルに購入された[3]。デヴィルズバッグはヒッコリーツリーステーブル名義で登録され、ウッディ・スティーヴンス調教師のもとで競走馬としての訓練を積んだ。

2歳時(1983年)[編集]

スティーヴンス調教師はデヴィルズバッグの才能に感じ入り、2歳時は冬頃からフロリダ州で長らく調教を重ね、初戦として迎えたのは8月20日の未勝利戦(サラトガ競馬場・ダート6ハロン)であった[4][c 1]。9頭立てで行われたこの競走において、デヴィルズバッグは後続を7馬身半も突き放す圧勝で初勝利を挙げた。スティーヴンスはこの勝利後、「あれの走りを見たか? あれはランナーだ。怪物の類いだ」と喜びを語っている[4]。このとき騎乗していたエディ・メイプルは以後もほとんどの競走でデヴィルズバッグの鞍上を務めている。

同年、デヴィルズバッグは負け知らずの5連勝を記録した。その競走内容も濃く、2戦目の一般競走(ベルモントパーク競馬場・ダート6ハロン)では5馬身1/4差の勝利、また3戦目のカウディンステークス(G2・ベルモントパーク・ダート7ハロン)で記録した1分21秒40のタイムは当時のベルモントパークのダート7ハロン(約1408メートル)でのトラックレコード、さらに翌戦シャンペンステークス(G1・ベルモントパーク・ダート8ハロン)では1976年にシアトルスルーが記録していた同競馬場ダート8ハロンのトラックレコードを塗り替えた[4][c 1]

さらに同年最終戦のローレルフューチュリティにおいてもローレルパーク競馬場ダート8.5ハロンで1分42秒20のタイムを叩きだし、スペクタキュラービッドの保持していたトラックレコードを塗り替えた[1][c 2]。全競走で27馬身、平均して5馬身半の差を付けており、その世代において圧倒的な力を持っていることを示し続けた[c 2][c 1]。本来は同年の最終戦として11月12日のレムゼンステークスへ登録されていた[4]が、挫石のため出走を取りやめ、翌年までの休養に入った。

その後12月20日、クレイボーンファーム総帥のセス・ハンコックはデヴィルズバッグに対する、1株100万ドル、合計3600万ドルの種牡馬シンジケートを結成したことを発表した[3]。この金額は2歳馬にかけられたものとしては史上最高額のもので、アメリカの全競走馬においても歴代3位という大規模なものであった。また、ハンコックは同馬を3歳シーズン終了後にクレイボーンファームへと引退させること予定を語り、種付け初年度(1985年)の種付け料を100万ドルにするとも宣言した。

後にエクリプス賞表彰において、デヴィルズバッグは1983年の最優秀2歳牡馬に選出された[1]。この時点でデヴィルズバッグの評価は最大級のものになっており、「セクレタリアト以来最高の2歳馬」「セクレタリアトの再来」などとの評価を得て、アメリカクラシック三冠も確実視されていた[c 2][1][5]

3歳時(1984年)[編集]

1984年はフロリダで行われる3歳戦から始動し、2月20日のハイアリアパーク競馬場で行われたフラミンゴプレップステークス(ダート7ハロン)において7馬身差の圧勝で年初を飾った[6]。翌戦にフロリダ路線における最大の前哨戦である3月3日のフラミンゴステークス(G1・ハイアリアパーク・ダート9ハロン)に出走、32,240人の観衆が詰めかける中で断然の1番人気に推されたが、超ハイペースのなか強引に前に行く競馬が祟ってずるずると後退、勝ち馬タイムフォーアチェンジから7馬身差の4着に沈み、初の敗北を喫してしまった[c 1][7]。鞍上を務めたメイプルは「何が起こったのかわからない」と語り[7]、またスポーツ・イラストレイテッド誌の記者ウィリアム・ナックは3月12日の同誌において「近年の競馬における、1973年のセクレタリアトのそれ以来の衝撃的な事件であった」と評している[8]

初の敗戦後、デヴィルズバッグはその後アケダクト競馬場のゴーサムステークスに登録していたが、馬場状態の悪さを理由にこれを回避[9]、その先4月19日のキーンランド競馬場で行われたフォアランナーパース(ダート7ハロン)に出走してこれを15馬身差で圧勝、依然として力のあるところを見せつけた[5]。さらに、4月28日のチャーチルダウンズ競馬場のダービートライアルステークス(ダート8ハロン)でも2着馬ビロクシインディアンに2馬身1/4差をつけて快勝している[5]

しかし、ケンタッキーダービーを4日後に控えた5月1日にスティーヴンスはダービーの回避を発表[10]し、プリークネスステークスより本戦に加わるとした。ダービーには同厩舎のスウェイルが参戦し、これに勝利している[10]。その後、デヴィルズバッグの右前脚の膝に亀裂が入っていることが発見され、これによってクラシック出走を目前としながら引退が決定した[3]

引退後[編集]

引退後は予定通りクレイボーンファームでの種牡馬となり、生涯で45頭以上のステークス競走勝ち馬を輩出した[1]。コンスタントに良績を残したものの、大きすぎる期待にそぐうほどのものを出すことはなかった[c 2]。アメリカ国内における代表産駒として名の挙がる馬にデヴィルヒズデュー(Devil His Due 1989年生、牡馬)がおり、サバーバンハンデキャップやガルフストリームパークハンデキャップなどハンデキャップ競走路線で活躍、G1競走4勝を挙げた。

国外での活躍馬の代表として、日本で競走馬となったタイキシャトル(1994年生、牡馬)がいる。同馬は日本国内でマイルチャンピオンシップ連覇などの実績を重ね、さらにフランスに遠征してジャック・ル・マロワ賞に優勝、1998年の年度代表馬に選出された。

