トイ・ストーリー4

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
トイ・ストーリー4
Toy Story 4
監督 ジョシュ・クーリー
脚本 ステファニー・フォルサム
出演者 トム・ハンクス
ティム・アレン
アニー・ポッツ
音楽 ランディ・ニューマン
製作会社 ピクサー・アニメーション・スタジオ
ウォルト・ディズニー・ピクチャーズ
配給 ウォルト・ディズニー・スタジオ・モーション・ピクチャーズ
公開 アメリカ合衆国の旗 2019年6月21日
日本の旗 2019年7月12日
上映時間 89分
製作国 アメリカ合衆国の旗 アメリカ合衆国
言語 英語
前作 トイ・ストーリー3(トイ・ストーリーシリーズ)
インクレディブル・ファミリー(ピクサー作品全般)
次作 オンワード
テンプレートを表示

トイ・ストーリー4』(原題:Toy Story 4)は、ピクサー・アニメーション・スタジオ製作によるアメリカ合衆国コンピュータアニメーションロマンティック・コメディアドベンチャー映画。アメリカ合衆国で2019年6月21日、日本で同年7月12日公開予定。監督はジョシュ・クーリー[1]。キャッチコピーは「あなたはまだ─本当の「トイ・ストーリー」を知らない。[2]

概要[編集]

1995年公開の『トイ・ストーリー』、1999年公開の『トイ・ストーリー2』、2010年公開の『トイ・ストーリー3』に続くトイ・ストーリーシリーズ第4作目であり[3][注 1]ピクサーの長編映画としては『インクレディブル・ファミリー』に次ぎ『トイ・ストーリー』から数えて第21作目となる。

また、シリーズ初となるドルビーアトモスに対応した作品である。

ウッディバズ・ライトイヤーなどお馴染みのキャラクターが再登場している他、前作では別の持ち主の元へ渡ったため登場しなかったボー・ピープが20年ぶりに再登場している。

あらすじ[編集]

前作で、アンディ・デイビスの元からボニー・アンダーソンの元へと渡ったウッディバズ・ライトイヤーらおもちゃ達。ある時、ボニーは先割れスプーンやモールなどを使用して手作りのおもちゃフォーキーを工作する。しかしフォーキーは、自分はおもちゃではなく「ゴミ」だと思い込んでおり、ボニーの元から逃げ出してしまう。それにより、彼を連れ戻そうとウッディもフォーキーの跡を追うこととなる。ボニーの元へと戻る道すがら、アンティークショップでウッディは長年離れ離れでいた人形ボー・ピープと再会するのであった。

登場キャラクター[編集]

おもちゃ[編集]

過去3作品と同様に、「人間が見ている前では動いてはいけない」というルールのもと動き回っている。

主人公[編集]

ウッディ(Woody)
本作の主人公。昔ながらのカウボーイ人形。おもちゃ達のリーダー的な存在。白黒テレビ時代の人形劇『ウッディのラウンドアップ』の主人公であり、商品価値の高いプレミア人形である。背中に付いた紐を引くと、内蔵されたレコードからランダムで様々なセリフを喋る機能が付いている。一人称は「俺」。前作で、元の持ち主であり長年の親友でもあったアンディから幼稚園児のボニーの元へ仲間達と共に譲られ、再びおもちゃとして大切に遊ばれている。
バズ・ライトイヤー(Buzz Lightyear)
本作の準主人公。スペース・レンジャーのアクション人形。ウッディの親友である。アクションボタンを押すとセリフを喋る、体に様々な仕掛けがあるなど、ウッディとはかけ離れた最先端のおもちゃ。一人称は「私」。
ボー・ピープ(Bo Peep)
本作のヒロイン。元はアンディの部屋の電気スタンドに付属していた陶器製の飾り人形。ウッディとは恋人のような関係であったが、アンディが手放したためデイビス家を去ることとなった。その後、厳しい環境を独りで生き抜いて身も心も生まれ変わった彼女は、ドレスを脱ぎ捨てそれまでの穏やかな性格から一転して別人のような姿を見せている[4]。現在は持ち主がいない。

