トゴチョグ・エンフバト

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
トゴチョグ・エンフバト
生年月日 1972年
出生地 中華人民共和国の旗 内モンゴル自治区ジョーオダ盟バイリン右旗
出身校 内モンゴル大学
所属政党 Holy Blue Sky.PNG 内モンゴル人民党

南モンゴル人権情報センター代表
在任期間 2002年 -
テンプレートを表示

トゴチョグ・エンフバト(Togochog Enhebatu, キリル文字:Тооцог Энхбат, 簡体字:陶格朝古 恩和巴图, 土古州格 恩和巴图, 繁体字:陶格朝古 恩和巴圖, 1972年 - )は、中華人民共和国モンゴル族出身の人権活動家。

来歴[編集]

内モンゴル自治区ジョーオダ盟バイリン右旗に生まれる。

内モンゴル大学モンゴル語モンゴル文学を専攻する。

卒業後、1998年日本吉備国際大学社会学部に留学。この時期に内モンゴル人民党に参加する。

同年10月に渡米し、ニューヨーク市立大学を卒業。現在ニューヨーク市在住。

人権活動家として[編集]

2002年に南モンゴル人権情報センターを設立。その代表として、獄中にいた南モンゴル独立運動家であるハダの家族を支援し、南モンゴルの人権状況に関する情報や、南モンゴルで弾圧を受けている人々に直接国際電話等で取材して得た情報をインターネット等を通じて発信している。なお、南モンゴル人権情報センターは、南モンゴルにおける民主政体の樹立を目標に掲げており、必ずしも分離独立を主張しているわけではない。

2010年12月10日に釈放日を迎えたハダとその家族が行方不明になると、アムネスティなどの人権団体やアメリカ合衆国のマスコミに積極的に働きかけ、ハダの解放を求める運動に尽力する。

2011年1月8日、エンフバトの呼びかけにより世界各国に散在する南モンゴルの独立運動家、民主運動家、人権活動家が一斉に各国の中国大使館、領事館の前で南モンゴルの人権状況の改善を求める抗議活動を行った。

また、同月19日にも、胡錦濤国家主席の訪米に合わせ、チベット東トルキスタン台湾の活動家らと連帯し、ホワイトハウスの前でラビア・カーディルらと共にハダの解放等を訴える抗議活動を行った。

関連項目[編集]