このほかでは、アイルランドとアメリカの2か国で競走生活を送ったトワイライトアジェンダ(Twilight Agenda 1986年生、牡馬)、サンタモニカハンデキャップなどに勝ったデヴィルズオーキッド(Devil's Orchid 1987年生、牝馬)、ガゼルハンデキャップなどに優勝したバイザスポーツ(Buy the Sport 2000年生、牝馬)などがいる。

後継の種牡馬も多く、その血統は現在も各地に広まっている。前述のデヴィルヒズデューやタイキシャトルのほか、戦績こそG2勝ちどまりながら種牡馬として重賞勝ち馬を輩出したディアブロDiablo 1987年生、牡馬)などもいる。

2005年2月3日の早朝にデヴィルズバッグは馬房内で右後脚を骨折、このため安楽死の処置がとられた[3]。24歳であった。遺骸は牧場内のマーチモント墓地に埋葬された[3][11]

評価[編集]

主な勝鞍[編集]

1983年(2歳) 5戦5勝
カウディンステークス (G2)、シャンペンステークス (G1)、ローレルフューチュリティ (G1)
1984年(3歳) 4戦3勝
フォアランナーパース、ダービートライアルステークス

年度代表馬[編集]

表彰[編集]

血統表[編集]

デヴィルズバッグ血統 (血統表の出典)[§ 1]
父系 ヘイロー系
[§ 2]

Halo
1969 青毛 アメリカ
父の父
Hail to Reason
1958 青鹿毛 アメリカ
Turn-to Royal Charger
Source Sucree
Nothirdchance Blue Swords
Galla Colors
父の母
Cosmah
1953 鹿毛 アメリカ
Cosmic Bomb Pharamond
Banish Fear
Almahmoud Mahmoud
Arbitrator

Ballade
1972 黒鹿毛 アメリカ
Herbager
1956 鹿毛 フランス
Vandale Plassy
Vanille
Flagette Escamillo
Fidgette
母の母
Miss Swapsco
1965 黒鹿毛 アメリカ
Cohoes Mahmoud
Belle of Troy
Soaring Swaps
Skylarking
母系(F-No.) (FN:12-c) [§ 3]
5代内の近親交配 Mahmoud 4x4=12.50%、 Blue Larkspur 5x5x5=9.38%、 Firdaussi 母内5x5=6.25% [§ 4]
出典
  1. ^ [12], [13]
  2. ^ [13]
  3. ^ [12][13]
  4. ^ [12][13]


母バラッドは現役時代に8戦2勝と、競走馬としての実績はなかったが、繁殖牝馬としてデヴィルズバッグなどステークス競走勝ち馬4頭を出した名牝であった。1994年7月22日にブルックデールファームにて老衰のため安楽死処分された。

バラッドの代表産駒といえるものがデヴィルズバッグの全姉弟たちであるが、このほかで特筆できる産駒にエンジェリックソング(Angelic Song 1988年生、牝馬)がいる。同馬は未出走ながらも、繁殖牝馬としてハリウッドターフカップステークス勝ち馬のスライゴベイ(Sligo bay 1998年生、牡馬)や、日本でクイーン賞などに勝ったレディバラード(1997年生、牝馬)などを出している。

脚注[編集]

参考文献[編集]

  • 早野仁『World Stallions 世界の種牡馬事典』競馬通信社、1997年。ISBN 4-7952-5687-X。
  • 加藤栄『世界の種牡馬 全訂第3版』自由国民社、2004年。ISBN 9784426749026。
  1. ^ a b c d 早野 p.47
  2. ^ a b c d 加藤 p.70

注釈[編集]

出典[編集]

  1. ^ a b c d e f g h Avalyn Hunter. “Devil's Bag (horse)”. American Classic Pedigrees. 2019年10月30日閲覧。
  2. ^ a b c d e f Horse Profile for Devil's Bag”. equibase.com. 2019年10月30日閲覧。
  3. ^ a b c d e f g h Glenye Cain (2005年2月4日). “Devil's Bag euthanized due to broken leg”. ESPN.com. 2019年10月30日閲覧。
  4. ^ a b c d William Leggett (1983年10月17日). “He's at the head of his class”. Sports Illustrated. 2019年10月31日閲覧。
  5. ^ a b c William Nack (1984年5月7日). “The Fast, The Fat, The Game, The Gals,”. Sports Illustrated. 2019年10月31日閲覧。
  6. ^ William Nack (1984年3月5日). “He's Got The Horse Right Here”. Sports Illustrated. 2019年10月31日閲覧。
  7. ^ a b Knight Ridder (1984年3月5日). “Time For a Change throws Derby race wide open”. The Montreal Gazette. 2019年10月31日閲覧。
  8. ^ William Nack (1984年3月12日). “It Sure Wasn't In The Bag”. Sports Illustrated. 2019年10月31日閲覧。
  9. ^ Jerry Kirshenbaum (1984年4月16日). “SCORECARD”. Sports Illustrated. 2019年10月31日閲覧。
  10. ^ a b William Nack (1984年5月14日). “All's Swale That Ends Swale”. Sports Illustrated. 2019年10月31日閲覧。
  11. ^ DEVIL'S BAG”. claibornefarm.com. 2019年10月31日閲覧。
  12. ^ a b c 血統情報:5代血統表|Devil's Bag(USA)|JBISサーチ(JBIS-Search)”. JBISサーチ(JBIS-Search). 日本軽種馬協会. 2019年10月30日閲覧。
  13. ^ a b c d Devil's Bagの血統表”. netkeiba.com. 2019年10月30日閲覧。