ボニーのおもちゃ[編集]

前作で元の持ち主であるアンディが大学へ進学し家を出たため、大抵のおもちゃはボニーに譲られた。

フォーキー(Forky)
ボニーが保育園の工作で、プラスチックの先割れスプーンにモールの手を付けて作った手作りおもちゃ[注 2]。手作り故に、自分は「ゴミ」であり「おもちゃではない」と主張し、ボニーの元から逃げ出してしまう。
ジェシー(Jessie)
カウガール人形。『ウッディのラウンドアップ』のヒロインで、ウッディの妹分。ウッディと同様に背中に付いた紐を引くとランダムで様々なセリフを喋る。ヨーデルが得意。バズとは相思相愛の仲である。
ブルズアイ(Bullseye)
の人形。ウッディ、ジェシーの愛馬である。
ミスター・ポテトヘッド(Mr. Potato Head)
ジャガイモ頭の人形。顔のパーツの取り外しが可能。
ミセス・ポテトヘッド(Mrs. Potato Head)
ミスター・ポテトヘッドの妻。彼と同様に顔のパーツの取り外しが可能。
レックス(Rex)
ティラノサウルスの人形。見た目とは裏腹に臆病である。
ハム(Hamm)
の貯金箱。皮肉屋。
スリンキー・ドッグ(Slinky Dog)
体がバネでできたの人形。ウッディとは長い付き合い。
エイリアン達(Aliens)
レストラン「ピザ・プラネット」に設置されているUFOキャッチャーの景品である、エイリアンの人形達。ポテトヘッド夫婦の養子として扱われている。
ドーリー(Dolly)
紫の髪をした少女のぬいぐるみ。
ミスター・ブリックルパンツ(Mr. Pricklepants)
ハリネズミのぬいぐるみ。
トリクシー(Trixie)
トリケラトプスの人形。同じ恐竜のおもちゃであるレックスとは仲がいい。
バターカップ(Buttercup)
ユニコーンのぬいぐるみ。
お豆3兄妹(Peas-in-a-Pod)
枝豆の3兄妹[注 3]のぬいぐるみ。
チャックルズ(Chuckles the Clown)
ピエロの人形。かつてロッツォの仲間であった。過去の出来事が原因で、常に不機嫌そうな表情をしている。
トトロ(Totoro)
日本のアニメーション映画『となりのトトロ』に登場する巨大生物のぬいぐるみ。

移動遊園地のおもちゃ[編集]

ウッディ達が辿り着いた移動遊園地のおもちゃ達。

ダッキー(Ducky)
アヒルのぬいぐるみ。移動遊園地の射的の景品であり、誰かに持ち帰ってもらうことを夢見ている[5][6]。予告編ではバニーと漫才のツッコミをしている。『トイ・ストーリー』の大ファンであり、ウッディの真似が得意。
バニー(Bunny)
ウサギのぬいぐるみ。ダッキーと同様に、移動遊園地の射的の景品。予告編ではダッキーと漫才のボケをしている。ダッキー同様、『トイ・ストーリー』の大ファンであり、バズの真似が得意。

サニーサイド保育園のおもちゃ[編集]

ボニーが通うサニーサイド保育園のおもちゃ達。

バービー(Barbie)
着せ替え人形。
ケン(Ken)
着せ替え人形。バービーの恋人。

その他のおもちゃ[編集]

デューク・カブーン(Duke Caboom)
カナダスタントマンのおもちゃ。おもちゃのバイクに乗っている。過去に持ち主の子供に飽きられてしまったことがトラウマとなり、自分に自信が持てない性格となった。
ギグル・マクディンプルズ(Giggle McDimples)
1980年代に玩具シリーズとして発売された、ミニチュアのプラスチック製人形。ボーの親友で、常に彼女の肩に乗っている。
ギャビー・ギャビー(Gabby Gabby)
アンティーク人形。ウッディと同様に、背中の紐を引っ張って喋るおもちゃ。
ベンソン(Benson)
アンティークの腹話術人形。ギャビー・ギャビーの右腕。
RC(RC)
ラジコンカー

