トム・エバンス (野球)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
トム・エバンス
Tom Evans
基本情報
国籍 アメリカ合衆国の旗 アメリカ合衆国
出身地 ワシントン州カークランド[1]
生年月日 (1974-07-09) 1974年7月9日(43歳)
身長
体重
6' 1" =約185.4 cm
200 lb =約90.7 kg
選手情報
投球・打席 右投右打
ポジション 三塁手
プロ入り 1992年 MLBドラフト4巡目
初出場 MLB / 1997年9月2日
NPB / 2001年6月20日
最終出場 MLB / 2000年5月10日
NPB / 2002年10月30日
経歴(括弧内はプロチーム在籍年度)

トーマス・ジョン・エバンスThomas John Evans , 1974年7月9日 - )は、アメリカ合衆国ワシントン州出身の元プロ野球選手内野手)。

経歴[編集]

MLB時代[編集]

1992年MLBドラフト4巡目(全体の121番目)でトロント・ブルージェイズに指名され契約。1997年メジャー初昇格。2000年テキサス・レンジャーズでメジャー再昇格。

阪神時代[編集]

デトロイト・タイガース傘下の3Aトレドを経て、2001年6月に阪神タイガースに入団、背番号は前年まで新庄剛志がつけていた「5」。その年は30安打、2本塁打と打撃成績は芳しくなかったものの守備固め等で活躍した[1]2002年は背番号を「59」に変更するもジョージ・アリアスデリック・ホワイトの台頭で一軍出場がなく、同年5月、橋本武広との交換トレード西武ライオンズに移籍[1]

西武時代[編集]

阪神ではほとんど実績を残せていなかったが、西武ではマイナス印象を払拭させる勝負強い打撃を見せ、リーグ優勝に貢献した。

読売ジャイアンツとの日本シリーズでは最後の打者になっている(河原純一から三振)。

しかし、トレードの要因となったスコット・マクレーン、あるいはポジションが重なる平尾博嗣の故障が完治して復活したこともあって、同年限りで解雇された[1]

マイナー・メキシカンリーグ時代[編集]

2005年は禁止薬物に陽性反応を示し、マイナーリーグの15試合の出場停止処分を受けた。

2006年メキシカンリーグでプレーし、同年限りで現役引退。

詳細情報[編集]

年度別打撃成績[編集]

















































O
P
S
1998 TOR 12 41 38 7 11 2 0 1 16 2 0 1 0 0 2 0 1 2 10 .289 .341 .421 .763
1999 7 11 10 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 1 0 0 2 0 .000 .091 .000 .091
2000 TEX 23 67 54 10 15 4 0 0 19 5 0 3 1 1 10 0 1 13 1 .278 .394 .352 .746
2001 阪神 39 148 124 7 30 4 0 2 40 14 1 0 0 1 21 0 2 36 7 .242 .358 .323 .681
2002 西武 78 294 242 37 61 14 1 15 122 45 0 3 0 2 42 2 8 93 2 .252 .378 .504 .882
MLB:3年 42 119 102 17 26 6 0 1 35 7 0 4 1 1 13 0 2 25 2 .255 .347 .343 .691
NPB:2年 117 442 366 44 91 18 1 17 162 59 1 3 0 3 63 2 10 129 9 .249 .371 .443 .814

記録[編集]

NPB

背番号[編集]

  • 6 (2000年)
  • 5 (2001年)
  • 59 (2002年 - 同年途中)
  • 34 (2002年途中 - 同年終了)

脚注[編集]

  1. ^ a b c d プロ野球人名事典 2003(2003年、日外アソシエーツ)、92ページ

関連項目[編集]