トゥーダーンホット

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
トゥーダーンホット
Owner Lord Lloyd-Webber.svg
ウェバー卿の勝負服
欧字表記 Too Darn Hot
品種 サラブレッド
性別
毛色 鹿毛
生誕 2016年3月27日(3歳)
Dubawi
Dar Re Mi
母の父 Singspiel
生国 イギリスの旗 イギリス
生産 Watership Down Stud
馬主 Lord Lloyd-Webber
調教師 John Gosden英国
競走成績
タイトル カルティエ賞最優秀2歳牡馬
生涯成績 9戦6勝[1]
獲得賞金 132万181ポンド[1]
 
勝ち鞍
GI デューハーストステークス 2018年
GI ジャンプラ賞 2019年
GI サセックスステークス 2019年
テンプレートを表示

トゥーダーンホット:Too Darn Hot)は、イギリス競走馬および種牡馬

2歳時の2018年ソラリオステークスシャンペンステークスおよびデューハーストステークスを制し、同世代のヨーロッパの競走馬の中で最も高い評価を受け、カルティエ賞最優秀2歳牡馬に選出。3歳時の2019年は脚部不安の影響でダービー戦線はおろかギニー戦線からも取り残され勝ちきれないレースが続いたが、夏に入りジャンプラ賞サセックスステークスの2つの短距離GIを連勝。しかしその直後に脚部の骨折が判明して電撃的に引退、正味1年にわたる競走生活にピリオドを打って種牡馬入りすることとなった。

主戦騎手はランフランコ・デットーリで、すべてのレースに騎乗した。

デビューまで[編集]

トゥーダーンホットは2016年3月27日、ウォーターシップダウンスタッドで生まれる。ウォーターシップダウンスタッドは劇作家のアンドルー・ロイド・ウェバー卿が1991年に競走馬事業に乗り出した際に創設された牧場で、「牝馬のみ自己所有、牡馬は売却」を基本スタンスとしており、このスタンスに則ればトゥーダーンホットも他の馬主に売却されるはずであったが、幼駒時に負傷し獣医による検査でもそのことが懸念材料とされて買い手を見つける可能性が低いことが見込まれ、スタンスの例外としてウェバー卿自身が所有することになった[2][3]

のち、ウェバー卿の所有馬の主要な預託先でもある、サフォーク州ニューマーケットのクレアヘイヴン調教場に厩舎を構えるジョン・ゴスデンのもとに送られ[2][4]、調教を受けることとなる。

戦績[編集]

2歳 (2018年)[編集]

2018年8月9日サンダウン競馬場の未勝利戦でデビュー、2着馬に7馬身もの差をつけ圧勝する[1]。2戦目のソラリオステークスでは、好位追走から残り2ハロンあたりで仕掛けると後続馬に4馬身差をつけ連勝する[5]。デットーリもレース後に「今回は多くの経験を積み重ねた。彼はこの先多くの選択肢を持っており、彼は特別な馬だ」と絶賛した[5][6]。二週間後の9月15日、3戦目となるシャンペンステークスは中団待機から直線で鮮やかに抜け出して快勝し、3連勝とした[7][8]

10月13日のデューハーストステークスは中団からレースを進め直線で鋭く脚を伸ばすと、最後はアドヴァータイズ英語版に2馬身3/4差をつけて快勝、G1レース初制覇を果たした[9][10]。なおゴスデン師、デットーリともに意外なことにこれがデューハーストステークス初制覇となった[10]。30年目にデューハーストステークス初制覇のデットーリは「最初の3つの楽なレースとは違い、今回は揉まれてスムーズな競馬ではなかったが、そこでターボがかかった。彼は自分が過去乗ってきた馬に負けぬスピードを持っており、脚の回転がとても速い」「驚くべき馬だ」とレースを振り返った[1][10][11]

この4戦4勝が評価され、2018年のカルティエ賞最優秀2歳牡馬部門を獲得[12][13]。また、同世代のレーティングでもクオルト英語版に5ポンド差をつける126ポンドを与えられ、これは過去のフランケルドリームアヘッド英語版に並ぶ高評価であり、特にフランケルとは多くの類似性を指摘されるほどであった[1][14]