人間[編集]

ボニー・アンダーソン(Bonnie Anderson)
4歳の少女。ウッディらおもちゃ達の持ち主。日本で公開された「天使のはね」のCMでは小学生となり、学校に登校する姿をウッディ達が見守っていた[7]
アンダーソン夫人(Mrs. Anderson)
ボニーの母親。
アンディ・デイビス(Andy Davis)
ウッディ達がボニーの元へ渡る前の元の持ち主。本作では回想シーンで登場している。

声の出演[編集]

キャラクター 原語版 日本語吹き替え版
ウッディ トム・ハンクス 唐沢寿明[8]
バズ・ライトイヤー ティム・アレン 所ジョージ[8]
ボー・ピープ アニー・ポッツ 戸田恵子[9]
フォーキー トニー・ヘイル 竜星涼[10]
ジェシー ジョーン・キューザック 日下由美[8]
ミスター・ポテトヘッド ドン・リックルズ[11] 辻萬長[8]
ミセス・ポテトヘッド エステル・ハリス 松金よね子[8]
レックス ウォーレス・ショーン 三ツ矢雄二[8]
ハム ジョン・ラッツェンバーガー 咲野俊介[8]
スリンキー・ドッグ ブレイク・クラーク 辻親八[8]
エイリアン ジェフ・ピジョン
ドーリー ボニー・ハント 田中敦子
ミスター・プリックルパンツ ティモシー・ダルトン 落合弘治
トリクシー クリステン・シャール 許綾香
バターカップ ジェフ・ガーリン ふくまつ進紗
ダッキー キーガン=マイケル・キー
バニー ジョーダン・ピール
バービー ジョディ・ベンソン
ケン マイケル・キートン
デューク・カブーン キアヌ・リーブス 森川智之[12]
ギグル・マクディンプルズ アライ・マキ 竹内順子[12]
ギャビー・ギャビー クリスティーナ・ヘンドリックス
ボニー・アンダーソン マデリーン・マックグロウ[13]
アンダーソン夫人 ロリ・アラン 堀越真己
デイビス夫人 ローリー・メトカーフ 小宮和枝

製作[編集]

企画[編集]

完結作と銘打った前作『トイ・ストーリー3』の続編を製作することについて、シリーズの生みの親であるジョン・ラセターは「ウッディバズ・ライトイヤーの物語はアンディと共に完璧なエンディングに仕上がったため、続編を製作する意思は全くなかった」と言うが、アンドリュー・スタントンピート・ドクターリー・アンクリッチらシリーズ全作品に深く関わってきたストーリー・テラーたちが「新しいアイディアを持ち込んだことから、考えずにはいられなくなりました」と語っている[14]。また、監督を務めたジョシュ・クーリーは、本作が生まれたきっかけを「終わりはいつだって新しい始まりなんだ。前作でアンディと別れたウッディがこれからどうなるんだろうかと考えた」と語っている[15]

ストーリー[編集]

2014年の公式発表以来、ラセターが監督、『セレステ∞ジェシー』のラシダ・ジョーンズとウィル・マコーマックが脚本のもと、「ウッディとバズによるボー・ピープを見つけるための冒険」をメインストーリーとして製作が進んでいたが、その後3人ともプロジェクトを去った。理由は複数あるが、最大の要因はラセターの職場での不適切な行為による解雇である。その後、『インサイド・ヘッド』に参加したジョシュ・クーリーが監督に就任し、ストーリーラインは「ロードトリップアドベンチャー」となり、ラセターらが手がけたオリジナル脚本の約4分の3を変更した[16]

ウッディの声を演じるトム・ハンクスは「今作のエンディングは歴史的瞬間でインパクト大、エモーショナルだ。最後はスタッフの方に顔を向けられなかった」とコメントしている[17]。また、バズの声を演じるティム・アレンは「とてつもなく感動的で、とてもおかしくて、アイデアがとてつもなく素晴らしい。『トイ・ストーリー3』が最高だと思っていたけれど、今回は最後のシーンをこなすことができなかったくらいだ」とコメントしている[18]

