トマス・オズボーン (第4代リーズ公爵)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ハイランドの服装を着るトマス・オズボーン、ハンス・ヒジング英語版作、1726年。
第4代リーズ公爵の紋章

第4代リーズ公爵トマス・オズボーン英語: Thomas Osborne, 4th Duke of Leeds KG PC DL FRS1713年11月6日1789年3月23日)は、グレートブリテン王国の貴族、政治家、裁判官。1713年から1729年までダンビー伯爵儀礼称号を、1729年から1731年までカーマーゼン侯爵の儀礼称号を使用した。

生涯[編集]

第3代リーズ公爵ペレグリン・オズボーンと1人目の妻エリザベス(初代オックスフォード=モーティマー伯爵ロバート・ハーレーの娘)の長男として生まれ[1]ウェストミンスター・スクールオックスフォード大学クライスト・チャーチ(1731年入学)で教育を受けた[2]。1731年に父の死去に伴い爵位を継承、1738年に民法学博士英語版の学位を修得[2]、1739年に王立協会フェローに選出された[3]

1748年に寝室侍従英語版になり、同年11月に南トレント巡回裁判官英語版に任命された[4]。1749年6月にガーター勲章を授与され、1756年に巡回裁判官を辞任して王室会計長官英語版に任命された[5]。1757年に枢密顧問官に任命され、1761年に北トレント巡回裁判官英語版に任命され1774年まで務めた[4](巡回裁判官への再就任にあたって王室会計長官を辞任した)。また、ウェスト・ライディング・オブ・ヨークシャー副知事も務めた[6]

1789年にセント・ジェームズ・スクエア英語版で死去、ハートヒルの諸聖人教会英語版に埋葬された[2]。長男と次男に先立たれたため、三男フランシスが爵位を継承した[1]

家族[編集]

1740年6月26日、第2代ゴドルフィン伯爵フランシス・ゴドルフィンの娘メアリー・ゴドルフィン英語版と結婚、3男1女をもうけた[1]

脚注[編集]

  1. ^ a b c Debrett, John (1828) (英語). Debrett's Peerage of the United Kingdom of Great Britain and Ireland. vol. I (17th ed.). London: G. Woodfall. p. 19. 
  2. ^ a b c Cokayne, George Edward (1887) (英語). Complete Peerage of England, Scotland, Ireland, Great Britain and the United Kingdom. vol. V. London: George Bell & Sons. p. 37. 
  3. ^ Royal Society – Library and Archive catalogue” (英語). 2009年7月30日閲覧。
  4. ^ a b Collins, Arthur (1812). Sir Egerton Brydges. ed (英語). Collins's Peerage of England. vol. I. London: F. C. and J. Rivington et al.. p. 260. 
  5. ^ Haydn, Joseph (1851) (英語). Beatson's Political Index modernised: The Book of Dignities; Containing Rolls of the Official Personages of the British Empire. London: Longman, Brown, Green and Longman's. p. 214. 
  6. ^ Doyle, James Edmund (1886) (英語). The Official Baronage of England. vol. II. London: Longmans, Green & Co.. pp. 329. 
司法職
先代:
ハリファックス伯爵
巡回裁判官英語版
南トレント

1748年 – 1756年
次代:
サンズ男爵
先代:
サンズ男爵
巡回裁判官英語版
北トレント

1761年 – 1774年
次代:
スタンマーのペラム男爵
公職
先代:
サー・ジョージ・リトルトン準男爵英語版
王室会計長官英語版
1756年 – 1761年
次代:
ジェームズ・グレンヴィル英語版
イングランドの爵位
先代:
ペレグリン・オズボーン
リーズ公爵
1731年 – 1789年
次代:
フランシス・オズボーン
オズボーン男爵
繰上勅書により)

1731年 – 1776年