トム・ヒドルストン

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
トム・ヒドルストン
Tom Hiddleston
Tom Hiddleston
ヒドルストン(2016年)
本名 Thomas William Hiddleston
生年月日 (1981-02-09) 1981年2月9日(38歳)
出生地 イングランドの旗 イングランド ロンドン ウェストミンスター
国籍 イギリスの旗 イギリス
職業 俳優
活動期間 2001年 - 現在
主な作品
映画
マイティ・ソー』シリーズ
アベンジャーズ』シリーズ
キングコング: 髑髏島の巨神
テレビドラマ
ナイト・マネジャー

トーマス・ウィリアム・ヒドルストン(Thomas William Hiddleston, 1981年2月9日 - )は、イギリス俳優

キャリア初期はウェスト・エンド・シアターの舞台『シンベリン』(2007年)と『イワーノフ英語版』(2008年)に出演。『シンベリン』での演技でローレンス・オリヴィエ賞 演劇部門 新人賞英語版を受賞し、また『オセロ』でのキャシオー英語版の演技でも同賞にノミネートされた。

マーベル・シネマティック・ユニバースロキとしてキャスティングされると世間の注目を集めるようになり、同役での出演は『マイティ・ソー』(2011年)、『アベンジャーズ』(2012年)、『マイティ・ソー/ダーク・ワールド』(2013年)、『マイティ・ソー バトルロイヤル』(2017年)、『アベンジャーズ/インフィニティ・ウォー』(2018年)、『アベンジャーズ/エンドゲーム』(2019年)まで続く。2011年にはエンパイア賞 新人男優賞を受賞し、英国アカデミー賞 ライジング・スター賞にノミネートされた。当時はほかにスティーヴン・スピルバーグ監督の『戦火の馬』(2011年)、『愛情は深い海の如く』(2011年)、ウディ・アレンロマンティック・コメディミッドナイト・イン・パリ』(2011年)、2012年のBBCのシリーズ『ヘンリー四世』『ヘンリー五世』、ロマンティック・ヴァンパイア映画『オンリー・ラヴァーズ・レフト・アライヴ』(2013年)などに出演した。

2013年末から2014年初頭にかけて、ドンマー・ウエアハウスでの舞台『コリオレイナス』でタイトルキャラクターを演じ、イヴニング・スタンダード・シアター賞英語版主演男優賞英語版を受賞した。2015年にはギレルモ・デル・トロ監督の『クリムゾン・ピーク』、ベン・ウィートリー監督の『ハイ・ライズ』に出演し、伝記映画『アイ・ソー・ザ・ライト』では問題を抱えたカントリー・ミュージック歌手のハンク・ウィリアムズを演じた。

2016年、AMC/BBCのミニシリーズ『ナイト・マネジャー』で主演および製作総指揮を務め、プライムタイム・エミー賞では主演男優賞(ミニシリーズ/テレビ映画部門)英語版作品賞(ミニシリーズ部門)の2部門にノミネートされ、ゴールデングローブ賞では男優賞(ミニシリーズ/テレビ映画部門)英語版を受賞した。

生い立ち[編集]

トーマス・ウィリアム・ヒドルストンは1981年2月9日にロンドンのウェストミンスターで生まれた[1]。母のダイアナ・パトリシア・ヒドルストン(旧姓サーベイズ)はアートマネージャーおよび元舞台マネージャーで、父のジェームズ・ノーマン・ヒドルストンは物理化学者[2]。父はスコットランドグリーノック出身で[3]、母はサフォーク出身[4]。妹のエマも女優で、姉のサラはインドのジャーナリスト[5]。母方の家系を辿ると、彼は副提督(海軍中将)レジナルド・サーベイズ英語版曽孫および、実業家の初代準男爵エドマンド・ヴェスティ英語版玄孫にもあたる[6]

ヒドルストンはウィンブルドンで育ち、のちにオックスフォード近郊の村に移住した[4]。7歳の時にウインドルシャム・ハウス・スクール英語版に入学し、1年後にオックスフォードのドラゴン・スクール英語版に転校した[7][8]。両親は12歳の時に離婚している[9]。『デイリー・テレグラフ』紙のインタビューでは、彼は両親の離婚について「この出来事によって、人間の弱さへの理解という点で私はより思いやりを持てるようになったと思いたい」と語っている[10]

