トニー・グラファニーノ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
トニー・グラファニーノ
Tony Graffanino
Tony Graffanino 2007.jpg
ブルワーズでの現役時代(2007年)
基本情報
国籍 アメリカ合衆国の旗 アメリカ合衆国
出身地 ニューヨーク州サフォーク郡アミティビル英語版
生年月日 (1972-06-06) 1972年6月6日(46歳)
身長
体重
6' 1" =約185.4 cm
190 lb =約86.2 kg
選手情報
投球・打席 右投右打
ポジション 二塁手三塁手遊撃手
プロ入り 1990年 MLBドラフト10巡目
初出場 1996年4月19日
最終出場 2009年4月26日
経歴(括弧内はプロチーム在籍年度)

アンソニー・ジョゼフ・グラファニーノAnthony Joseph Graffanino, 1972年6月6日 - )は、アメリカ合衆国ニューヨーク州サフォーク郡アミティビル英語版出身の元プロ野球選手内野手)。右投右打。

経歴[編集]

1990年MLBドラフト10巡目(全体264位)でアトランタ・ブレーブスから指名され、プロ入り。

1996年4月19日のサンディエゴ・パドレス戦にて「2番・二塁手」でメジャーデビューを果たすと、この試合で初安打も放った[1]

その後、1999年タンパベイ・デビルレイズへの移籍を皮切りに6球団を渡り歩いた。キャリアハイはカンザスシティ・ロイヤルズボストン・レッドソックスの2球団でプレーした2005年で、合計110試合に出場して規定打席不足ながら.309を記録している。

クリーブランド・インディアンスでプレーの2009年を最後に引退した。

家族[編集]

息子のAJ・グラファニーノはワシントン大学 在学時の2018年、MLBドラフト8巡目(全体232位)で奇しくも自身と同じようにブレーブスから指名され[2]、プロ入りしている。

詳細情報[編集]

背番号[編集]

  • 14(1996年 - 1997年、2004年 - 2005年途中)
  • 11(1998年)
  • 26(1999年 - 2000年途中)
  • 47(2000年途中 - 同年終了)
  • 17(2001年 - 2003年)
  • 10(2005年途中 - 同年終了)
  • 2(2006年 - 同年途中)
  • 9(2006年途中 - 2007年)
  • 4(2009年)

脚注[編集]

  1. ^ San Diego Padres at Atlanta Braves Box Score, April 19, 1996” (英語). Baseball-Reference.com. 2019年2月4日閲覧。
  2. ^ Tori McElhaney (2018年6月5日). “Braves draft Beck among 4 Day 2 right-handers” (英語). MLB.com. 2019年2月4日閲覧。

関連項目[編集]