トゥグル川

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
トゥグル川
延長 175 km
平均流量 -- m³/s
流域面積 -- km²
水源 アッスィニ川とコニン川の合流点
水源の標高 -- m
河口・合流先 オホーツク海トゥグル湾
流域 ロシアの旗 ロシアハバロフスク地方
テンプレートを表示

トゥグル川(Тугур)は、ロシア連邦ハバロフスク地方を流れるで、オホーツク海トゥグル湾へ注ぐ。清朝時代は「図呼勒河」と呼ばれていたが、現代中国語では「図古爾河(图古尔河)」と表記する[1]

川の始まりはアッスィニ川とコニン川の合流点とされ、河口までの延長は175kmある。下流は沼沢地帯を伴う低地河川で、30kmに及ぶ。[2]中流は山地河川である。

イトウ、カワヒメマス (Grayling)、レノック (Lenok)、カワカマスといった魚が豊富であり、更に産卵のために遡上してくる。[3]河岸にはヘラジカ、マンシュウアカシカ、ヒグマオオカミユーラシアカワウソといった獣とイヌワシミサゴ、マガン、アイサなどの鳥が生息する。

川沿いに定住集落は一つもないが、観光客・釣り人がこの地域をよく訪れる。山あいの支流でのラフティングも人気である。

脚注[編集]