13歳の時、ヒドルストンはイートン・カレッジで寮生としての生活を始めた。ケンブリッジ大学ペンブルック・カレッジに進学し、西洋古典学でダブル・ファースト(最優等)の成績を得た[3][11][12]。ケンブリッジでの2期目に、彼は芸能プロダクションのハミルトン・ホデルのタレント・エージェント、ロレイン・ハミルトンによる舞台『欲望という名の電車』に出演した[13]王立演劇学校に進学し演技を学び、2005年に卒業した[14]

キャリア[編集]

2001 - 2010年:キャリア初期[編集]

ヒドルストンは学生として演劇を行ううちからテレビ出演を開始し、『ニコラス・ニクルビー』を原作としたスティーブン・ウィテカー英語版監督のITVのテレビ映画『The Life and Adventures of Nicholas Nickleby』(2001年)で初出演となり[13]、続いてBBC/HBO共同製作の『謀議』(2001年)に出演し、BBC/HBOのドラマ『チャーチル/大英帝国の嵐英語版』(2002年)ではウィンストン・チャーチルの息子のランドルフ・チャーチル英語版を演じた[15]

RADAを卒業後、ヒドルストンはジョアンナ・ホッグ英語版の初長編監督映画『Unrelated』(2006年)でオークリーを演じ、初めての映画出演を果たした。妹のエマもバッジ役としてこの映画に出演した。彼をこの映画にキャスティングしたキャスティング・ディレクターのルーシー・ビーヴァンは「彼にはとてつもない信頼があった」と述べている。ヒドルストンはデクラン・ドネラン英語版の劇団チーク・バイ・ジョウル英語版の舞台『The Changeling』(2006年)と『シンベリン』(2007年)で主演を務めた。後者の演技で彼はローレンス・オリヴィエ賞演劇部門新人賞英語版を受賞した[16]。劇場ドンマー・ウエアハウスでの出演が続き、マイケル・グランデージ英語版の演出によるシェイクスピアの『オセロ』(2008年)ではキウェテル・イジョフォーユアン・マクレガーとの共演のもとキャシオーを演じ[17][18]ケネス・ブラナーの演出による、ウェスト・エンド地区でのリバイバルとなるチェーホフの『イワーノフ英語版』(2008年)ではリヴォフを演じた[13]

2006年、ヒドルストンはBBCのドキュメンタリー『Galapagos Island』でボイスオーバーを務めた[19]。2007年にはサリー・ガードナー英語版オーディオブックThe Red Necklace』でもナレーションを務めた[20]。ヒドルストンはホッグの2作目の長編映画となる『家族の波紋英語版』(2010年)では主役のエドワードを演じた[21]。彼のテレビ出演のクレジットは他に、BBCの刑事ドラマ『刑事ヴァランダー』(2008年)でのマグナス・マーティンソン、『Suburban Shootout』(2006年)でのビル・ヘーズルディーン、BBCのコスチュームドラマでテレビ映画の『Miss Austen Regrets』(2008年)でのジョン・プランプター、BBCのドラマ・シリーズ『Return to Cranford』(2009年)でのウィリアム・バクストンがある。2007年、彼はケイト・ウィンスレットオーランド・ブルームなどが載る英国俳優リストに加わり、長期の医療ドラマ『Casualty』にゲスト出演した[22]

2011 - 2014年:ブレイク[編集]

トライベッカ映画祭での『アベンジャーズ』のニューヨーク・プレミアにて(2012年4月)

