トマトジュースで追いかえすのかい

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
トマトジュースで追いかえすのかい
大塚博堂シングル
初出アルバム『感傷
B面 処女(おとめ)よ
リリース
ジャンル J-POP
レーベル 東芝EMI
大塚博堂 シングル 年表
Never Could Say Good-bye
(1981年)
トマトジュースで追いかえすのかい
(1981年)
収録アルバム感傷
春は横顔
(1)
トマトジュースで追いかえすのかい
(2)
処女(おとめ)よ
(3)
テンプレートを表示

トマトジュースで追いかえすのかい」(トマトジュースでおいかえすのかい)は、大塚博堂の曲である。1981年2月21日発売のアルバム『感傷』に収録され、没後の同年7月21日にシングルとしても発売された。

エピソード[編集]

  • この曲は、東京音楽祭に出場した曲である。
  • 博堂が生きていた場合、次のシングルになる予定の曲だった。
  • 梓みちよが、1982年にカバー・シングルを出した。(後述

収録曲[編集]

  • トマトジュースで追いかえすのかい (作詞:阿久悠 作曲:大塚博堂 編曲:チト河内
  • 処女(おとめ) (作詞:阿久悠 作曲:大塚博堂 編曲:チト河内)

梓みちよのカバー・シングル[編集]

トマトジュースで追いかえすのかい
梓みちよシングル
リリース
ジャンル J-POP
レーベル CBSソニー
梓みちよ シングル 年表
よこがお
(1980年)
トマトジュースで追いかえすのかい
(1982年)
もっと人生を下さい
(1983年)
テンプレートを表示

収録曲[編集]

  • トマトジュースで追いかえすのかい (作詞:阿久悠 作曲:大塚博堂 編曲:後藤次利
  • 裏面 (作詞:島武実 作曲:岡本一生 編曲:後藤次利)