トウケイニセイ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
トウケイニセイ
品種 サラブレッド
性別
毛色 鹿毛
生誕 1987年5月21日
死没 2012年3月6日(25歳没)
トウケイホープ
エースツバキ
母の父 リフォーム
生国 日本の旗 日本北海道浦河町
生産 田中堅一
馬主 小野寺喜久男
調教師 小西重征(盛岡
競走成績
生涯成績 43戦39勝
獲得賞金 3億1577万円
テンプレートを表示

トウケイニセイ1990年代初期から中期にかけて岩手競馬で活躍した競走馬である。

2000年以前の馬齢は旧表記を用いる。

出自[編集]

父・トウケイホープ南関東・岩手において東京大賞典報知オールスターカップ関東盃東北サラブレッド大賞典桐花賞シアンモア記念などで53戦22勝と活躍したが、血統的に二流であったこと、また競走実績が地方競馬のみであったため、種牡馬となった際に繁殖牝馬がなかなか集まらず、そのためオーナーである小野寺喜久男が馬産地を駆け回って交配相手を探し回り、やっとの思いで5頭の交配相手を集めた。その際、小野寺は「自分も辛い、でも一番辛いのはホープなんだ」と周囲に語っている。しかも、トウケイホープは初年度の交配を済ませたあと、心臓麻痺で急死してしまった。そのなかで4頭の産駒が生まれ、そのうち唯一の牡馬がトウケイニセイであった。

母・エースツバキは生産者の田中堅一がある牧場から購入した繁殖牝馬である[1]。この牧場が多くの繁殖牝馬を整理するためにまとめて売りに出していた際、田中の牧場の跡取りであった田中哲実が駆けつけたときには2頭しか残っておらず、どちらも見栄えの冴えない牝馬であったが、せっかく訪れたのに買わないのも申し訳なく思った田中はエースツバキを選んで購入したものである。エースツバキは持込馬ながら中央競馬1勝止まりであったが、購入後に産駒のトウケイフリート、イイオカスワローが地方競馬の重賞競走で優勝、トウケイニセイを含め重賞優勝馬3頭の母となった。

戦績[編集]

トウケイニセイはデビュー戦で勝利したものの、その後左前浅屈腱炎で1年半の休養を余儀なくされ、復帰後も常に脚の状態を見ながらだましだましレースに出走する状態が続いた[2]。しかしそんな状態で勝ち続け、いつしかデビュー以来の連勝が注目されるようになり、ハルサンヒコーに続く2着に敗れるまでの連勝は18まで伸びていた。これは後にチアズファンシーが19連勝を記録して上回るまでサラブレッド連勝の日本記録であった(競馬の日本一の一覧も参照)。

1993年、7歳になったトウケイニセイは初めて重賞(みちのく大賞典)に登場した。当時の岩手競馬は「岩手の怪物」と呼ばれ、南関東や中央への遠征経験もあったスイフトセイダイと、そのライバルでトウケイニセイの同厩舎の先輩馬・グレートホープの2頭による「SG時代」が数年続いていたが、明け5歳のモリユウプリンスが赤松杯とシアンモア記念でSG2頭を抑えて優勝、モリユウ時代の到来が確実視されていたころだった。しかしトウケイニセイはこのレースで、好位から抜け出し、SGどころか新王者モリユウに2馬身半差をつけてレコードタイムで優勝し[3]、デビュー以来の連勝が決して相手に恵まれてのものではないことを示した。

また、その後も常に脚の状態を見ながらのレース出走であり、地元の岩手開催以外では東北地方交流の東北サラブレッド大賞典で上山競馬場新潟競馬場に遠征した程度で、全国規模の競走に出走することはなかったが、地元ではデビュー以来の連続連対記録を伸ばしていた。

競走馬としては全盛期を過ぎたと一般的に考えられる9歳(現在の表記では8歳)になった1995年交流元年と呼ばれ中央競馬と地方競馬の交流が促進されると北日本地区交流であったマイルチャンピオンシップ南部杯も中央競馬も含む全国交流競走となり、中央や他地区の強豪を迎え撃ったが、中央のライブリマウント大井競馬のヨシノキングに次ぐ3着に敗れた。そのとき、水沢競馬場は観客たちが発した溜め息とともに静まりかえってしまった。ライブリマウントの主戦騎手石橋守は「今日ばかりはヒール(悪役)になった気分だよ」とコメントを残している。また、トウケイニセイの主戦騎手である菅原勲は「あと1年早ければ……」とコメントを残した。連続連対記録41はローゼンホーマの40を超え、日本記録として残っている。