ヒドルストンは、2011年のマーベル・スタジオの映画『マイティ・ソー』のロキの演技でよく知られている。彼はこの映画の監督のケネス・ブラナーと以前に『イワーノフ』と『刑事ヴァランダー』で仕事を共にしており、今作のオーディションにも招待された。ヒドルストンはブラナーについて、「ケン(ケネス)には人生を変える影響があった。彼は幹部陣に『私を信用してください。トムをキャスティングしてくれれば、彼は結果を出します』と言ってくれた。その影響は莫大で、私ができることの範囲を完全に変えた。ケンがブレイクさせてくれたんだ」と述べている[23]。また当初は、彼はソーの役のオーディションを受けていた。「私は当初はソーを演じるオーディションを受けた。私は背が高く髪がブロンドで古典的な訓練を受けてきたので、古典的なキャラクターであるといったソーの型に適していると考えていた。私のオーディション中、これは完全にマーベルと彼らの広い心のおかげだが、彼らは面白い何かを感じ取ってくれた。何かしらの気質を彼らが気に入ってくれたんだ」[24]。キャスティング・ディレクターはヒドルストンに増量のため6週間の猶予を与えると、彼は厳格な食事を続け、20ポンドの筋肉を身に付けた[25]。最終的にブラナーは彼が敵役として適していると判断し、彼をロキにキャスティングした。映画雑誌の『エンパイア』は、ヒドルストンのロキとしての演技を「史上最高の映画キャラクター(Greatest Movie Character of All Time)」の19位にランク付けしている[26]

2010年11月、ヒドルストンはベネディクト・カンバーバッチジェマ・アータートンエディ・レッドメインローズ・バーンらとともにダニー・ボイルの舞台『The Children's Monologues』に出演し、若い女の子のプルーデンスを演じた。この舞台は南アフリカの子供たちが直接経験したことを様々な俳優が再解釈し演じるという一度限りの舞台だった[27]

2011年、ヒドルストンはウディ・アレンが脚本・監督を務める映画『ミッドナイト・イン・パリ』で小説家のF・スコット・フィッツジェラルドを演じた。続いて、1982年のマイケル・モーパーゴ英語版の小説を原作とする、スティーヴン・スピルバーグ監督の映画『戦火の馬』でキャプテン・ニコルズを演じた。同年、ドラマ映画『愛情は深い海の如く』でRAFパイロットのフレディ・ペイジを演じ、レイチェル・ワイズと共演した。2012年、彼は『アベンジャーズ』でスーパーヴィランのロキを再演した。ソーを演じるクリス・ヘムズワースとの共演シーンの撮影中、監督のジョス・ウェドンは戦う二人が十分にリアルに見えないと言った際、ヒドルストンはヘムズワースに自分を本当に殴るよう伝えた。「私はクリスに言ったんだ。『おい、本当に殴ってくれ。保護しているから大丈夫だ』。彼は『本気か?』と。私は『そうだ、これで良く見えるようになる。さあやってくれ』と」[28]。また彼は2011年に『the Ancient Egyptian Book of the Dead』で、2012年にiTunesにて詩『iF Poems』『The Love Book』で、それぞれボイスオーバーを務めた[29][30]

2012年はテレビ映画にも出演し、シェイクスピアの作品群を原作とするBBC Twoシリーズ『ホロウ・クラウン/嘆きの王冠』の一篇『ヘンリー四世 パート1』と『ヘンリー四世 パート2』でハル王子を演じ、ヘンリー4世を演じるジェレミー・アイアンズと共演した。のちに同シリーズの一篇『ヘンリー五世』では王のヘンリー5世としても出演した[31]。2013年、ヒドルストンは『マイティ・ソー/ダーク・ワールド』でロキを再演し[32]、その後 ジム・ジャームッシュの映画『オンリー・ラヴァーズ・レフト・アライヴ』ではティルダ・スウィントンミア・ワシコウスカとの共演のもと吸血鬼を演じた[33]

2013年12月から2014年2月にかけてドンマー・ウエアハウスで行われた、ジョージー・ルーク英語版の演出によるウィリアム・シェイクスピアの舞台『コリオレイナス』で、ヒドルストンはタイトルキャラクターを演じた。2014年1月30日にはこれが世界的に生放送された[34][35]。『バラエティ』誌のデヴィッド・ベネディクトは彼について「焼け付くような演技」と称賛した[36]。彼は2014年の映画『ザ・マペッツ2/ワールド・ツアー』ではグレート・エスカポとしてカメオ出演した[22]

