トニー・ダンザ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
トニー・ダンザ
Tony Danza
Tony Danza
2012年
生年月日 (1951-04-21) 1951年4月21日(68歳)
出生地 アメリカ合衆国の旗 アメリカ合衆国 ニューヨーク州ブルックリン区[1]
職業 俳優
ジャンル 映画テレビドラマ舞台

トニー・ダンザ(Tony Danza、1951年4月21日[1] - )は、アメリカ合衆国の俳優。

経歴[編集]

ニューヨークのブルックリン生まれ[2][3]。父親はイタリア系アメリカ人、母親はシチリアカンポベッロ・ディ・マツァーラからの移民[4][3]

『Taxi』や『Who's the Boss?』などのテレビドラマに出演[5]。その後は舞台に活躍の場を広げ、『Wrong Turn at Lungfish』『The Iceman Cometh』『A View from the Bridge』などに出演する[6]。2013年、ジョセフ・ゴードン=レヴィットの初監督長編映画『ドン・ジョン』に出演した[7]

フィルモグラフィー[編集]

映画[編集]

公開年 邦題
原題
役名 備考
1980 ご存知有名刑事ゾクゾク殺人事件
Murder Can Hurt You!
ポニー テレビ映画
1984 キャノンボール2
Cannonball Run II
テリー
シングル・ウーマン物語
Single Bars, Single Women
デニス テレビ映画
1988 フリーダム・ファイター
Freedom Fighter
ヴィクター・ロス テレビ映画
1989 テンプテーション 15才
She's Out of Control
ダグ・シンプソン
1994 エンジェルス
Angels in the Outfield
メル・クラーク
1996 イル・タウン
Illtown
ダヴァロン
1997 12人の怒れる男 評決の行方
12 Angry Men
陪審員7番 テレビ映画
2004 クラッシュ
Crash
フレッド
2009 ジョーイ・ナードン 不屈の一撃
The Nail: The Story of Joey Nardone
チーキー
2013 ドン・ジョン
Don Jon
ジョン・マテーロ・シニア

テレビシリーズ[編集]

放映年 邦題
原題
役名 備考
1978-1983 Taxi トニー・バンタ 114エピソード
1984-1992 Who's the Boss? トニー 196エピソード
1991-1992 Baby Talk ミッキー・キャンベル 35エピソードに声の出演
1995-1996 Hudson Street トニー・カネッティ 22エピソード
1997-1998 The Tony Danza Show トニー・ディメオ 14エピソード
1998 ザ・プラクティス ボストン弁護士ファイル
The Practice
トミー・シルヴァ検事 4エピソード
2000-2002 Family Law ジョー 25エピソード
2018 The Good Cop トニー 10エピソード


脚注[編集]

  1. ^ a b International Television & Video Almanac. Quigley Publishing Company. (2007). p. 140. 
  2. ^ Tony Danza Biography (1951-)”. FilmReference.com. 2014年10月3日閲覧。
  3. ^ a b Ann Iadanza”. Variety (1993年6月23日). 2012年5月26日閲覧。
  4. ^ http://www.walkoffame.com/tony-danza
  5. ^ Busciglio, Rick (2014年4月5日). “Tv, screen and stage icon, Tony Danza to be honored at Paper Mill Gala May 2nd”. Examiner. 2014年6月19日閲覧。
  6. ^ King, Susan (2013年9月30日). “The paternal Tony Danza in 'Don Jon'”. Los Angeles Times. 2014年6月19日閲覧。
  7. ^ Kay, Jeremy (2013年1月21日). “Sundance film festival 2013: Don Jon - first look review”. The Guardian. 2014年6月19日閲覧。