トマス・ライダー (庶民院議員)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

トマス・ライダー英語: Thomas Ryder1731年頃 – 1812年11月2日)は、イギリスの庶民院議員。王座裁判所主席裁判官英語版ダドリー・ライダー英語版は異母兄にあたる。

生涯[編集]

リチャード・ライダー(Richard Ryder)とアン・ロマックス(Anne Lomax、トマス・ロマックスの娘)の息子として[1]、1731年頃にロンドンで生まれた。1749年11月20日にリンカーン法曹院に入学、1751年10月8日にケンブリッジ大学クレア・カレッジ英語版に入学した後、1757年に弁護士資格免許を取得した[2]

1755年にティヴァートン選挙区英語版選出の庶民院議員第4代準男爵サー・ウィリアム・ヨング英語版が死去すると、与党の支持を受けてライダー家の候補が当選する運びとなったが(トマスの兄ダドリー英語版は与党の支持を受けてティヴァートン選挙区での影響力を増やした)[3]、本命のナサニエル・ライダー英語版が未成年だったためトマスが穴埋めとして出馬、当選を果たした[1]。翌年にナサニエルが成人すると、トマスは辞任して議席をナサニエルに譲った[3]

1812年11月2日にハートフォードシャーボヴィンドン英語版で死去、同地で埋葬された[2]。生涯未婚だった[1]

出典[編集]

  1. ^ a b c Brooke, John (1964). "RYDER, Thomas (c.1731-1812), of Bovingdon, Herts.". In Namier, Sir Lewis; Brooke, John. The House of Commons 1754-1790 (in English). The History of Parliament Trust. Retrieved 7 December 2019.
  2. ^ a b "Thomas RYDER (RDR751T)". A Cambridge Alumni Database (in English). University of Cambridge.
  3. ^ a b Brooke, John (1964). "Tiverton". In Namier, Sir Lewis; Brooke, John. The House of Commons 1754-1790 (in English). The History of Parliament Trust. Retrieved 7 December 2019.
グレートブリテン議会英語版
先代:
サー・ウィリアム・ヨング準男爵英語版
ヘンリー・ペラム英語版
庶民院議員(ティヴァートン選挙区英語版選出)
1755年 – 1756年
同職:ヘンリー・ペラム英語版
次代:
ナサニエル・ライダー英語版
ヘンリー・ペラム英語版