2015年 - 現在:様々な役[編集]

ヒドルストンはギレルモ・デル・トロ監督のゴシック・ホラー映画『クリムゾン・ピーク』で、降板したベネディクト・カンバーバッチに代わって主演を務めた[37]。この映画は2014年2月からトロントで撮影が開始し、2015年10月に公開された[38][39]。彼はJ・G・バラード同名小説英語版を原作とするベン・ウィートリー監督の映画『ハイ・ライズ』(2015年)ではロバート・ラングを演じた[40][41][42]

2014年1月、ヴィランをテーマに英国俳優をフィーチャーしたジャガーの新モデルの広告キャンペーン「Good to be Bad」で、ヒドルストンはジャガーのイメージキャラクターを務めた[43]。「Rendezvous」と題された最初のキャンペーンのコマーシャルではマーク・ストロングベン・キングズレーと共演しており、2014年のスーパーボウルで初めて上映された[44][45]

2014年4月、ヒドルストンは続いて「The Art of Villainy」と題されたキャンペーンのコマーシャルにも出演した。こちらはFタイプ・クーペのプロモーションで、YouTubeで公開された。しかしビデオに関して「無責任な運転を奨励している」としてイギリス広告基準局英語版が苦情を受けた。ジャガーランドローバーはこの広告に関して、車が駐車場を出る時に「少し加速した」が、撮影には警察が出席しており制限速度に違反していないことを確認していると述べたが、ASA(イギリス広告基準局)の裁定でコマーシャルは中止された[46]

2014年には、ヒドルストンが1994年の伝記を原作とする2015年の伝記映画『アイ・ソー・ザ・ライト』でカントリー・ミュージック歌手のハンク・ウィリアムズを演じることが発表された。この映画はマーク・エイブラハムが監督を務め、第40回トロント国際映画祭英語版のスペシャル・プレゼンテーション部門で初披露された[47]。この映画は2016年3月25日ソニー・ピクチャーズ・クラシックスより公開された[48]

ヒドルストンはショーン・モンソン英語版監督の2015年のドキュメンタリー『Unity』でナレーターの一人を務めた[49]。ヒドルストンは、ジョン・ル・カレのスパイ・探偵ものの同名小説英語版を原作とした2016年のテレビ・ミニシリーズ『ナイト・マネジャー』でジョナサン・パインを演じた。このシリーズはヒュー・ローリーとの共演で2015年春に撮影が開始され、BBCAMCで放送された[50][51]

2017年、ヒドルストンはレジェンダリー・ピクチャーズキングコング映画『キングコング: 髑髏島の巨神』に出演した[52]。この映画はジョーダン・ヴォート=ロバーツが監督を務め、3月10日に公開された[53]。また、2017年11月3日に公開された『マイティ・ソー バトルロイヤル』では再びロキを演じ[54]、続く『アベンジャーズ/インフィニティ・ウォー』(2018年)、『アベンジャーズ/エンドゲーム』(2019年)にも同役で出演した[55]。2019年3月5日から6月1日にかけてハロルド・ピンター・シアター英語版で上演された、ジェイミー・ロイド英語版が演出を務めるハロルド・ピンターの舞台『Betrayal』のリバイバルで主演のロバートを演じた[56]

進行中の企画[編集]

2018年11月8日、ヒドルストンが再演するロキを中心としたマーベルの新たなミニシリーズが、ディズニーの新たなストリーミング・サービスDisney+で製作される計画が発表された[57]。また、彼は『ナイト・マネジャー』シーズン2への主役の続投についても交渉中となっている[58]。ほかに、ワーナー・ブラザース製作・ベン・ウィートリー監督によるフランク・ミラーのコミック・ミニシリーズ『Hard Boiled』の映像化作品への出演や、ジェームズ・アイヴォリー監督によるシェイクスピアの『リチャード二世』の映像化作品へのタイトルキャラクターとしての出演が予定されている[59][60]

私生活とその他の活動[編集]

