トム・デマルコ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索

トム・デマルコTom DeMarco)は、アメリカ合衆国ソフトウェア工学者である。

ソフトウェア開発プロセスの標準化や成熟度モデルの策定等、現在のIT業界が直面する問題に古くから取り組んでおり、その業績に対して1986年にワーニエ賞(Warnier Prize)、1999年にスティーブン賞(Stevens Award)が与えられた。

現在はコンサルティング会社であるアトランティック・システムズ・ギルドの会長兼パートナー、及びCutterコンソーシアムのフェローを務める。

著作[編集]

  • 『アドレナリンジャンキー』(2009年日経BP社、ISBN 4822284018)
  • 『熊とワルツを』(2003年日経BP社、ISBN 4822281868)
  • ピープルウェア』(2001年、日経BP社、ISBN 4822281108)
  • 『ゆとりの法則』(2001年、日経BP社、ISBN 4822281116)
  • 『デッドライン』(1999年、日経BP社、ISBN 4822280535)
  • 『デマルコ大いに語る』(1998年、日科技連出版社、ISBN 4817160578)
  • 『構造化分析とシステム仕様』(1994年、日経BP出版センター、ISBN 4822710041)

関連項目[編集]