その後、年末の桐花賞を楽勝して引退した。通算成績は43戦39勝2着3回3着1回というほぼ完璧なもので、岩手競馬史上最強馬という評価もされていた[4]。主戦騎手だった菅原はのちにJRAGIフェブラリーステークスを勝ったメイセイオペラにも騎乗しているが、トウケイニセイとの比較を尋ねられて、トウケイニセイのほうが強いと断言している。菅原いわく「メイセイも強くなっているが全盛期のニセイに比べればまだまだ。一番良い頃のニセイがドバイワールドカップに出たら勝っていたと思う」[5]

また、その功績から2000年より岩手競馬でトウケイニセイ記念という重賞競走が開催されている。

主な戦績[編集]

[6]

フレンドリーカップは、1994年は岩手競馬オープンクラスと中央競馬900万円以下クラス1995年は岩手競馬オープンと中央1500万円以下との条件交流重賞であった。

種牡馬成績[編集]

引退後の1996年北海道日高軽種馬農協門別種馬場で種牡馬となった。配合相手に恵まれず、また、産まれた産駒も大井競馬場で重賞で好勝負するも勝ちきれなかったドリームサラや、ダービーグランプリで5着になったトウケイキセキ程度で目立った成績を残すことができず、2004年に種牡馬引退となった。

種牡馬引退後はえりも町エクセルマネジメントで余生を過ごし、2009年1月、トウケイニセイ記念当日に水沢競馬場にて同馬の里帰りお披露目イベントが行われた。その後は岩手県滝沢村の「馬っこパーク・いわて」に繋養されていた[7][8]2011年、馬主の小野寺が東日本大震災で被災し終生飼育が困難な状況になったため、トウケイニセイの終生飼育を目的とした「トウケイニセイ基金」が有志によって立ち上げられていた[9]が、翌2012年3月6日に老衰のため25歳で死亡した[10]

血統表[編集]

トウケイニセイ血統ナスルーラ系 / アウトブリード (血統表の出典)

トウケイホープ
1976 鹿毛
父の父
*イースタンフリート
Eastern Fleet
1968 鹿毛
Fleet Nasrullah Nasrullah
Happy Go Fleet
Amoret Bull Lea
Mar-Kell
父の母
エリモグレース
1972 鹿毛
Sassafras Sheshoon
Ruta
*フゼッタ
Fughetta
Ribot
Noblesse

エースツバキ
1975 栗毛
Reform
1964 鹿毛
Pall Mall Palestine
Malapert
Country House Vieux Manoir
Miss Coventry
母の母
*ヴェスタルファイア
Vestal Fire
1965 鹿毛
Match Tantieme
Relance
Refreshed Hyperion
Monsoon F-No.1-w
血統背景

脚注[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ 『競馬名牝読本』宝島社、1996年。ISBN 9784796692472
  2. ^ 「地方競馬ニュース」『優駿』1993年11月号、日本中央競馬会、124頁
  3. ^ 『優駿』1993年10月号、日本中央競馬会、135-137頁
  4. ^ 松尾康司 (2012年4月23日). “追悼・トウケイニセイ号”. web Furlong 2012. 地方競馬全国協会. 2015年6月26日閲覧。
  5. ^ 1999年発売『20世紀名馬大全』(宝島社発行)トウケイニセイの項目よりコメント抜粋
  6. ^ トウケイニセイ”. 競走馬のふるさと案内所. 公益社団法人日本軽種馬協会. 2015年6月26日閲覧。
  7. ^ 2009年1月10日 河北新報
  8. ^ トウケイニセイ 馬っこパークに到着!” (日本語). 週刊テシオ情報局 (2009年1月8日). 2011年7月13日閲覧。
  9. ^ トウケイニセイ基金・後援会のご案内”. 岩手県競馬組合 (2011年7月10日). 2011年7月12日閲覧。
  10. ^ 岩手の名馬トウケイニセイが死亡