ヒドルストンはロンドン北西部のベルサイズ・パーク英語版に住んでいる[61][62]。また彼は英国を拠点とする慈善団体「Thomas Coram Foundation for Children」のためにカードのデザインとサインをした有名人の一人(ほかにベネディクト・カンバーバッチE・L・ジェイムズ英語版レイチェル・ライリー英語版などがいる)。このキャンペーンは「Stampin' Up! UK」社が始めたもので、カードは2014年5月にeBayでオークションに出品された[63]

彼はUNICEFの英国大使を務めている。2013年初頭には飢餓と栄養失調への見識を深めるためギニアを訪れ[64]、2015年初頭と2016年末には進行中の内戦における国中の大勢の子供たちの命についてリポートを行うため南スーダンを訪れた[65]。また、ヒドルストンはフェミニストを自称している[66]。2018年2月には「Time's Up」ムーブメントの英国版「Justice and Equality Fund」の寄付者の一人となった[67]。また彼は、映画、ゲーム、テレビなどの業界でチャンスを与えられなかった人々への機会の提供を図る「イルミネーティング・BAFTA」キャンペーンの大使でもある[68]

ヒドルストンはかつて、2008年の『刑事ヴァランダー』のうちの1話で共演した女優スザンナ・フィールディング英語版と交際し、関係は2011年後半まで続いた[69][70][71]。2016年には、ヒドルストンは歌手のテイラー・スウィフトと数か月交際した[72]

メディア・イメージと演技スタイル[編集]

キングコング: 髑髏島の巨神』のジャパン・プレミアでのヒドルストン(2017年)

英国の大衆文化において最も著名な俳優の一人で、ヒドルストンはデブレッツ英語版が2017年に発表した英国で最も影響力のある人物にリスト入りした[73]。2015年、彼は英国映画協会の最初の公式大使に任命された[74]。2016年には、英国を拠点とする男女の有名人の尻を対象に大衆がノミネートを選ぶ英国の娯楽賞リア・オブ・ザ・イヤー英語版を受賞した[75]。ほかにも複数の賞でスタイリスト賞やベストドレッサーにも選ばれている[76][77]。『GQ英語版』誌のタフィー・ブロデッサー=アクナー英語版は彼の実生活での人物像を「スーツを着ることを許された唯一の顔と体を持つ、心の美しい本の虫」と表現した[78]。『クリムゾン・ピーク』の監督のギレルモ・デル・トロとコミック・ライターのスタン・リーは彼を「地球上で/あなたが出会う中で、最も良い人物」と評し、デル・トロはさらに「良い人物と外見が良いだけの人物の間の壁を彼は破壊した」と加えた[79][80]

ケネス・ブラナーは、『オセロ』でキャシオーを演じるヒドルストンを初めて見たときに彼がシェイクスピアの完全な自然主義的な話者であることがはっきり分かったと述べた[81]。『ガーディアン』紙のマイケル・ビリントン英語版は、ヒドルストンの重要な演技の質は甘い悲しみと輝く怒りを組み合わせられる能力で、彼はひとしきり激烈に怒りながらも強烈な憂鬱を抱えた猛烈な知性を演じることができると評した[82]。ヒドルストンは『アイ・ソー・ザ・ライト』でハンク・ウィリアムズの役のための準備に5週間近く費やし、映画のサウンドトラックのうち7曲を演奏した[83]。その際、彼はメソッド演技法については、自身にとって役に立つほど簡単にはできないと述べている[84]。『テレグラフ』紙のドミニク・キャベンディッシュはヒドルストンが偉人を演じる優れた才能を持っていると評し、『インデペンデント』紙のポール・テイラーは彼の演技の幅がかなり無制限になってきていると評している[85][86]。『ローリング・ストーン』誌のデヴィッド・フィアーは、トム・ヒドルストンは『ミッドナイト・イン・パリ』、『戦火の馬』、『ナイト・マネジャー』のようなオールドスクールものを演じるスターと、ロキや『ハイ・ライズ』で見られるような予測不可能で不明瞭な奇人を演じる彼という2つの側面があることを述べ、またこれはヒドルストンが1つの特定の役に定着することを拒んでいるからと指摘している[87]

