デール

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ブリヤート人のデール(左が男性用、右が女性用)

デール (дээлᠳᠡᠪᠡᠯdeel) は、モンゴル族の男女が着る民族衣装である。

構造[編集]

旗袍と同形の、立襟で左に打ち合わせがあるナイロンの丈の長い上着である。夏用には薄い布の裏地、冬用には子羊の毛皮の裏地がついている[1]

特に、春夏用の綿入れのデールをテルレグとも呼ぶ。部族、年齢、性別、未既婚などによって、細かい違いがあるために、おおよそ400種類を超すデールがあるとされる。

寝具や家畜の防寒などにも使用されている[2]

着方[編集]

ゴタルと呼ばれる膝丈で先のそりかえったブーツ履くのが一般的である。男性はこれにジャンジュン・マルガイ(頭頂部が玉ねぎのようにとがっている正装用の帽子)を被り、女性は頭頂部に長い飾り紐がついた丸い帽子をかぶる。一般に、男性のデールはゆったりと着付け、無地で渋い色合いが好まれる。特に格が高いとされるのは青色のデールである。女性は、模様のある鮮やかな色調のデールをウエストを強調して着付ける。また、既婚女性は帯を締めないデールの上にウージという袖なしの長い上着を着ることがある。

現在、ウランバートルなど都市部に住む女性は、ウムドゥを略し、ゴタルの代わりにパンプスを履くこともある。

採寸はメジャーなどは使わず、掌を使って丈を決める。掌7つぶんが目安とされる。

脚注[編集]

[ヘルプ]

関連項目[編集]