キャスティング[編集]

ウッディ役にトム・ハンクス、バズ役にティム・アレンなど、過去作のキャストが大抵続投した。しかし、ボニー・アンダーソンの声優は前作のエミリー・ハーンからマデリーン・マックグロウに変更されている[19]。また、ミスター・ポテトヘッド役のドン・リックルズが2017年に亡くなっているため、本作では、過去3作品やテーマパーク、アイスショー、ゲームなどのために収録されていたリックルズの未使用の音声が使用されている[20]

日本語吹き替え版においても、唐沢寿明所ジョージら過去作のキャストは大半が続投、戸田恵子も19年ぶりにキャストに復帰した。しかし、2014年にスリンキー役の永井一郎が、2015年にハム役の大塚周夫がそれぞれ亡くなったため、後任としてスリンキー役に辻親八が、ハム役に咲野俊介がそれぞれ起用された[注 4]。また、過去作の予告編やゲーム『キングダム ハーツIII』でウッディ役を担当した辻谷耕史が2018年に亡くなったため、予告編でも唐沢がウッディ役を担当した。

公開[編集]

公開日[編集]

当初の公開日は2017年6月16日と発表されていたが、2015年にディズニーピクサーによって1年後の2018年6月15日へ公開を後ろ倒しすることが発表された[21]。2016年には、さらに1年後の2019年6月21日へ後ろ倒しすることが発表された[22]。これにより、当初の公開予定日から2年遅れての公開となった。

マーケティング[編集]

最初のティザー予告編は、2018年11月12日にピクサーの公式YouTubeチャンネルで公開された動画で[23][24]、この動画では新キャラクターであるフォーキーが初めて披露目された[25]。その翌日には、新キャラクターのダッキーとバニーが前日に公開されたティザー予告編へのリアクションを語る映像が公開された[26][27]。さらに、翌年2月3日には3つ目の予告編が[28]、3月19日には4つ目の予告編が[29]、5月21日には最終予告編が[30]それぞれ公開された。

日本では、2018年11月13日にウォルト・ディズニー・ジャパンより特報映像が公開されたと同時に、日本での公開日も発表された[31][32]。翌年4月19日には、特別映像と共に日本版の本ポスターも解禁された[33]。また、同年5月2日〜5月4日の3日間に渡り開催された「博多どんたく」とのタイアップが実施され、イベントでは本作の装飾がされた車両が運行した[34][35]。さらに、本作の公開に合わせて東京ディズニーランド及び東京ディズニーシーでは、6月14日〜9月1日のおよそ3ヶ月間に渡って「ファンタイム・ウィズ・トイ・ストーリー4」が開催された。イベントでは、フォトロケーションが登場した他、グッズやフードメニューも販売された。また東京ディズニーランドでは、体験プログラム「逃げ出したフォーキーをさがせ!」も実施された[36][37]

トリビア[編集]

脚注[編集]

注釈[編集]

  1. ^ 短編やテレビスペシャルを含めると第9作目となる。
  2. ^ 手作りのおもちゃはシリーズ史上初である。
  3. ^ 兄と妹2人。
  4. ^ 咲野は本作に先行して、ゲーム『キングダム ハーツIII』でハムを演じた。なお、ハムがカメオ出演している『カーズ』では、大塚ではなく立木文彦が担当している。

出典[編集]

