トムス・86C/トヨタ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

トムス・86C/トヨタは、1986年全日本耐久選手権(後のJSPC)、およびル・マン24時間レース参戦用にトムスが開発したグループCカー。童夢86Cは同型の姉妹車。85Cからの発展型だが、外観はヘッドライトの位置他かなりの変更となった。エンジンは当初は85Cと同じ4T-GT型だったが、ル・マン遠征後の富士500マイルから3S-GT 2.1L直列4気筒ターボに変更された。トムス(2台)、童夢、チームイクザワから計4台が参戦した。

デビュー戦は86年5月の富士1000km。童夢車が終盤まで2位をキープしていたがトラブルで後退、4位で完走。ル・マンでは童夢が終盤まで7位を走行し、日本車初の一桁入賞も期待されたが、その後トラブルで後退。完走目前の23時間目にエンジントラブルでリタイヤとなる不運に見舞われた。帰国後の富士500マイルから3S-G型エンジンを投入(トムスの1台のみ)。デビュー戦ながら中盤まで独走するも、結局リタイヤ。WEC-JAPANでは童夢、イクザワも3S-Gを搭載。予選で3S-G用専用シャシーを投入したトムスが、翌年からF1進出が決まっていた中嶋悟の手により2位以下を2秒近く離すダントツのタイムでトップタイムをマークするも、Tカーでのタイムと言うことで無効となり国産Cカー初のポールポジション獲得とはならなかった(決勝は9位)。

勝利をあげることはできなかったが、86Cの実績は翌年型のトヨタ87Cに生かされることになる。

なお翌1987年以降、この86CシャシーにフォードDFLエンジンを搭載するマシンが、米山二郎の手によりJSPCのC2クラスに参戦する。

今日は何の日(9月20日

もっと見る