3歳 (2019年)[編集]

2019年初戦は当初、4月19日のクレイヴンステークスから始動して本命視されていた英2000ギニーへと向かうローテーションが組まれていたが、最終追い切りを行った後に管骨瘤が見つかり軽い運動しかできなかったため、ゴスデン師はクレイヴンステークスを回避して英2000ギニーに直接向かうことを明らかにする[15][16]。その後は脚部の状態回復に努め、9日間の間に大部を改善させたものの本番に向けた調教を積むには時間が足りず、最終的には英2000ギニーも回避せざるを得なかった[16][17]

仕切り直しとなる復帰戦は、5月16日ヨーク競馬場ダンテステークスとなった[18]。ダンテステークスでは依然としてダービーへの最有力馬であり続けており[16]、ゴスデン師もダービーに向けた試金石のレースとして見立て[18]、レースでは4番手を進み最後の直線ではいったん逃げたテレキャスターを捉えたものの最終的には逃げ切りを許し2着、初の黒星敗戦となってしまった[19]。レース後のインタビューで、ゴスデン師は「スタミナに問題があった」として12ハロンのダービーを回避し、ロイヤルアスコット開催に行われるマイルのセントジェームズパレスステークスへ向かうことも発表された[19]。その後、セントジェームズパレスステークスまでの間が空いていることからフラストレーションを発散させることも兼ねて愛2000ギニーへの参戦を決める[20]。愛2000ギニーは英2000ギニー馬マグナグレシアと人気を分け合ったが、伏兵フェニックスオブスペインに3馬身突き放され、またも2着に終わる[21]。目標のセントジェームズパレスステークスでも、サーカスマキシマス英語版の前に3着に終わった[22]

次なるレースとして7月7日ドーヴィル競馬場ジャンプラ賞を選択したが、これはゴスデン師の「今まで間違ったことをしてきた。7ハロンが向いていれば」という考えに基づくもので、同時にシャンペンステークスやデューハーストステークスでのレースぶりを重ねて「持ち味を生かす時が来た」という考えもあった[23]。レースは決して強敵ぞろいというわけではなかったが、2着スペースブルースに3馬身差をつけて久しぶりの勝ち星を挙げた[24][25]。久々の勝利にデットーリも「彼はスピードに恵まれており、次いで距離も伸ばそうとしたがかなわなかった。アイルランドの馬場は早すぎてアスコットは逆に厳しかったので、今日は本来の脚を見せることができた。この勝利が彼に自信を与えるであろう」と舌を巻いた[24][26]

ジャンプラ賞で復活の白星を挙げたのち、7月31日グッドウッド競馬場サセックスステークスで初めて古馬と対戦することとなり、サーカスマキシマム、フェニックスオブスペインとの再戦のほか、当年のクイーンアンステークスの覇者ロードグリッターズ、前年の同レースの覇者アクシデンタルエージェント、イスパーン賞勝ち馬ザビールプリンスといったマイル戦線の古馬と相対することとなり、レースでは包まれて不利になる場面もあったものの、直線では先に逃げ馬を捕まえて先頭に立ったサーカスマキシマスに並びかけ、最後はたたき合いを制して半馬身差サーカスマキシマスを下した[27][28]。デットーリから「彼は適切なGIの勲章を手に入れた」と称えられ、この時点では2019年の最終目標はブリーダーズカップ・マイルであり、この2019年限りで現役を引退することがゴスデン師ほか関係者から示唆されていた[27][28]

ところがレースから5日後の8月5日、レントゲン撮影の結果、右後肢管骨に亀裂骨折があることが見つかり電撃的に引退が発表された[1][29][30]。サセックスステークスのレース中に骨折したとみられ、ニューマーケットの診療所で緊急手術を受け無事乗り切り、2020年からはダルハムホールスタッドで種牡馬生活を始めることとなった[1][29][30]

競走成績[編集]

