トマス・ペラム (第2代チチェスター伯爵)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
第2代チチェスター伯爵
トマス・ペラム
Thomas Pelham
2nd Earl of Chichester
2ndEarlOfChichester.jpg
生年月日 1756年4月28日
出生地 グレートブリテン王国の旗 グレートブリテン王国イングランドロンドンスプリング・ガーデンズ英語版
没年月日 (1826-07-04) 1826年7月4日(70歳没)
死没地 イギリスの旗 イギリス・イングランド・ロンドン・ストラトン・ストリート英語版
出身校 ケンブリッジ大学クレア・カレッジ英語版
所属政党 ホイッグ党トーリー党
称号 第2代チチェスター伯爵アイルランド枢密顧問官英語版(PC(Ire))、枢密顧問官(PC)
配偶者 メアリー(旧姓オズボーン)
親族 初代チチェスター伯(父)

内閣 アディントン内閣
在任期間 1801年7月30日 - 1803年8月17日

グレートブリテン王国の旗 イギリス庶民院議員
選挙区 サセックス選挙区英語版
在任期間 1780年 - 1801年

Arms of Ireland (historical).svg アイルランド庶民院議員
選挙区 キャリック選挙区英語版
クローガー選挙区英語版
アーマー・バラ選挙区英語版
在任期間 1783年 - 1790年
1795年 - 1798年
1798年 - 1799年

イギリスの旗 イギリス貴族院議員
在任期間 1801年6月1日 - 1826年7月4日[1]
テンプレートを表示

第2代チチェスター伯爵トマス・ペラム: Thomas Pelham, 2nd Earl of Chichester, PC, PC(Ire), FRS1756年4月28日 - 1826年7月4日)は、イギリス及びアイルランドの政治家・貴族。

経歴[編集]

1756年4月28日、後にチチェスター伯爵に叙せられるトマス・ペラムとその妻アン(旧姓フランクランド)の間の長男としてロンドンのスプリング・ガーデンズ英語版に生まれる[2][3]

ウェストミンスター・スクールを経てケンブリッジ大学クレア・カレッジ英語版へ進学し、1775年にマスター・オブ・アーツ英語版の学位を取得した[2][3]

1780年から1801年にかけてサセックス選挙区英語版から選出されてイギリス議会の庶民院議員を務める。また1783年から1790年にかけてはキャリック選挙区英語版1795年から1798年にかけてはクローガー選挙区英語版1798年から1799年にかけてはアーマー・バラ選挙区英語版から選出されてアイルランド議会でも庶民院議員を務める[2][3]

1783年にアイルランドの枢密顧問官英語版1795年にイギリスの枢密顧問官に列する[2][3]

1801年6月にはいまだ父が存命中ながら繰上勅書により第3代スタンマーのペラム男爵を継承して貴族院へ移籍した[3]

1782年から1783年にかけては補給庁副長官英語版を務め、ついで1783年から1784年1795年から1798年にかけてはアイルランド担当大臣英語版を務めた。1801年から1803年にかけてはヘンリー・アディントン(後のシドマス子爵)の内閣英語版内務大臣、ついでランカスター公領大臣を務める[2][3]

1805年1月8日に父の死により第2代チチェスター伯爵位を継承する。1807年から1826年までの長期にわたって郵政長官英語版を務めた[2][3]

1826年7月4日にロンドンのストラトン・ストリート英語版で死去した[2]

栄典[編集]

爵位・準男爵位[編集]

家族[編集]

1801年7月、第5代リーズ公爵フランシス・オズボーンの娘メアリーと結婚し、彼女との間に以下の6子を儲ける[2]

