トム・アダムス (イラストレーター)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索

トム・アダムス(Tom Adams、1926年 - )は、アメリカ合衆国イラストレーター

アダムスの最も有名な仕事は、1970年代に出版されたアガサ・クリスティ作品のペーパーバックのカバーデザインであった[1]。彼は、レイモンド・チャンドラー作品も、いくつかカバーをデザインしたものがあった[2]。ハードカバーの書籍に挿画などを提供した例としては、ジョン・ファウルズの『コレクター』、『魔術師 (The Magus)』、『フランス軍中尉の女 (The French Lieutenant's Woman)』がある[3]。さらに、パトリック・ホワイトの『生体解剖者 (The Vivisector)』[4]デヴィッド・ストーリー英語版の『サヴィルの青春 (Saville)』、ピーター・ストラウブの『ゴースト・ストーリー (Ghost Story[5]キングズリー・エイミスの『孫大佐 (Colonel Sun)』[6]などのカバーも制作した。

アダムズは、ルー・リードの最初のソロ・アルバム『ロックの幻想 (Lou Reed)』のカバーもデザインした。

これまでに、作品集が2点出版されており、1981年の『Tom Adam's Agatha Christie Cover Story』(ペーパー・タイガー・ブックス英語版)は、アメリカ合衆国では『Agatha Christie: The Art of Her Crimes』と改題され、『アガサ・クリスティー イラストレーション』という題で邦訳が早川書房から刊行されている。2015年には『Tom Adams Uncovered』(ハーパーコリンズ)が出版された。

影響[編集]

エルキュール・ポアロが登場するミステリー『雲をつかむ死 (Death in the Clouds)』のフォンタナ・ブックス (Fontana Books) 版のデザインはアダムスが担当し、巨大なハチ(蜂)が描かれたが、これは2008年に放送されたテレビ・シリーズ『ドクター・フー』のエピソード「The Unicorn and the Wasp」にインスピレーションを与えた。このエピソードの中には、アダムスがカバーを描いたこの本が映し出される。

脚注[編集]

  1. ^ Symons, Julian (November 1981). Agatha Christie: The Art of Her Crimes. Everest House. ISBN 0-89696-144-3. 
  2. ^ Scott Dutton (2009年1月25日). “Raymond Chandler by Tom Adams”. thewaterworks.ca. 2010年2月22日閲覧。
  3. ^ Bob Goosmann (2004年1月). “Collecting John Fowles”. fowlesbooks.com. 2010年2月22日閲覧。
  4. ^ Ross Burnet. “A White Bibliography”. burnetsbooks.com.au. 2010年2月22日閲覧。
  5. ^ Rick Kleffel (2002年3月18日). “Lonely Old Men”. trashotron.com. 2010年2月22日閲覧。
  6. ^ Colonel Sun (1968)”. mi6-hq.com. 2010年2月22日閲覧。