以下の内容は、Racing Post、Sky Sports Horse Racing[31]、Timeform[32]の情報に基づく。

出走日 競馬場 競走名 距離(馬場) 着順 騎手 斤量(st./kg換算) タイム 着差 1着(2着)馬 レース出典 映像
2018.08.19 サンダウン 未勝利 芝8f (GS) 1着 L.デットーリ 9-5(59.5) 1:46.96 7馬身 (Rowland Ward) [33]
0000.09.01 サンダウン ソラリオステークス GIII 芝7f (Gd) 1着 L.デットーリ 9-1(57.5) 1:28.51 4馬身 (Atthur Kitt) [34]
0000.09.15 ドンカスター シャンペンステークス GII 芝7f (Gd) 1着 L.デットーリ 9-0(57) 1:23.92 1 3/4馬身 (Phoenix of Spain) [35] [36]
0000.10.13 ニューマーケット デューハーストステークス GI 芝7f (GF) 1着 L.デットーリ 9-0(57) 1:24.35 2 3/4馬身 (Advertise) [37] [38]
2019.05.16 ヨーク ダンテステークス GII 芝10.3f (GF) 2着 L.デットーリ 9-0(57) (1馬身) Telecaster [39] [40]
0000.05.25 カラ 愛2000ギニー GI 芝8f (GF) 2着 L.デットーリ 9-0(57) (3馬身) Phoenix of Spain [41] [42]
0000.06.18 アスコット セントジェームズパレスステークス GI 芝9f (Gd) 3着 L.デットーリ 9-0(57) (1馬身) Circus Maximus [43] [44]
0000.07.07 ドーヴィル ジャンプラ賞 GI 芝7f (Sft) 1着 L.デットーリ 9-2(58) 1:21.29 3馬身 (Space Blues) [45] [46]
0000.07.31 グッドウッド サセックスステークス GI 芝8f (Gd) 1着 L.デットーリ 9-0(57) 1:38.57 1/2馬身 (Circus Maximus) [47] [48]
  • 馬場状態: Fm=Firm, GF=Good to Firm, Gd=Good, GS=Good to Soft, Y=Yielding, Sft=Soft, Hy=Heavy
  • 着差:dht=dead heat(同着), nse=nose(ハナ), shd=short head(短頭), hd=head(アタマ), nk=neck(クビ), l=length(馬身), dist=distance(大差)

血統表[編集]

トゥーダーンホット血統 (血統表の出典)[§ 1]
父系 ミスタープロスペクター系
[§ 2]

Dubawi
2002
父の父
Dubai Millennium
1996
Seeking the Gold Mr. Prospector
Con Game
Colorado Dancer Shareef Dancer
Fall Aspen
父の母
Zomaradah
1995
Deploy Shirley Heights
Slightly Dangerous
Jawaher Dancing Brave
High Tern

Dar Re Mi
2005
Singspiel
1992
In The Wings Sadler's Wells
High Hawk
Glorious Song Halo
Ballade
母の母
Darara
1983
Top Ville High Top
Sega Ville
Delsy Abdos
Kelty
母系(F-No.) 13号族(FN:13-c) [§ 3]
5代内の近親交配 Shirley Heights 4×5=9.38%、Northern Dancer 5×5=6.25%、Sunbittern 5×5=6.25% [§ 4]
出典
  1. ^ [49]
  2. ^ [50]
  3. ^ [49]
  4. ^ [49][50]

父・ドバウィは愛2000ギニーとジャックルマロワ賞を制したマイラーであり、種牡馬としてもモンテロッソナイトオブサンダーなどを送り出す成績を挙げている[51]。一方、母・ダーレミドバイシーマクラシックヨークシャーオークスなどを制する活躍を見せて繁殖入りしており、これまでにも二度ドバウィと交配して10ハロン前後で活躍したソーミダー、12ハロンのGIで善戦を重ねセントレジャーでも2着に入り2018年の凱旋門賞の惑星とも見られていたラーティダーの2頭の全姉を輩出している[25][52]。カタールレーシングに350万ギニーで購買された全弟のほか全妹もいる[25]

脚注[編集]

