トウ淵

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
本来の表記は「鄧淵」です。この記事に付けられた題名は技術的な制限または記事名の制約により不正確なものとなっています。

鄧 淵(とう えん、生年不詳 - 403年)は、北魏官僚は彦海。本貫安定郡

経歴[編集]

鄧翼の子として生まれた。経書を広く読んで、易筮を得意とした。道武帝後燕を討って、中山を平定すると、鄧淵は抜擢されて著作郎となった。蒲丘県令として出向し、反乱の鎮圧にあたった。入朝して尚書吏部郎となった。鄧淵は制度に明るく、故事を多く知っていたため、尚書の崔玄伯とともに朝儀・律令・音楽の制定にあたり、また軍事や国事の文章記録の作成や詔策の文案は、多くが鄧淵の手によって成った。平陽の平定に従軍して、功績により漢昌子の爵位を受け、下博子に改められ、中塁将軍の号を加えられた。道武帝の命を受けて『国記』の編纂にあたり、鄧淵は十数巻分を作ったが、年月の見出しと君主の起居と出来事のみの記録で、前例のない体裁であった。

従父弟の鄧暉は定陵侯和跋と仲が良く、403年天興6年)に和跋が処刑されると、和跋の子弟は長安に逃れたが、鄧暉がかれらを送り出そうとしたと告発された。このため鄧淵も道武帝に疑われて、処刑された。

子女[編集]

  • 鄧潁(? - 434年、下博子、中書侍郎。崔浩が国書を編纂したとき、鄧潁は崔覧らとともに著作に参与した。太武帝が漠南に行幸したとき、高車の莫弗の庫若干らが行在所を訪れたため、鄧潁は帝の命を受けて功徳碑の文章を作った。散騎常侍を兼ね、文帝に対する使者をつとめた。侯爵に進み、龍驤将軍の号を加えられた。山胡の白龍を討ち、帰路に死去した)
  • 鄧権(太武帝の征戦に従い、龍驤将軍・豫州刺史、新野侯。柔然に対する北伐に従って、罪をえて処刑された)
  • 鄧顥(中書侍郎)

伝記資料[編集]