  1. ^ 「トイ・ストーリー4」ティザー予告編公開、監督は「インサイド・ヘッド」参加のジョシュ・クーリー」『』。2018年11月13日閲覧。
  2. ^ 『トイ・ストーリー4』新映像&日本版ポスター、ウッディの心が揺れ動く” (日本語). CINRA.NET. 2019年4月18日閲覧。
  3. ^ 【新作】『トイ・ストーリー4』あらすじなど最新情報【ストーリーはまさかのラブコメ!?】 | ciatr[シアター]” (日本語). ciatr.jp. 2018年11月13日閲覧。
  4. ^ Foutch, Haleigh (2019年1月28日). “'Toy Story 4’ Poster and Synopsis Reveal a Whole New Bo Peep” (英語). Collider. 2019年3月30日閲覧。
  5. ^ 『トイ・ストーリー4』新キャラクター“ダッキー&バニー”解禁!まるでお笑いコンビ!? こんな仲間(おもちゃ)見たことない!!?|映画|ディズニー公式”. ディズニー公式. 2019年3月22日閲覧。
  6. ^ 「トイ・ストーリー4」またも新キャラ登場! モフモフの新映像お披露目 : 映画ニュース” (日本語). 映画.com. 2019年3月22日閲覧。
  7. ^ 『トイ・ストーリー』のキャラクターたちがランドセルのCMに登場!? 全編ディズニー/ピクサーが製作したCM映像を公開!” (日本語). ファミ通.com. 2019年4月12日閲覧。
  8. ^ a b c d e f g h 唐沢寿明&所ジョージ『トイ・ストーリー4』声優続投 唐沢、ウッディに「顔も似てきてるって…」”. ORICON NEWS (2018年12月20日). 2018年12月20日閲覧。
  9. ^ 『トイ・ストーリー4』戸田恵子が19年ぶり登場の初代ヒロインの声を続投”. シネマトゥデイ (2019年1月30日). 2019年1月30日閲覧。
  10. ^ 「トイ・ストーリー4」竜星涼がフォーキー役で吹替版に参戦、「全作見直しました」(コメントあり)”. 映画ナタリー (2019年5月15日). 2019年5月15日閲覧。
  11. ^ 'Toy Story 4' Director Confirms Don Rickles Is Voicing Mr. Potato Head” (英語). Movies. 2019年3月28日閲覧。
  12. ^ a b 森川智之&竹内順子が新たなおもちゃ! 『トイ・ストーリー4』日本版本予告”. cinemacafe. 2019年5月22日閲覧。
  13. ^ ディズニー/ピクサー『トイ・ストーリー4』少女ボニー役に『アントマン&ワスプ』子役を起用 ─ 声優交代、前作に続いての登場” (日本語). THE RIVER (2019年3月25日). 2019年3月25日閲覧。
  14. ^ 完結編の続編『トイ・ストーリー4』製作決定 2017年公開”. ORICON NEWS. 2019年3月30日閲覧。
  15. ^ ウッディとバズの背中に、何を感じる… 「トイ・ストーリー4」最新予告&ポスター披露 : 映画ニュース” (日本語). 映画.com. 2019年4月19日閲覧。
  16. ^ Toy Story 4 Teaser Trailer, Synopsis & Poster Introduce 'Forky'” (英語). ScreenRant (2018年11月12日). 2019年3月30日閲覧。
  17. ^ Barden, David (2018年11月4日). “Tom Hanks Teases That 'Toy Story 4' Ending Will Be A 'Moment In History'” (英語). HuffPost. 2019年3月30日閲覧。
  18. ^ 「トイ・ストーリー4」は感動作!ティム・アレンが告白 : 映画ニュース” (日本語). 映画.com. 2019年3月29日閲覧。
  19. ^ N'Duka, Amanda (2019年3月22日). “‘Toy Story 4’: ‘Ant-Man and the Wasp’ Actress Madeleine McGraw Voices Key Character In Disney/Pixar Sequel” (英語). Deadline. 2019年3月30日閲覧。
  20. ^ ディズニー/ピクサー映画『トイ・ストーリー4』ミスター・ポテトヘッド役、故ドン・リックルズが続投 ─ 過去の音声で登場へ” (日本語). THE RIVER (2019年3月30日). 2019年3月30日閲覧。
  21. ^ 『トイ・ストーリー4』全米公開を1年延期!2018年6月に”. シネマトゥデイ (2015年10月9日). 2015年10月9日閲覧。
  22. ^ McClintock, Pamela (2016年10月26日). “'The Incredibles 2' Moves Up to Summer 2018; 'Toy Story 4' Pushed to 2019”. The Hollywood Reporter. 2016年10月26日閲覧。