  1. ^ a b c d e f g トゥーダーンホットが後肢管骨の亀裂骨折のために引退(イギリス)[その他]”. 海外競馬情報. 公益財団法人ジャパン・スタッドブック・インターナショナル. 2019年8月14日閲覧。
  2. ^ a b 【世界の馬主紹介 Vol.11】ロイド・ウェバー”. JRA-VAN ver. World -コラム-. JRA-VAN. 2019年8月14日閲覧。
  3. ^ Carr, David. “Lloyd-Webber star is a Hot ticket after spectacular Champagne show”. 2019年8月14日閲覧。
  4. ^ ゴスデン調教師、"打倒バリードイル"で今シーズンに臨む(イギリス)”. 海外競馬情報. 公益財団法人ジャパン・スタッドブック・インターナショナル. 2019年8月14日閲覧。
  5. ^ a b 超良血2歳馬トゥーダーンホットが出世レースを完勝、デットーリ騎手「世界は彼の思いのまま」”. JRA-VAN (2018年9月2日). 201-08-14閲覧。
  6. ^ Wood, Greg (2018年9月1日). “Frankie Dettori and Too Darn Hot scorch home to lift Derby temperature”. The Guardian. 2019年8月14日閲覧。
  7. ^ 【英・シャンペンS】ラーティダーの弟トゥーダーンホットが無傷3連勝!来年の英ダービー1番人気馬/海外競馬レース結果”. netkeiba.com (2018年9月16日). 2019年8月14日閲覧。
  8. ^ 注目2歳馬トゥーダーンホット、無傷の3連勝で英G2制覇”. JRA-VAN (2018年9月18日). 201-08-14閲覧。
  9. ^ 【英・デューハーストS】来年の英クラシック1番人気・トゥーダーンホットが無傷4連勝でG1制覇!/海外競馬レース結果”. netkeiba.com (2018年10月14日). 2019年8月14日閲覧。
  10. ^ a b c 素質馬トゥーダーンホット、無傷4連勝で英G1デューハーストS制覇”. JRA-VAN (2018年10月14日). 2019年8月14日閲覧。
  11. ^ Too Darn Hot gives Frankie Dettori first Dewhurst Stakes victory”. BBC Sport (2018年10月13日). 2019年8月14日閲覧。
  12. ^ ロアリングライオン、ヨーロッパ年度代表馬に(欧州)[その他]”. 海外競馬情報. 公益財団法人ジャパン・スタッドブック・インターナショナル. 2019年8月14日閲覧。
  13. ^ Armytage, Marcus (2018年11月13日). “Roaring Lion seals stunning year with top Cartier award”. Daily Telegraph. 2019年8月14日閲覧。
  14. ^ Irish Classification 2018”. Horse Racing Ireland. 2019年8月14日閲覧。
  15. ^ 欧州2歳王者トゥーダーンホット、故障でクラシック前哨戦を回避”. JRA-VAN (2019年4月11日). 2019年8月14日閲覧。
  16. ^ a b c 英ダービーの本命馬トゥーダーンホット、英2000ギニーを回避(イギリス)[その他]”. 海外競馬情報. 公益財団法人ジャパン・スタッドブック・インターナショナル. 2019年8月14日閲覧。
  17. ^ トゥーダーンホットの英2000ギニー回避が決定、1番人気はテンソヴリンズに”. JRA-VAN (2019年4月21日). 2019年8月14日閲覧。
  18. ^ a b 英ダービー前哨戦のダンテS、トゥーダーンホットら強豪8頭立てに”. JRA-VAN (2019年4月21日). 2019年8月14日閲覧。
  19. ^ a b トゥーダーンホット初黒星、ダンテSは新星テレキャスターが制す”. JRA-VAN (2019年4月21日). 2019年8月14日閲覧。
  20. ^ 愛2000ギニー、マグナグリーシアとトゥーダーンホットが激突”. JRA-VAN (2019年5月24日). 2019年8月14日閲覧。
  21. ^ 愛2000ギニーはフェニックスオブスペインが完勝、今季初戦でトゥーダーンホットらを一蹴”. JRA-VAN (2019年5月26日). 2019年8月14日閲覧。
  22. ^ 英G1セントジェームズパレスS、サーカスマキシマスが追加登録で3歳マイル王に”. JRA-VAN (2019年6月19日). 2019年8月14日閲覧。
  23. ^ 苦戦続くトゥーダーンホット、7ハロンのジャンプラ賞で巻き返しへ”. JRA-VAN (2019年7月3日). 2019年8月14日閲覧。