  • 第1子(長男)ヘンリー・トマス・ペラム (1804-1886) : 第3代チチェスター伯爵
  • 第2子(長女)アメリア・ローズ・ペラム (1806-1884) : ジョシュア・ジェブ英語版と結婚。
  • 第3子(次男)フレデリック・トマス・ペラム英語版 (1808-1861) : 海軍軍人。中将。
  • 第4子(三男)ジョン・トマス・ペラム英語版 (1811-1894) : イングランド国教会聖職者。ノリッジ主教英語版
  • 第5子(次女)キャサリン・ジョージアナ・ペラム (1814-1885) : ローザー・バリントンと結婚。
  • 第6子(三女)アン・ペラム (1815-1901) : 第2代準男爵サー・デイヴィッド・バーネット・デュンダスと結婚。

脚注[編集]

出典[編集]

  1. ^ UK Parliament. “Mr Thomas Pelham” (英語). HANSARD 1803–2005. 2014年8月25日閲覧。
  2. ^ a b c d e f g h Lundy, Darryl. “Thomas Pelham, 2nd Earl of Chichester” (英語). thepeerage.com. 2015年8月25日閲覧。
  3. ^ a b c d e f g "Pelham, the Hon.Thomas. (PLHN773T)". A Cambridge Alumni Database (in English). University of Cambridge.
グレートブリテン議会英語版
先代:
ジョージ・ヘンリー・レノックス卿英語版
サー・トマス・スペンサー・ウィルソン英語版
サセックス選挙区英語版
選出庶民院議員

1780年1801年英語版
同一選挙区同時当選者
ジョージ・ヘンリー・レノックス卿英語版 (1780–1790)
チャールズ・レノックス (1790–1801)
次代:
連合王国議会へ
アイルランド議会
先代:
ロバート・ティグ
エドワード・キング
キャリック選挙区英語版
選出庶民院議員

1783年 – 1790年
同一選挙区同時当選者
ジョージ・サンドフォード英語版(1783)
エドワード・キング (1783–1790)
次代:
エドワード・キング
ナサニエル・クレメンツ英語版
先代:
サックヴィル・ハミルトン英語版
リチャード・タウンゼンド・ハーバート
クローガー選挙区英語版
選出庶民院議員

1795年 – 1798年
同一選挙区同時当選者
リチャード・タウンゼンド・ハーバート
次代:
サー・ジョン・タイド初代準男爵
トマス・バー
先代:
ロバート・ホバート英語版
サックヴィル・ハミルトン英語版
アーマー・バラ選挙区英語版
選出庶民院議員

1798年 – 1799年
同一選挙区同時当選者
パトリック・デュイジーナン英語版
次代:
パトリック・デュイジーナン英語版
ジェラルド・レイク英語版
グレートブリテンおよびアイルランド連合王国議会
先代:
グレートブリテン議会へ
サセックス選挙区英語版
選出庶民院議員

1801年英語版
同一選挙区同時当選者
チャールズ・レノックス
次代:
チャールズ・レノックス
ジョン・フラー英語版
軍職
先代:
チャールズ・フレデリック英語版
補給庁副長官英語版
1782年–1783年
次代:
ジョン・コートネイ英語版
公職
先代:
ウィリアム・ウィンダム英語版
アイルランド担当大臣英語版
1783年1784年
次代:
トマス・オード英語版
先代:
ミルトン子爵英語版
アイルランド担当大臣
1795年–1798年
次代:
カスルリー子爵
先代:
第3代ポートランド公爵
内務大臣
1801年1803年
次代:
チャールズ・フィップス・ヨーク英語版
先代:
初代リヴァプール伯爵英語版
ランカスター公領大臣
1803年–1804年
次代:
初代マルグレイヴ男爵
先代:
第4代アイルズフォード伯爵英語版
近衛ヨーマン隊長英語版
1804年
次代:
第4代マクルズフィールド伯爵英語版
先代:
不詳
郵政長官英語版
1807年–1826年
次代:
フレデリック・モンタギュー卿英語版
イギリスの爵位
先代:
トマス・ペラム
第2代チチェスター伯爵
1805年1826年
次代:
ヘンリー・ペラム
グレートブリテンの爵位
先代:
トマス・ペラム
第3代スタンマーのペラム男爵
(繰上勅書により父存命中に継承)

1801年1826年
次代:
ヘンリー・ペラム