トマス・ポッゲ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
Thomas Pogge (2014)

トマス・ポッゲ(Thomas Winfried Menko Pogge、1953年8月13日 - )は、アメリカ合衆国哲学者イェール大学教授。専門は政治哲学

ハンブルク大学卒業後、ハーバード大学大学院でジョン・ロールズに師事し博士号取得。コロンビア大学助教授・准教授・教授を経て、2008年から現職。

ロールズの正義論が国内社会に限定された議論である点を批判し、グローバルな不平等貧困問題、腐敗環境問題の解決に向けた正義論を提唱している。

著書[編集]

単著[編集]

  • Realizing Rawls, (Cornell University Press, 1989).
  • World Poverty and Human Rights: Cosmopolitan Responsibilities and Reforms, (Polity Press, 2002, 2nd ed., 2008).
「なぜ遠くの貧しい人への義務があるのか―世界的貧困と人権」立岩真也訳 生活書院 2010年 ISBN 9784903690520
  • John Rawls: his Life and Theory of Justice, trans. by Michelle Kosch, (Oxford University Press, 2007).
ドイツ語初版の John Rawls, (C.H. Beck, 1994) の英訳.

編著[編集]

  • Global Justice, (Blackwell, 2001).
  • Freedom from Poverty as a Human Right: Who Owes What to the Very Poor?, (Oxford University Press, 2007).

共編著[編集]

  • Rights, Culture, and the Law: Themes from the Legal and Political Philosophy of Joseph Raz, co-edited with Lukas H. Meyer and Stanley L. Paulson, (Oxford University Press, 2003).
  • Global Institutions and Responsibilities: Achieving Global Justice, co-edited with Christian Barry, (Blackwell, 2005).
  • Real World Justice: Grounds, Principles, Human Rights, and Social Institutions, co-edited with Andreas Follesdal, (Springer, 2005).
  • A Companion to Contemporary Political Philosophy, 2 vols., co-edited with Robert E. Goodin and Philip Pettit, ( Blackwell, 2007).
  • Global Ethics: Seminal Essays, co-edited with Keith Horton, (Paragon House, 2008).