トミー・レイン

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
トミー・レイン
Tommy Layne
ロサンゼルス・ドジャース (マイナー)
Tommy Layne on May 1, 2015.jpg
ボストン・レッドソックス時代
(2015年5月1日)
基本情報
国籍 アメリカ合衆国の旗 アメリカ合衆国
出身地 ミズーリ州セントルイス
生年月日 (1984-11-02) 1984年11月2日(34歳)
身長
体重
6' 2" =約188 cm
190 lb =約86.2 kg
選手情報
投球・打席 左投左打
ポジション 投手
プロ入り 2007年 MLBドラフト26巡目(全体793位)でアリゾナ・ダイヤモンドバックスから指名
初出場 2012年8月14日 アトランタ・ブレーブス
経歴(括弧内はプロチーム在籍年度)
国際大会
代表チーム イタリアの旗 イタリア
WBC 2017年

トーマス・ケビン・レインThomas Kevin Layne, 1984年11月2日 - )は、アメリカ合衆国ミズーリ州セントルイス出身のプロ野球選手投手)。左投左打。MLBロサンゼルス・ドジャース傘下所属。

経歴[編集]

プロ入りとダイヤモンドバックス傘下時代[編集]

2007年MLBドラフト26巡目(全体793位)でアリゾナ・ダイヤモンドバックスから指名され、6月11日に契約。この年は傘下のパイオニアリーグのルーキー級ミズーラ・オスプレイ英語版でプロデビュー。16試合に先発登板して4勝8敗・防御率4.63・66奪三振の成績を残した。

2008年はA級サウスベンド・シルバーホークス英語版でプレーし、35試合(先発13試合)に登板して6勝5敗・防御率3.44・71奪三振の成績を残した。

2009年はまずA+級バイセイリア・ローハイドでプレーし、29試合(先発4試合)に登板して4勝2敗・防御率2.86・43奪三振の成績を残した。8月にAA級モービル・ベイベアーズへ昇格。6試合に先発登板して0勝3敗・防御率4.94・24奪三振の成績を残した。

2010年はAA級モービルでプレーし、26試合に先発登板して12勝7敗・防御率3.74・91奪三振の成績を残した。

2011年はAA級モービルとAAA級リノ・エーシズでプレー。AAA級リノでは32試合(先発15試合)に登板して10勝7敗・防御率6.21・56奪三振の成績を残した。

2012年はAAA級リノでプレーし、5試合(先発4試合)に登板して0勝2敗・防御率10.35・14奪三振の成績を残した。

パドレス時代[編集]

パドレス時代(2012年9月11日)

2012年5月2日トレードで、サンディエゴ・パドレスへ移籍した。移籍後はAAA級ツーソン・パドレスで5試合に登板したが、0勝2敗・防御率10.35と結果を残せず、6月にAA級サンアントニオ・ミッションズへ降格。AA級サンアントニオでは32試合に登板。8月14日にパドレスとメジャー契約を結び、アクティブ・ロースター入りした[1]。同日のアトランタ・ブレーブス戦でメジャーデビュー。6点ビハインドの8回裏から登板し、1回を無安打無失点に抑えた[2]9月4日ロサンゼルス・ドジャース戦では、同点の延長10回裏から登板し、1回を無安打無失点3奪三振に抑え、直後の11回表にパドレスが勝ち越したため、メジャー初勝利を挙げた[3]。この年メジャーでは26試合に登板して2勝0敗2セーブ・防御率3.24・25奪三振の成績を残した。

2013年3月9日にパドレスと1年契約に合意[4]3月29日にAAA級ツーソンへ異動し、そのまま開幕を迎えた。AAA級ツーソンで19試合に登板後、5月24日にメジャーへ昇格[5]5月26日のダイヤモンドバックス戦に4回1死から登板したが、2.1回を3安打1失点で負け投手となり、翌27日にクレイトン・リチャードが故障から復帰したため、AAA級ツーソンへ降格した[6]6月1日ヒューストン・ストリートが故障で離脱したため、メジャーへ昇格[7]。昇格後は5試合に登板し、計3.1回を無失点に抑えていたが、6月14日にストリートが復帰したため、AAA級ツーソンへ降格[8]6月24日マイルズ・マイコラスが故障で離脱したため、メジャーへ昇格[9]。3試合に登板したが、計1.2回で3失点と2敗目を喫し、6月28日にAAA級ツーソンへ降格した[10]。選手枠が拡張された9月1日に再昇格した[11]。この年は14試合に登板して0勝2敗・防御率2.08・6奪三振の成績を残した。オフの10月25日DFAとなり[12]11月4日40人枠を外れる形でAAA級ツーソンへ降格した[13]11月5日FAとなった。

レッドソックス時代[編集]

2013年11月10日ボストン・レッドソックスとマイナー契約を結んだ。

2014年はAAA級ポータケット・レッドソックスで開幕を迎え、30試合に登板して5勝1敗6セーブ・防御率1.51と好投。7月5日にダブルヘッダーでロースターの枠が空いたため、レッドソックスとメジャー契約を結んでアクティブ・ロースター入りした[14]。同日のボルチモア・オリオールズ戦・ダブルヘッダー第二試合で3点ビハインドの6回2死から登板し、0.2回を無安打無失点に抑え[15]7月6日にAAA級ポータケットへ降格した。8月1日に再昇格した後は、ワンポイントリリーフを中心に30試合に登板。喫した自責点が僅か2、防御率0.95という驚異的な成績を記録した。

2015年は、前年から倍増以上、チームではアレクシー・オガンドと並び最多タイの64試合に投げた。しかし、防御率で自己ワーストの3.97を記録するなど、やや低調だった。