  24. ^ a b 欧州2歳王者トゥーダーンホット、仏G1ジャンプラ賞で復活勝利”. JRA-VAN (2019年7月8日). 2019年8月14日閲覧。
  25. ^ a b c ジャンプラ賞優勝のトゥーダーンホットは予想以上に短距離向き(イギリス)[生産]”. 海外競馬情報. 公益財団法人ジャパン・スタッドブック・インターナショナル. 2019年8月14日閲覧。
  26. ^ Burton, Scott (2019年7月7日). “Back to form: Too Darn Hot produces dominant display in Prix Jean Prat”. Racing Post. 2019年8月14日閲覧。
  27. ^ a b 英G1サセックスS、トゥーダーンホットがサーカスマキシマスに競り勝ち”. JRA-VAN (2019年8月1日). 2019年8月14日閲覧。
  28. ^ a b Glorious Goodwood: Too Darn Hot and Frankie Dettori win Sussex Stakes”. The Guardian (2019年7月31日). 2019年8月14日閲覧。
  29. ^ a b 欧州2歳王者トゥーダーンホット引退、種牡馬入り”. 日刊スポーツ (2019年8月6日). 2019年8月14日閲覧。
  30. ^ a b トゥーダーンホットが電撃引退、サセックスSで脚を負傷”. JRA-VAN (2019年8月6日). 2019年8月14日閲覧。
  31. ^ Too Darn Hot”. BSkyB (2019年8月1日). 2019年8月14日閲覧。
  32. ^ HORSE PROFILE TOO DARN HOT”. Timeform (2019年8月1日). 2019年8月14日閲覧。
  33. ^ Slug And Lettuce 2-4-1 Tanqueray Thursdays EBF Maiden Stakes result”. Racing Post (2018年8月9日). 2019年8月14日閲覧。
  34. ^ Solario Stakes result”. Racing Post (2018年9月1日). 2019年8月14日閲覧。
  35. ^ Champagne Stakes result”. Racing Post (2018年9月15日). 2019年8月14日閲覧。
  36. ^ 映像 - YouTube. Accessed 14 August 2019
  37. ^ Dewhurst Stakes result”. Racing Post (2018年10月13日). 2019年8月14日閲覧。
  38. ^ 映像 - YouTube. Accessed 14 August 2019
  39. ^ Dante Stakes result”. Racing Post (2019年5月16日). 2019年8月14日閲覧。
  40. ^ 映像 - YouTube. Accessed 14 August 2019
  41. ^ Irish 2,000 Guineas result”. Racing Post (2019年5月25日). 2019年8月14日閲覧。
  42. ^ 映像 - YouTube. Accessed 14 August 2019
  43. ^ St James's Palace Stakes result”. Racing Post (2019年6月18日). 2019年8月14日閲覧。
  44. ^ 映像 - YouTube. Accessed 14 August 2019
  45. ^ Prix Jean Prat result”. Racing Post (2019年7月7日). 2019年8月14日閲覧。
  46. ^ 映像 - YouTube. Accessed 14 August 2019
  47. ^ Sussex Stakes result”. Racing Post (2019年7月31日). 2019年8月14日閲覧。
  48. ^ 映像 - YouTube. Accessed 14 August 2019
  49. ^ a b c 血統情報:5代血統表|Too Darn Hot(GB)|JBISサーチ(JBIS-Search)”. JBISサーチ(JBIS-Search). 公益社団法人日本軽種馬協会. 2019年3月5日閲覧。
  50. ^ a b Too Darn Hotの血統表”. netkeiba.com. 株式会社ネットドリーマーズ. 2019年3月4日閲覧。
  51. ^ Dubawi Stud Record”. Bloodstock.racingpost.com. 2019年8月14日閲覧。
  52. ^ 英の無敗3歳牝馬ラーティダー凱旋門賞参戦も”. 日刊スポーツ (2018年8月30日). 2019年8月14日閲覧。