トマス・ニコルソン (第4代ネイピア卿)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

第4代ネイピア卿トマス・ニコルソン英語: Thomas Nicolson, 4th Lord Napier1669年1月14日1686年6月9日)は、スコットランド貴族

生涯[編集]

第3代準男爵トマス・ニコルソンとジーン・ネイピア(Jean Napier、1680年没、第2代ネイピア卿アーチボルド・ネイピア英語版の娘)の息子として、1669年1月14日に生まれた[1]。1670年1月20日に父から準男爵位を継承した[1]

1683年8月に母の兄弟アーチボルドが死去すると、ネイピア卿の爵位を継承した[1]

1686年6月9日に生涯未婚のまま死去、ネイピア卿は母の妹マーガレット[1]、準男爵は父方の祖父の弟ジョンの息子トマスが継承した。

出典[編集]

  1. ^ a b c d Cokayne, George Edward, ed. (1895). Complete peerage of England, Scotland, Ireland, Great Britain and the United Kingdom, extant, extinct or dormant (N to R) (in English). 6 (1st ed.). London: George Bell & Sons. p. 5.
スコットランドの爵位
先代:
アーチボルド・ネイピア
ネイピア卿
1683年 – 1686年
次代:
マーガレット・ブリスベン
スコットランドの準男爵
先代:
トマス・ニコルソン
(カーノックの)準男爵
1670年 – 1686年
次代:
トマス・ニコルソン