トゥヴェーデ・ディヴィジ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
トゥヴェーデ・ディヴィジ
加盟国 オランダの旗 オランダ
大陸連盟 UEFA
創立 2016
参加クラブ 18
リーグレベル 第3部
上位リーグ エールステ・ディヴィジ
下位リーグ デルデ・ディヴィジ
国内大会 KNVBカップ
最新優勝クラブ VVカトウェイク (2017-18)
2018-19

トゥヴェーデ・ディヴィジオランダ語: Tweede Divisie英語: Second Division)は、オランダに存在したサッカーリーグである。エールディヴィジエールステ・ディヴィジに次ぐ第3のリーグである。2016年再開。

歴史[編集]

1956年エールディヴィジ(プロ1部)、エールステ・ディヴィジ(同2部)とともに導入された。1956年から1960年1962年から1966年の間はトゥヴェーデ・ディヴィジAとトゥヴェーデ・ディヴィジBの2部構成であった。

1971年に一旦廃止。当時所属していたクラブのうち6クラブ(デ・フォレワイカース、FCアイントホーフェンFC VVV、フォルトゥナ・フラールディンゲン、PECローダJC)がエールステ・ディヴィジに昇格し、残りの10クラブはアマチュアクラブとなった。

この間、2009年-2010年シーズンまでは、エールステ・ディヴィジまでのプロリーグと、それ以外のアマチュアクラブ(実質3部以下)との直接的な入れ替えは実施せず、プロとアマチュアのヒエラルキーのすみわけがなされていたが、2010年-2011年シーズンにオランダサッカー協会がプロリーグ参加を目指すクラブへの門戸開放策として、アマチュアの1部リーグであるフーフト・クラッセを発展解消したトップクラッセを開始し、エールステ・ディヴィジの下位クラブとトップクラッセの上位クラブ(トップクラッセ側は希望クラブのみ)の入れ替え制度を導入した。

2016年-2017年シーズンより、新たなプロ・アマ一体型の「フットボールピラミッド」と呼ばれる新ヒエラルキーの構図をスタートさせることになり、新たにプロによる3部リーグとして当ディヴィジが復活することになり、トップクラッセはアマチュアの1部リーグという体はそのままにしつつもエールデヴィジから見て4部の組織に格下げとなった。当ディヴィジとエールステ・ディヴィジ、並びにトップクラッセ間の入れ替え制度も行われる。

2016-17シーズン所属クラブ[編集]

トゥヴェーデ・ディヴィジの位置(オランダ内)
エクセルシオール・マーススラウス
エクセルシオール・マーススラウス
HHCハルデンベルフ
HHCハルデンベルフ
VVカトウェイク
VVカトウェイク
コザッケン・ボーイズ
コザッケン・ボーイズ
SVスパーケンブルグ
SVスパーケンブルグ
BVVバーレンドレヒト
BVVバーレンドレヒト
GVVV
GVVV
アムステルダムスヘFC
アムステルダムスヘFC
コーニンクレッカHFC
コーニンクレッカHFC
FCリーンデン
FCリーンデン
TEC VV
TEC VV
デ・トレフェルス
デ・トレフェルス
VVSB
VVSB
VV UNA
VV UNA
ヨングFCトゥウェンテ
ヨングFCトゥウェンテ
ヨング・フィテッセ
ヨング・フィテッセ
ヨング・スパルタ
ヨング・スパルタ
ヨングAZ
ヨングAZ
2016-17シーズン所属クラブの所在地
クラブ名
エクセルシオール・マーススラウス
HHCハルデンベルフ
VVカトウェイク
コザッケン・ボーイズ
BVVバーレンドレヒト
SVスパーケンブルグ
GVVV
FCリーンデン
TEC VV
VVSB
コーニンクレッカHFC
デ・トレフェルス
アムステルダムスヘFC
VV UNA
ヨングAZ
ヨングFCトゥウェンテ
ヨング・スパルタ
ヨング・フィテッセ

歴代優勝クラブ[編集]