トゥグリル2世

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
トゥグリル2世
イラク・セルジューク朝第3代スルタン
在位 1132年 - 1134年
死去 1134年
子女 アルスラーン・シャー
ムハンマド
王朝 イラク・セルジューク朝
父親 ムハンマド・タパル
テンプレートを表示

トゥグリル2世(? - 1134年)は、セルジューク朝の君主(スルターン、在位:1132年 - 1134年)[1]ムハンマド・タパルの子。ムハンマド・タパルを祖とするイラク・セルジューク朝の君主としては、トゥグリル1世[2]

生涯[編集]

1131年マフムード2世が没した後、1132年にイラク・セルジューク朝に対して宗主権を主張するアフマド・サンジャルは、保護下に置いていたトゥグリル2世をスルターンに擁立した[2]。トゥグリル2世の兄弟マスウードは彼の即位を認めなかったが、サンジャルに敗退する。

1134年にトゥグリル2世は没し、サンジャルはやむなくマスウードの即位を認めた[3]

脚注[編集]

  1. ^ 『新イスラム事典』(平凡社, 2002年3月)、581頁
  2. ^ a b 井谷「トルコ民族の活動と西アジアのモンゴル支配時代」『西アジア史 2 イラン・トルコ』、111頁
  3. ^ 井谷「トルコ民族の活動と西アジアのモンゴル支配時代」『西アジア史 2 イラン・トルコ』、111,116頁

参考文献[編集]

  • 井谷鋼造「トルコ民族の活動と西アジアのモンゴル支配時代」『西アジア史 2 イラン・トルコ』収録(永田雄三編, 新版世界各国史, 山川出版社, 2002年8月)
先代:
ダーウード
イラク・セルジューク朝
1132年 - 1134年
次代:
マスウード