トム・ソープ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
トム・ソープ Football pictogram.svg
Thomas Thorpe (cropped).jpg
イングランド代表 U-19でのソープ(2012年)
名前
本名 トーマス・ジョゼフ・ソープ
Thomas Joseph Thorpe[1]
ラテン文字 Thomas Thorpe
基本情報
国籍 イングランドの旗 イングランド
生年月日 (1993-01-13) 1993年1月13日(26歳)
出身地 マンチェスター
選手情報
ポジション DF
ユース
2009-2014 イングランドの旗 マンチェスター・ユナイテッド
クラブ1
クラブ 出場 (得点)
2014-2015 イングランドの旗 マンチェスター・ユナイテッド 0 (0)
2014 イングランドの旗 バーミンガム・シティ 6 (0)
2015-2017 イングランドの旗 ロザラム・ユナイテッド 8 (2)
2016 イングランドの旗 ブラッドフォード・シティ 3 (0)
2016-2017 イングランドの旗 ボルトン・ワンダラーズ 25 (1)
2017-2018 インドの旗 ATK 11 (1)
代表歴2
2008-2009 イングランドの旗 イングランド U-16 6 (0)
2009-2010 イングランドの旗 イングランド U-17 7 (0)
2010 イングランドの旗 イングランド U-18 1 (0)
2011-2012 イングランドの旗 イングランド U-19 9 (1)
2013 イングランドの旗 イングランド U-20 2 (0)
2013 イングランドの旗 イングランド U-21 1 (0)
1. 国内リーグ戦に限る。2018年7月9日現在。
2. 2015年7月1日現在。
■テンプレート(■ノート ■解説■サッカー選手pj

トーマス・ジョゼフ・ソープThomas Joseph "Tom" Thorpe , 1993年1月13日 - )は、イングランドマンチェスター出身のサッカー選手。ポジションはDF

クラブ経歴[編集]

ユース経歴[編集]

マンチェスターで生まれ、2008-09シーズンにマンチェスター・ユナイテッドのU-18で6試合に出場した後、2009年7月1日にユナイテッドのアカデミーに加入した。ユースチームで初めて出場した試合は2008年12月13日に行われ、3-1で勝利したリヴァプール戦である[2]。2009-2010シーズンにはU-17の一員としてミルクカップに出場し、チームの2連覇に貢献した。そのトーナメントでソープは5試合に出場し、2ゴールを挙げた[3]。U-18でもレギュラーとしてチームの全28試合中24試合に出場し、プレミアアカデミーリーグのグループC優勝を果たしたが、PK戦の末にプレイオフの準決勝でアーセナルに敗れた[4]2010年4月13日に行われたプレミアリザーブリーグのリヴァプール戦では出場機会は得られなかったものの、初めてリザーブチームのメンバーに選ばれた[5]

夏には初めてプロ契約を結び、2010年のミルクカップに再び出場したが[6]カタールのアスパイア・アカデミーに敗れ、チームは敗退した[7]。しかし、リーグ戦ではU-18のメンバーとして試合に出場し、開幕から8戦負け無しで快走した[8]2010年9月27日ブラックバーン・ローヴァーズ戦に76分から交代で出場し、初めてリザーブリーグの試合に出場した[9]

2010年11月には3試合連続でリザーブリーグの試合に出場し、11月2日のボルトン・ワンダラーズ戦では初ゴールを記録した[10]。リザーブチームでの出場が増えたため、2010-11シーズン、U-18での出場は17試合に留まったが、FAユースカップではキャプテンとしてチームを牽引し、決勝戦では2試合合計6-3でシェフィールド・ユナイテッドを下し、チームの優勝に貢献した[11][12]

2011-12シーズンはリザーブチームに定着したが、最初の1ヶ月を怪我で離脱した。しかし、9月にマンチェスターシニアカップの2試合で印象的な活躍を見せると、9月20日に行われたリーグカップ3回戦のリーズ・ユナイテッド戦でトップチームのメンバーに初めて選ばれ、出場機会は得られなかったが、39の背番号を与えられた[13]

バーミンガム・シティ[編集]

2013-14シーズンはU-21のチームでレギュラーとしてプレイし、チームはディフェンス面でリーグ最高の成績を残していたが、その活躍がバーミンガム・シティの目に留まり、シーズン終了までのローン契約で[14]、チームメイトのタイラー・ブラケットフェデリコ・マケダとともに加入した[15]。移籍翌日に行われたダービー・カウンティ戦にスターティングメンバーとして出場し、プロデビューを果たしたが、開始14分で怪我により交代を余儀なくされた[16]。靭帯を損傷していたために治療のためユナイテッドに戻り[17]、3月3日にローン契約は解消された[18]。3月27日に再びバーミンガムに加入することになったが[19]、再び足首の靭帯を傷めたため、2試合を残してユナイテッドに戻った[20]

ロザラム・ユナイテッド[編集]

2014-15シーズンを持ってマンチェスター・ユナイテッドとの契約が満了し、2015年7月3日にロザラム・ユナイテッドと2年契約を結んだことを発表した。

2016年3月21日からブラッドフォード・シティAFC、同年8月31日からボルトン・ワンダラーズFCにレンタル移籍した。

アトレティコ・デ・コルカタ[編集]

2017年9月11日、インディアン・スーパーリーグATKに移籍した。

脚注[編集]