トゥーナ・エル・ガバル

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

座標: 北緯27度46分30.00秒 東経30度44分25.01秒 / 北緯27.7750000度 東経30.7402806度 / 27.7750000; 30.7402806

Tuna el-Gebel, Egypt

トゥーナ・エル・ガバル(Tunah Al-Gabal)は、エジプト・アラブ共和国の中部ミニヤ(Minya)県にあり、首都カイロから南方約260キロのにある墓地遺跡ネクロポリス)。

2018年2月から発掘調査が実施され、2019年2月2日、良好な状態で保存されていた2000年以上前のミイラ40体超が報道陣に公開された。ミイラは古代エジプトプトレマイオス朝時代(紀元前323~30年ごろ)のものとみられる。墳墓は地下9メートルの深さにあり、墓室は6つ以上ある。40体超のミイラは崩れかけた墓室の床に横たえられていたり、ふたのない陶棺に入れられたりしており、12体は子ども、6体は動物で、残りは全て成人男女のものだった。エジプト考古省によれば、中産階級の一族のものとみられる。動物のミイラはほとんどが犬であり、当時のペットへの愛情が示されている。エジプトのミイラの多くは古代エジプト時代に製造されており、アレクサンダー大王の部将だったプトレマイオスが建国したプトレマイオス朝エジプトでも、ミイラづくりは続けられた[1][2]


脚注[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ 動画:エジプト遺跡でミイラ40体超を公開、約2000年前のものか”. www.afpbb.com. AFP (2019年2月3日). 2019年2月5日閲覧。
  2. ^ エジプト遺跡でミイラ40体超を公開、約2000年前のものか:時事ドットコム”. 時事ドットコム. 時事通信 (2019年2月4日). 2019年2月5日閲覧。