トミー・ラステラ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
トミー・ラステラ
Tommy La Stella
ロサンゼルス・エンゼルス #9
Tommy La Stella on July 16, 2016 (cropped).jpg
カブス時代(2016年7月16日)
基本情報
国籍 アメリカ合衆国の旗 アメリカ合衆国
出身地 ニュージャージー州バーゲン郡クロスター英語版
生年月日 (1989-01-31) 1989年1月31日(30歳)
身長
体重
5' 11" =約180.3 cm
185 lb =約83.9 kg
選手情報
投球・打席 右投左打
ポジション 二塁手三塁手
プロ入り 2011年 MLBドラフト8巡目(全体266位)でアトランタ・ブレーブスから指名
初出場 2014年5月28日 ボストン・レッドソックス
年俸 $1,350,000(2019年)[1]
経歴(括弧内はプロチーム在籍年度)

トーマス・F・ラステラThomas F. La Stella, 1989年1月31日 - )は、アメリカ合衆国ニュージャージー州バーゲン郡クロスター英語版出身のプロ野球選手内野手)。右投左打。MLBロサンゼルス・エンゼルス所属。

経歴[編集]

プロ入りとブレーブス時代[編集]

2011年MLBドラフト8巡目(全体266位)でアトランタ・ブレーブスから指名され、プロ入り。契約後、傘下のA級ローム・ブレーブス英語版でプロデビュー。63試合に出場して打率.328、9本塁打、40打点、2盗塁を記録した。

2012年はA+級リンチバーグ・ヒルキャッツとルーキー級ガルフ・コーストリーグ・ブレーブスでプレー。A+級リンチバーグでは85試合に出場して打率.302、5本塁打、56打点、13盗塁を記録した。

2013年はA+級リンチバーグで7試合に出場後、5月にAA級ミシシッピ・ブレーブスへ昇格。81試合に出場して打率.343、4本塁打、41打点、7盗塁を記録した。オフにはアリゾナ・フォールリーグに参加し、スコッツデール・スコーピオンズに所属。16試合に出場して打率.290、1本塁打、10打点、1盗塁を記録した。同リーグが選出する「トッププロスペクト・チーム」に二塁手として選ばれた[2]。11月にはMiLBとTopps社が選出するAA級のオールスターチームに二塁手として選ばれた[3]

2014年はAAA級グウィネット・ブレーブスで開幕を迎えた。47試合に出場して打率.293、1本塁打、23打点、1盗塁と結果を残し、5月28日にブレーブスとメジャー契約を結んでアクティブ・ロースター入りした[4]。同日のボストン・レッドソックス戦でメジャーデビュー。「8番・二塁手」で先発起用され、4打数2安打だった[5]

カブス時代[編集]

2014年11月16日にアローディス・ビスカイーノとのトレードで、シカゴ・カブスへ移籍した[6]

2016年1月29日に背番号を2に変更した。同年は控え内野手として、74試合に出場。打率.270、2本塁打、11打点という成績を残した。

エンゼルス時代[編集]

2018年11月29日に金銭または後日発表選手とのトレードで、ロサンゼルス・エンゼルスへ移籍した[7]

プレースタイル[編集]

選球眼に優れ、出塁率の高いのが特徴である[8]。また、左打ちの打者ながら左投手に強く、2014年は対左打率.311という高率をマークしている[8]

詳細情報[編集]

年度別打撃成績[編集]

















































O
P
S
2014 ATL 93 360 319 22 80 16 1 1 101 31 2 1 3 1 36 2 1 40 8 .251 .328 .317 .644
2015 CHC 33 75 67 4 18 6 0 1 27 11 2 0 0 1 5 0 1 7 1 .269 .324 .403 .727
2016 74 169 148 17 40 12 1 2 60 11 0 1 0 0 18 1 2 27 2 .270 .357 .405 .763
2017 73 151 125 18 36 8 0 5 59 22 0 0 0 2 20 1 2 18 3 .288 .389 .472 .861
2018 123 192 169 23 45 8 0 1 56 19 0 1 0 0 17 1 2 27 5 .266 .340 .331 .672
MLB:5年 396 947 828 84 219 50 2 10 303 94 4 3 3 4 96 5 8 119 19 .264 .345 .366 .711
  • 2018年度シーズン終了時

年度別守備成績[編集]



二塁(2B) 三塁(3B) 一塁(1B)




































2014 ATL 88 146 216 6 54 .984 - -
2015 CHC 14 12 33 0 4 1.000 12 3 3 1 0 .857 -
2016 9 11 9 1 2 .952 33 12 32 4 4 .917 -
2017 21 27 26 1 13 .981 18 9 14 0 0 1.000 1 0 0 0 0 .---
2018 15 12 19 1 3 .969 26 3 24 3 4 .900 -
MLB 147 208 303 9 76 .983 89 27 73 8 8 .926 1 0 0 0 0 .---
  • 2018年度シーズン終了時

記録[編集]

背番号[編集]

  • 7(2014年)
  • 11(2015年)
  • 2(2016年 - 2018年)
  • 9(2019年 - )

脚注[編集]

  1. ^ Tommy La Stella Contract Details, Salaries, & Earnings” (英語). Spotrac. 2019年1月20日閲覧。
  2. ^ Fall League names Top Prospects Team”. MiLB.com. Minor League Baseball (2013年12月9日). 2014年5月29日閲覧。
  3. ^ Pair of Cubs head Double-A All-Stars”. MiLB.com. Minor League Baseball (2013年11月12日). 2016年1月30日閲覧。
  4. ^ Zach Dillard (2014年5月28日). “Braves promote 2B prospect Tommy La Stella to majors”. FOX Sports. 2016年1月30日閲覧。
  5. ^ Scores for May 28, 2014”. ESPN (2014年5月28日). 2016年1月30日閲覧。
  6. ^ Braves reacquire Vizcaino, add to international budget
  7. ^ エンゼルス、カブスからラステラをトレードで獲得”. 日刊スポーツ (2018年11月30日). 2018年12月2日閲覧。
  8. ^ a b 友成那智、村上雅則『メジャーリーグ・完全データ選手名鑑2015』廣済堂出版、2015年、403頁。ISBN 978-4-331-51921-9。

関連項目[編集]