  23. ^ “Toy Story 4 reveals new character Forky” (英語). BBC News. (2018年11月12日). https://www.bbc.com/news/entertainment-arts-46185140 2018年11月13日閲覧。 
  24. ^ “『トイ・ストーリー4』のティザー予告が公開! - シネマトゥデイ” (日本語). シネマトゥデイ. https://www.cinematoday.jp/news/N0104884 2018年11月12日閲覧。 
  25. ^ 『トイ・ストーリー4』ティーザー予告が米公開 ─ 新キャラクターのフォーキーとは | THE RIVER」『』、2018年11月12日。2018年11月13日閲覧。
  26. ^ “『トイ・ストーリー4』特報と異なる新キャラクター映像を早くも公開 - シネマトゥデイ” (日本語). シネマトゥデイ. https://www.cinematoday.jp/news/N0104845 2018年11月15日閲覧。 
  27. ^ “『トイ・ストーリー4』2本目のトレーラーでさらなる新キャラクター、DuckyとBunnyが判明” (日本語). IGN Japan. (2018年11月13日). https://jp.ign.com/toy-story-4/30785/news/42duckybunny 2018年11月15日閲覧。 
  28. ^ PETA: Toy Story 4’s Bo Peep Is ‘Problematic’” (英語). National Review (2019年2月7日). 2019年3月22日閲覧。
  29. ^ 'Toy Story 4' trailer reunites Woody with Bo Peep, introduces Forky”. web.archive.org (2019年3月20日). 2019年3月22日閲覧。
  30. ^ Romano, Aja (2019年5月21日). “Toy Story 4’s new trailer: Keanu Reeves’s daredevil Duke Caboom makes his flashy entrance”. Vox. 2019年5月22日閲覧。
  31. ^ “『トイ・ストーリー4』来年7.12日本公開決定! - シネマトゥデイ” (日本語). シネマトゥデイ. https://www.cinematoday.jp/news/N0104889 2018年12月2日閲覧。 
  32. ^ 『トイ・ストーリー4』初映像に新キャラ登場!日本公開は2019年7月12日に | cinemacafe.net」『』。2018年12月2日閲覧。
  33. ^ Inc, Natasha. “「トイ・ストーリー4」バズがウッディに語りかける特別映像公開、本ポスターも” (日本語). 映画ナタリー. 2019年4月19日閲覧。
  34. ^ ディズニー・スタジオのツイート(1111537236615417857) (2019年3月29日). 2019年3月29日閲覧。
  35. ^ にしてつ花自動車” (日本語). 西鉄くらしネット. 2019年3月29日閲覧。
  36. ^ 東京ディズニーランド&シーでディズニー/ピクサー映画『トイ・ストーリー4』の限定イベント”. www.fashion-press.net. 2019年4月11日閲覧。
  37. ^ 株式会社インプレス (2019年4月11日). “東京ディズニーリゾート、「トイ・ストーリー4」の新プログラムを開催” (日本語). トラベル Watch. 2019年4月11日閲覧。
  38. ^ Pixar hid a sneaky Up Easter egg in the latest Toy Story 4 poster” (英語). Metro (2019年3月21日). 2019年4月15日閲覧。
  39. ^ Toy Story 4: Boo, de Monsters, Inc aparece en una escena del tráiler”. www.milenio.com. 2019年4月15日閲覧。
  40. ^ Toy Story 4's Trailer Makes Original Pixar Short Canon” (英語). ScreenRant (2019年3月21日). 2019年5月22日閲覧。
  41. ^ 'Toy Story 4' Teaser Includes Multiple Pixar Movie Easter Eggs” (英語). Movies. 2019年4月15日閲覧。
  42. ^ Keanu Reeves' Toy Story 4 Character Was Actually Revealed In Incredibles 2”. CINEMABLEND (2019年2月27日). 2019年4月15日閲覧。