トゥインクル トゥインクル

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
検索に移動
トゥインクル トゥインクル
Winkシングル
初出アルバム『overture!
B面 Tasty
リリース
規格 8cmCD
ジャンル J-POP
レーベル ポリスター
作詞・作曲 作詞:秋元康
作曲・編曲:ジェイムス下地
プロデュース 水橋春夫
チャート最高順位
Wink シングル 年表
いつまでも好きでいたくて
(1994年)
トゥインクル トゥインクル
(1994年)
シェリー モン シェリ
(1994年)
テンプレートを表示

トゥインクル トゥインクル」は、Winkの21枚目のシングル1994年5月25日ポリスターより発売された。

解説[編集]

表題曲は、前作「いつまでも好きでいたくて」に続き、秋元康が作詞を担当したWinkの楽曲。作曲・編曲はジェイムス下地が担当している。

1994年4月初旬より放送開始の大井競馬場「トゥインクルレース」(1994年度)CMソングとして使用された[3]

カップリング曲は「Tasty」。作詞を芹沢類、作曲・編曲を斉藤英夫が担当している。

同曲はダンキンドーナツのCMソングに起用された[4]

1994年5月25日に発売。オリコンチャートの週間ランキングでは、6月6日付の初登場28位を最高位とし、以後、100位以内には、7月25日付の68位まで、8週連続ランクインした[5]。同チャートの年間ランキングでは、1994年度において売上7.393万枚により267位となっている[2]

収録曲[編集]

  1. トゥインクル トゥインクル
  2. Tasty
  3. トゥインクル トゥインクル 〜オリジナルカラオケ〜
  4. Tasty 〜オリジナルカラオケ〜

収録アルバム[編集]

テレビ番組における歌唱[編集]

※ 在京キー局のテレビ番組の放送日は首都圏のもの。地方の系列局の放送日は異なる場合がある。

  • トゥインクル トゥインクル
放送日 (曜日) 番組名 放送局 備考
1994.05.15 (日)[6] アイドルオンステージ[6] NHK BS2
1994.06.04 (土) 深夜[注 1] COUNT DOWN TV[注 1] TBS
1994.06.05 (日)[7] アイドルオンステージ[7] NHK BS2 Winkは同番組で「無実のオブジェ」と「いつまでも好きでいたくて」も歌唱。
1994.06.19 (日)[注 2][注 3] 歌謡びんびんハウス[注 2][注 3] テレビ朝日 Winkは同番組の次回7月3日(日)放送分にも出演[注 4]
1994.06.24 (金) 深夜[注 5] タモリ倶楽部[注 5] テレビ朝日 同番組では、司会者タモリ出川哲郎が、Winkの振付師・三浦亨より本曲の振付のレッスンを受けた後、同曲を歌唱するWinkとともにこれを踊る[注 5]。同デュオは既製品の衣服を着用して出演。
1994.08.07 (日)[8] アイドルオンステージ[8] NHK BS2 Winkは同番組において、本曲、「ピアスの真相」、「結婚しようね」のメドレーを歌唱。
1994.08.10 (土)[注 6] '94フェスタしずおか[注 6] 静岡放送 Winkはコンサート用の衣装を着用して出演し、「Sexy Music」、「摩天楼ミュージアム」、「咲き誇れ愛しさよ」も歌唱[注 6]
1994.08.28 (日)[注 7] スーパーJOCKEY[注 7] 日本テレビ
1994.10.09 (日)[9] アイドルオンステージ[9] NHK BS2 Winkはコンサート用の衣装を着用し、アルバム『overture!』に収録される本曲の60'sバージョンを歌唱。
1996.03.16 (土)[注 8] THE夜もヒッパレ[注 8] 日本テレビ 活動停止前のWink最後のテレビ出演[10]
Winkは同番組において、「いい日旅立ち」(山口百恵の楽曲)、「淋しい熱帯魚」、「涙をみせないで」、「愛が止まらない」、本曲、「Sexy Music」のメドレーを歌い、華原朋美の楽曲「I'm proud」も歌唱[注 8]

カバー[編集]

  • トゥインクル トゥインクル
    • デルフィン・ツァイ中国語版(蔡幸娟。台湾の女性歌手) – 北京語カバー。タイトルは「天天在變」。デルフィン・ツァイのアルバム『緣份』(台湾・福茂唱片中国語版、1994年9月22日)に収録。北京語詞:黄淑英、編曲:塗恵元。
    • 璃杏 - オムニバスカバーアルバム 『J-POP Fun Mix Vol.1』(ドライブ・ミュージック・エンタテインメント、2008年4月)および『J-POP エアロ伝説 ミラーボール edition』(同前、2009年6月)、『J-POPディスコ伝説』(同前、2011年12月7日)に収録。

Twinkle Twinkle 2017[編集]

Twinkle Twinkle 2017
相田翔子 feat. オリエンタルラジオシングル
リリース
規格 デジタル・ダウンロード
ジャンル J-POPEDM
時間
レーベル よしもとアール・アンド・シー
作詞・作曲 作詞:秋元康
ラップ作詞:深田充宏
作曲:ジェイムス下地
編曲:JUVENILE
プロデュース 佐藤能久
テンプレートを表示

