トマス・ハワード (第3代エフィンガム伯爵)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索

第3代エフィンガム伯爵トマス・ハワード: Thomas Howard, 3rd Earl of Effingham, PC1746年1月13日 - 1791年11月19日)は、イギリスの貴族。

経歴[編集]

1746年1月13日、第2代エフィンガム伯爵トマス・ハワード英語版とその妻エリザベス(旧姓ベックフォード)の間の長男として生まれる[1]

1763年11月19日に父が死去し、第3代エフィンガム伯爵位を継承した[1][2]

1777年から1782年にかけて副軍務伯に就任し、1782年には枢密顧問官(PC)に列する[1]。1782年から1789年にかけてはフリーメイソンイングランド首位グランドロッジ英語版で副グランドマスターを務めた[1]。1782年から1783年にかけて王室会計官英語版、1784年から1789年までは造幣局長英語版、1789年から1791年にかけてジャマイカ総督(Governor of Jamaica)を務めた[1]

1791年11月19日に死去した[2]。キャサリン・プロクターと結婚していたが、子供はなく、爵位は弟のリチャード・ハワード英語版が継承した[1]

栄典[編集]

爵位[編集]

  • サリー州における第3代エフィンガム伯爵 (3rd Earl of Effingham in the County of Surrey)
(1731年創設グレートブリテン貴族爵位)[2][1]
  • サリー州におけるエフィンガムのエフィンガムの第10代ハワード男爵 (10th Baron Howard of Effingham, of Effingham in the County of Surrey)
(1554年創設イングランド貴族爵位)[2][3]

脚注[編集]

出典[編集]

  1. ^ a b c d e f g Heraldic Media Limited. “Effingham, Earl of (GB, 1731 - 1816)” (英語). Cracroft's Peerage The Complete Guide to the British Peerage & Baronetage. 2015年10月6日閲覧。
  2. ^ a b c d Lundy, Darryl. “Thomas Howard, 3rd Earl of Effingham” (英語). thepeerage.com. 2015年10月6日閲覧。
  3. ^ Heraldic Media Limited. “Howard of Effingham, Baron (E, 1553/4)” (英語). Cracroft's Peerage The Complete Guide to the British Peerage & Baronetage. 2015年10月6日閲覧。


官職
先代:
アルレッド・クラーク英語版
ジャマイカ総督
1790年–1791年
次代:
アダム・ウィリアムソン
公職
先代:
第4代スカーバラ伯爵英語版
副軍務伯
1777年–1782年
次代:
サリー伯爵
先代:
クランボーン子爵
王室会計官英語版
1782年–1783年
次代:
チャールズ・フランシス・グランヴィル英語版
先代:
チャールズ・カドガン英語版
造幣局長英語版
1784年–1789年
次代:
第5代チェスターフィールド伯爵英語版
イングランドの爵位
先代:
トマス・ハワード英語版
第3代エフィンガム伯爵
1763年–1791年
次代:
リチャード・ハワード英語版