2016年、リリーフ陣の一角として34試合に登板したが、防御率3.77・WHIP1.43と、やや精彩を欠いた。8月2日にDFAとなり、6日に自由契約となった[16]

ヤンキース時代[編集]

2016年8月9日ニューヨーク・ヤンキースと契約した。宿敵のヤンキース加入後は、29試合にリリーフ登板。2勝1セーブ・防御率3.38・WHIP1.06と好投した。シーズントータルでは、63試合のリリーフ登板で2勝1敗1セーブ・防御率3.63・38奪三振という成績だった。

2017年はシーズン前、第4回WBCイタリア代表として参加した。シーズンでは19試合に登板して防御率7.62と不振で、6月11日にDFA[17]、13日に40人枠を外れる形で傘下のAAA級スクラントン・ウィルクスバリ・レイルライダースへ配属された。7月5日に自由契約となった[16]

ドジャース傘下時代[編集]

2017年7月19日ロサンゼルス・ドジャースとマイナー契約を結び、傘下のAAA級オクラホマシティ・ドジャースへ配属された[16]

詳細情報[編集]

年度別投手成績[編集]





















































W
H
I
P
2012 SD 26 0 0 0 0 2 0 2 7 1.000 68 16.2 9 0 3 0 3 25 0 0 6 6 3.24 0.72
2013 14 0 0 0 0 0 2 0 0 .000 39 8.2 10 1 5 0 2 6 1 0 4 2 2.08 1.73
2014 BOS 30 0 0 0 0 2 1 0 9 .667 76 19.0 14 0 8 1 1 14 2 0 4 2 0.95 1.16
2015 64 0 0 0 0 2 1 1 9 .667 207 47.2 41 3 27 2 2 45 1 0 22 21 3.97 1.43
2016 34 0 0 0 0 0 1 0 2 .000 120 28.2 27 1 14 2 1 25 1 0 12 12 3.77 1.43
NYY 29 0 0 0 0 2 0 1 10 1.000 67 16.0 10 2 7 1 2 13 1 0 6 6 3.38 1.06
'16計 63 0 0 0 0 2 1 1 12 .667 187 44.2 37 3 21 3 3 38 2 0 18 18 3.63 1.30
MLB:5年 197 0 0 0 0 8 5 4 37 .615 577 136.2 111 7 64 6 11 128 6 0 54 49 3.23 1.28
  • 2016年度シーズン終了時

背番号[編集]

  • 40(2012年 - 2013年)
  • 59(2014年 - 2016年途中)
  • 39(2016年途中 - 2017年)

代表歴[編集]

脚注[編集]

  1. ^ Padres select LHP Tom Layne from Double-A San Antonio and designate LHP Alex Hinshaw for assignment”. MLB.com Padres Press Release (2012年8月14日). 2014年7月15日閲覧。
  2. ^ Scores for Aug 14, 2012”. ESPN MLB (2012年8月14日). 2014年7月15日閲覧。
  3. ^ Scores for Sep 4, 2012”. ESPN MLB (2012年9月4日). 2014年7月15日閲覧。
  4. ^ Padres agree to terms with 24 players on 2013 contracts”. MLB.com Padres Press Release (2013年3月9日). 2014年7月15日閲覧。
  5. ^ Padres recall LHP Tommy Layne from Triple-A Tucson and option RHP Burch Smith to Tucson”. MLB.com Padres Press Release (2013年5月24日). 2014年7月15日閲覧。
  6. ^ Padres reinstate LHP Clayton Richard from 15-Day DL and option LHP Tommy Layne to AAA Tucson”. MLB.com Padres Press Release (2013年5月27日). 2014年7月15日閲覧。
  7. ^ Padres recall LHP Robbie Erlin and LHP Tommy Layne from Triple-A Tucson and place RHP Huston Street on 15-day DL”. MLB.com Padres Press Release (2013年6月1日). 2014年7月15日閲覧。
  8. ^ Padres reinstate RHP Huston Street from 15-day DL and option LHP Tommy Layne and OF Jaff Decker to Triple-A Tucson”. MLB.com Padres Press Release (2013年6月14日). 2014年7月15日閲覧。
  9. ^ Padres recall LHP Tommy Layne from AAA Tucson and option RHP Miles Mikolas to Tucson”. MLB.com Padres Press Release (2013年6月24日). 2014年7月15日閲覧。
  10. ^ Padres Recall RHP Burch Smith from Triple-A Tucson”. MLB.com Padres Press Release (2013年6月28日). 2014年7月15日閲覧。
  11. ^ Padres recall left-handed pitcher Tommy Layne and catcher Chris Robinson from Triple-A Tucson”. MLB.com Padres Press Release (2013年9月1日). 2014年7月15日閲覧。
  12. ^ Padres reinstate right-handed pitcher Joe Wieland and left-handed pitcher Cory Luebke from 60-day disabled list”. MLB.com Padres Press Release (2013年10月25日). 2014年7月15日閲覧。
  13. ^ Padres announce roster moves”. MLB.com Padres Press Release (2013年11月4日). 2014年7月15日閲覧。
  14. ^ Red Sox Select Left-Handed Pitcher Tommy Layne to Active Roster”. MLB.com Red Sox Press Release (2013年7月5日). 2014年7月15日閲覧。
  15. ^ Scores for Jul 5, 2014”. ESPN MLB (2013年7月5日). 2014年7月15日閲覧。
  16. ^ a b c MLB公式プロフィール参照。2017年7月19日閲覧。
  17. ^ Bryan Hoch (2017年6月11日). “German sent down after solid MLB debut”. MLB.com. 2017年6月13日閲覧。

関連項目[編集]