Twinkle Twinkle 2017」(トゥインクル トゥインクル にせんじゅうなな)は、相田翔子 feat. オリエンタルラジオによる「トゥインクル トゥインクル」のリバイバル版である。配信限定シングルとして2017年6月28日よしもとアール・アンド・シーより発売された。

解説[編集]

TOKYO CITY KEIBA「トゥインクルレース2017」のCMソングとして制作され、2017年4月6日YouTubeで公開された、ローラとオリエンタルラジオが出演するTOKYO CITY KEIBAのWEB限定動画にて初公開される[11]

原曲よりもテンポが速くなっており、オリエンタルラジオによるラップも追加されている。RADIO FISHの「PERFECT HUMAN」を作編曲したことで知られるOOPARTZのJUVENILEが編曲を手掛け、ラップ作詞はYOMIKOの深田充宏が担当した[11]

相田翔子 feat. オリエンタルラジオ名義でのリリースとなっているが、サビ前の部分でわずかながらローラも参加している。

6月28日のリリースに先駆け、6月21日からiTunes及びレコチョクで先行配信が行われた[12]

同年6月26日から翌2018年3月31日の期間、TOKYO CITY KEIBAの最寄駅である大井競馬場前駅の発車メロディとして採用された[13]

脚注[編集]

[脚注の使い方]

注釈[編集]

  1. ^ a b 「音楽」(『ザテレビジョン』1994年第23号)p.53(各地方版共通)に番組放送・出演・曲目予定記載あり。
  2. ^ a b 読売新聞』1994年6月19日朝刊第32面(『読売新聞縮刷版』1994年6月号p.900)のテレビ番組表に「ウィンクVS堀内VS小林大爆笑」として番組放送予定記載あり。
  3. ^ a b 「音楽」(『ザテレビジョン』1994年第25号)p.59(各地方版共通)に番組放送・出演・曲目予定記載あり。
  4. ^ 『読売新聞』1994年7月3日朝刊第32面(『読売新聞縮刷版』1994年7月号p.140)のテレビ番組表に番組放送予定と「ウィンク」の記載あり。
  5. ^ a b c 『読売新聞』1994年6月24日朝刊第36面(『読売新聞縮刷版』1994年6月号p.1148)および夕刊第20面(同前p.1168)のテレビ番組表に「ウィンクと共演アイドルの振付とは」として番組放送予定記載あり。
  6. ^ a b c 静岡新聞』1994年8月10日朝刊第12面のテレビ番組表に番組放送予定記載があり、同面の番組紹介欄に「曲は」「「摩天楼ミュージアム」「咲き誇れ愛しさよ」(ウィンク)ほか」とある。
  7. ^ a b NHKウイークリーステラ』1994年9月2日号の番組表p.38に番組放送予定と「ウィンク」の記載あり。
  8. ^ a b c 『読売新聞』1996年3月16日朝刊第36面(『読売新聞縮刷版』1996年3月号p.882)および夕刊第12面(同前p.894)のテレビ番組表に「これが最後‥‥ウィンク涙のヒットメドレー」として放送・出演予定記載あり。

出典[編集]

  1. ^ 『オリコン・チャート・データ'94』 1995, p.148。
  2. ^ a b 『オリコン・チャート・データ'94』 1995, p.5。
  3. ^ 「NEWすたーれぽーと」(『ザテレビジョン』1994年第21号)p.40(各地方版共通)。
  4. ^ Winkファンクラブ会報『Winkers Party』第28号(1994年5月)pp.10-11。
  5. ^ 『オリコン・チャート・データ'94』 1995, pp.148-157。
  6. ^ a b 「NHKクロニクル - 番組詳細検索結果」(『NHK ONLINE』)2019年11月14日時点のアーカイブ
  7. ^ a b 「NHKクロニクル - 番組詳細検索結果」(『NHK ONLINE』)2019年11月1日時点のアーカイブ
  8. ^ a b 「NHKクロニクル - 番組詳細検索結果」(『NHK ONLINE』)2019年11月1日時点のアーカイブ
  9. ^ a b 「NHKクロニクル - 番組詳細検索結果」(『NHK ONLINE』)2019年11月14日時点のアーカイブ
  10. ^ 鈴木早智子『負けじ魂』(光文社、2011年11月10日)p.159。
  11. ^ a b 「ローラ、オリエンタルラジオと光り輝く豪華ユニット結成!「Twinkle Twinkle 2017」公開!」(『ACTRESS PRESS』2017年4月6日)2017年4月27日時点のアーカイブ
  12. ^ 「「東京シティ競馬2017」新TVCM第二弾が21日から放送開始!」(『netkeiba.com』2017年6月20日)2018年3月1日時点のアーカイブ
  13. ^ 「駅発車メロディを初導入!「大井競馬場前駅」の発車メロディが東京シティ競馬テーマソング「Twinkle Twinkle 2017」に変わります!」(『PR TIMES』2017年6月19日)2018年3月17日時点のアーカイブ

参考文献[編集]

  • 『オリコン年鑑1995別冊 オリコン・チャート・データ'94』オリコン、1995年4月25日。

関連項目[編集]