トップリーグ (相場英雄の小説)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
トップリーグ
著者 相場英雄
発行日 2017年10月8日
発行元 角川春樹事務所
ジャンル 推理小説ミステリサスペンス
日本の旗 日本
言語 日本語
形態 四六判上製
ページ数 368
次作 トップリーグ2 アフターアワーズ
公式サイト kadokawaharuki.co.jp
コード ISBN 978-4-75841309-1
ISBN 978-4-75844271-8(文庫本
Portal.svg ウィキポータル 文学
[ Wikidata-logo-en.svg ウィキデータ項目を編集 ]
テンプレートを表示

トップリーグ』は、相場英雄による日本小説である。角川春樹事務所のPR誌「ランティエ」に2017年1月号から7月号まで連載され、第3章の後半と最終章を加筆して訂正したのち、2017年10月8日に単行本が角川春樹事務所から刊行された[1]2019年7月13日にはハルキ文庫版が発売された[2]

新聞記者と週刊誌記者が昭和史に残る一大疑獄事件の真相を追う。なお、本作のタイトルになっている「トップリーグ」とは、政治部の記者たちの中でも内閣総理大臣、内閣官房長官および与党幹部に深く食い込むことができるエリートの記者たちのことをいう[3]

あらすじ[編集]

松岡直樹は大和新聞に入社15年目にして政治部に異動となり、官房長官番となる。ある日、誰もがタブーと思い躊躇っていた鋭い質問を浴びせた松岡は官房長官の目に留まり、瞬く間にトップリーグの仲間入りを果たす。一方、松岡とは入社同期で現在は大手出版社の週刊誌記者・酒井祐治は、都内の埋め立て地において発見された1億5千万円相当の旧1万円札に関する調査を行ううちに、昭和史に残る史上最大の疑獄事件に繋がっていることを知ることになる。「命の保証はないぞ」政治部部長から浴びせられたこの言葉を胸に刻み、松岡は酒井と協力して、官邸の闇とされたこの疑獄事件の真相を突き止める決意をする。

登場人物[編集]

松岡直樹(まつおか なおき)
大和新聞の政治部記者。入社15年目で政治部に異動となり、官房長官番となる。
酒井祐治(さかい ゆうじ)
大手出版社に勤務する週刊誌のエース記者。松岡とは大和新聞入社時の同期。

書誌情報[編集]

テレビドラマ[編集]

トップリーグ
ジャンル 連続ドラマ
原作 相場英雄
脚本 篠崎絵里子
監督 星野和成
中前勇児
出演者 玉山鉄二
池内博之
佐久間由衣
光石研
長谷川朝晴
橋本マナミ
黒羽麻璃央
中村映里子
野間口徹
佐野史郎
小雪
陣内孝則
小林薫
音楽 羽岡佳
石毛駿平
国・地域 日本の旗 日本
言語 日本語
話数 全6話
製作
製作 WOWOW
放送
放送チャンネル WOWOWプライム
放送国・地域 日本の旗 日本
放送期間 2019年10月5日 - 11月9日
放送時間 土曜 22:00 - 23:00
放送枠 連続ドラマW
放送分 60分
回数 全6回
公式サイト
テンプレートを表示

2019年10月5日からWOWOW連続ドラマW」で全6回に渡って放送された[4]。主演は玉山鉄二[4]

キャスト[編集]

大和新聞[編集]

週刊新時代 編集部[編集]

閣僚[編集]

警視庁[編集]

  • 柴田義和(捜査一課 刑事) - 光石研

幹事長番記者[編集]

内外情報通信社[編集]

松岡家[編集]

スタッフ[編集]

放送日程[編集]

話数 放送日※各初回 監督
第1話 10月05日 星野和成
第2話 10月012日
第3話 10月019日 中前勇児
第4話 10月026日
第5話 11月02日 星野和成
第6話 11月09日


WOWOW 連続ドラマW 土曜オリジナルドラマ
前番組 番組名 次番組
トップリーグ
(2019年10月5日 - 11月9日)
引き抜き屋 〜ヘッドハンターの流儀〜
(2019年11月16日 - 12月14日(予定))

脚注[編集]

[ヘルプ]