トニー・リップ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
トニー・リップ
Tony Lip
本名 Frank Anthony Vallelonga
生年月日 (1930-07-30) 1930年7月30日
没年月日 (2013-01-04) 2013年1月4日(82歳没)
出生地 アメリカ合衆国の旗 アメリカ合衆国 ペンシルベニア州ビーバーフォールズ英語版
死没地 アメリカ合衆国の旗 アメリカ合衆国 ニュージャージー州ティーネック英語版
職業 俳優、作家
活動期間 1972年 - 2008年
著名な家族 ニック・ヴァレロンガ (息子)

フランク・アンソニー・ヴァレロンガ・SrFrank Anthony Vallelonga Sr., 1930年7月30日 - 2013年1月4日[1])は、トニー・リップTony Lip)という通称で知られていたアメリカ合衆国の俳優、作家である。

HBOのテレビドラマ『ザ・ソプラノズ 哀愁のマフィア』で犯罪王カーマイン・ルパータッチ英語版を演じたことで知られる。この他にも映画『フェイク』ではボナンノ一家フィリップ・ギアコン英語版、『グッドフェローズ』ではルッケーゼ一家のフランチェスコ・マンゾなど実在の犯罪者を演じている。リップは勤め先のニューヨークのナイトクラブのコパカバーナ英語版フランシス・フォード・コッポラルイス・ディジャイモ英語版と出会い、『ゴッドファーザー』での映画デビューに繋がった。また『Shut Up and Eat!』(2005年)という本を共同執筆している。

1960年代初頭にはアフリカ系アメリカ人のクラシックピアニストのドン・シャーリーの運転手兼ボディガードを務めており、その物語は2018年に『グリーンブック』で映画化された[2]

生い立ち[編集]

ペンシルベニア州ビーバーフォールズ英語版でイタリア系の両親のもとに生まれる[3][4]。幼少期に一家でニューヨーク市ブロンクス区の215丁目に移住し、ジョン・ゴッティの近所で暮らした。子供の頃から口が達者だった彼は「リップ」という渾名をつけられた[3]

キャリア[編集]

1951年から1953年まではアメリカ陸軍に所属し、ドイツに駐留した[3]。1961年からはナイトクラブのコパカバーナ英語版メートル・ディやスーパーバイザーとして働き、多数の著名人と知り合った。

1962年から1963年にかけてはピアニストのドン・シャーリーに雇われ、ジム・クロウ・サウスを旅する彼の運転手兼ボディガードとして働いた[5]。彼らの旅は息子のニックが共同脚本・製作を務めた『グリーンブック』(2018年)で映画化され、リップはヴィゴ・モーテンセンが演じた[2]

私生活と死[編集]

リップはニュージャージー州パラマスで暮らし、妻のドロレスとは1999年に彼女が亡くなるまで連れ添った[6]。息子のニックは俳優・脚本家・プロデューサー・映画監督となった。

2013年1月4日にニュージャージー州ティーネック英語版で亡くなった。82歳だった[7]

フィルモグラフィ[編集]

映画[編集]

作品 役名 備考
1972 ゴッドファーザー
The Godfather
結婚式のゲスト クレジット無し
1974 マンハッタン皆殺し作戦
Crazy Joe
マフィア クレジット無し
スーパーコップス
The Super Cops
デトロイトのヒットマン クレジット無し
1975 狼たちの午後
Dog Day Afternoon
Cop at JFK クレジット無し
1980 レイジング・ブル
Raging Bull
ナイトクラバー クレジット無し
1984 パッショネイト 悪の華
The Pope of Greenwich Village
フランキー
1985 イヤー・オブ・ザ・ドラゴン
Year of the Dragon
レニー・カランザ
1987 クロスカウンター/傷だらけのチャンピオン
Heart
マックス
1988 マフィア/最後の祈り
Last Rites
カビー
1989 ロックアップ
Lock Up
ガード
1990 グッドフェローズ
Goodfellas
フランキー
1991 奇跡が降る街
29th Street
ニッキー
1992 イノセント・ブラッド
Innocent Blood
フランク
1993 Who's the Man? ヴィート・パスカル
1994 A Brilliant Disguise ピート
1995 ダブルクロス/陰謀
In the Kingdom of the Blind, the Man with One Eye Is King
パウリー
1997 フェイク
Donnie Brasco
フィリー
1998 A Brooklyn State of Mind バーテンダー
2005 The Signs of the Cross マリオ
2006 オール・イン/エースの法則
All In
ダークマン
2008 ベルベット・スパイダー
Stiletto
ガス

テレビシリーズ[編集]

作品 役名 備考
1992 ロー&オーダー
Law & Order
ドク 第3シーズン第9話「揺らいだ中立性」
1996 エディ・マローズ 第6シーズン第10話「30年前の真相」
2001-2007 ザ・ソプラノズ 哀愁のマフィア
The Sopranos
カーマイン・ルパータッチ英語版 計10話出演

参考文献[編集]

  1. ^ Paramus Sopranos actor marks 80th birthday”. northjersey.com (2010年8月1日). 2013年12月3日時点のオリジナルよりアーカイブ。2019年3月5日閲覧。
  2. ^ a b Diamond, Anna (December 2018). "The True Story of the 'Green Book' Movie". Smithsonian Magazine. Retrieved December 2, 2018.
  3. ^ a b c Coutros, Evonne (2003年2月9日). “Who's The Boss Now?”. The Record (Hackensack, New Jersey): p. 14. https://www.newspapers.com/clip/28153062/tony_lip_article_page_2/ 2019年2月8日閲覧。 
  4. ^ Coutros, Evonne (2013年1月5日). “"Tony Lip, 'Sopranos' Mob Boss"”. The Record. https://www.questia.com/newspaper/1P2-36204403/tony-lip-sopranos-mob-boss 2019年1月12日閲覧。 
  5. ^ Kuperinsky, Amy (2019年2月24日). “Oscars 2019: 'Green Book' writer from N.J. wins best original screenplay despite criticism of film”. NJ.com. 2019年3月5日閲覧。
  6. ^ Coutros, Evonne (2008年4月). “That Was Show Biz: Bill Miller’s Riviera nightclub was a stage for top talent”. (201) Magazine. 2010年11月20日時点のオリジナルよりアーカイブ。2010年1月11日閲覧。
  7. ^ Associated Press (2013年1月5日). “Actor Tony Lip Dies At Age Of 82, Known For Portraying Carmine Lupertazzi In HBO's The Sopranos”. CBS News New York. 2013年1月6日閲覧。