日本における人気[編集]

日本においてはトムヒの愛称で知られ、役としての愛称ロキとともにメディアにおいても使用される[88][89][90][91][92][93]。2015年に雑誌『SCREEN』と映画チャンネルのイマジカBSが共同開催した英国男優の人気投票「英国男優総選挙2015」では、ヒドルストンはベネディクト・カンバーバッチを抑え第1位を獲得した[94][95]。『SCREEN』、イマジカBS、HMVの共同開催となった翌年の「英国男優総選挙2016」ではコリン・ファースに次ぎ第2位となった[96]

ヒドルストンは2017年3月に『キングコング: 髑髏島の巨神』のプロモーションで初来日し、サミュエル・L・ジャクソンブリー・ラーソンとともに日本テレビスッキリ!!』への生出演や、歌舞伎町でのジャパン・プレミアへの登壇を行った[97][98]。このプロモーションでの取材で、好きな日本映画に『東京物語』をはじめとする小津安二郎作品を[92][99]スタジオジブリ作品では『もののけ姫』『千と千尋の神隠し』を挙げている[92]。2018年には「東京コミコン2018」のゲストとして2度目の来日を果たし、同イベントで撮影会やサイン会を行った[91][100][101]

フィルモグラフィ[編集]

映画[編集]

作品名 役名 備考 吹き替え 出典
2006 Unrelated Oakley
2010 家族の波紋
Archipelago
エドワード
2011 マイティ・ソー
Thor
ロキ 平川大輔
ミッドナイト・イン・パリ
Midnight in Paris
F・スコット・フィッツジェラルド 烏丸祐一
戦火の馬
War Horse
ニコルズ大尉 村治学
愛情は深い海の如く
The Deep Blue Sea
フレディ・ペイジ
2012 アベンジャーズ
The Avengers
ロキ 平川大輔
2013 オンリー・ラヴァーズ・レフト・アライヴ
Only Lovers Left Alive
アダム
マイティ・ソー/ダーク・ワールド
Thor: The Dark World
ロキ 平川大輔
2014 ザ・マペッツ2/ワールド・ツアー
Muppets Most Wanted
グレート・エスカポ
ティンカー・ベルとネバーランドの海賊船
The Pirate Fairy
フック船長 声の出演 内田直哉 [102]
2015 アイ・ソー・ザ・ライト
I Saw the Light
ハンク・ウィリアムズ 平川大輔
ハイ・ライズ
High-Rise
ロバート・ラング
クリムゾン・ピーク
Crimson Peak
トーマス・シャープ
2017 キングコング: 髑髏島の巨神
Kong: Skull Island
ジェームズ・コンラッド GACKT
マイティ・ソー バトルロイヤル
Thor: Ragnarok
ロキ 平川大輔
2018 アーリーマン 〜ダグと仲間のキックオフ!〜
Early Man
ヌース卿 声の出演 大塚芳忠 [103][104]
アベンジャーズ/インフィニティ・ウォー
Avengers: Infinity War
ロキ 平川大輔
2019 アベンジャーズ/エンドゲーム
Avengers End Game

テレビ[編集]

作品名 役名 備考 吹き替え 出典
2001 The Life and Adventures of Nicholas Nickleby Lord テレビ映画
Conspiracy Phone Operator テレビ映画
Armadillo Toby Sherrifmuir テレビ映画
2002 チャーチル/大英帝国の嵐
The Gathering Storm
ランドルフ・チャーチル テレビ映画
2005 A Waste of Shame John Hall テレビ映画
2006 Victoria Cross Heroes Capt. 'Jack' Randle 計1話出演: "The Modern Age" [105]
Suburban Shootout Bill Hazeldine 計10話出演 [106]
Galápagos チャールズ・ダーウィン 声の出演、計1話出演: "Islands that Changed the World"
2007 Casualty Chris Vaughn 計1話出演: "The Killing Floor"
2008-2010 刑事ヴァランダー
Wallander
マーティンソン 計6話出演 [107]
2008 ジェイン・オースティンの後悔
Miss Austen Regrets
Mr. John Plumptre テレビ映画
2009 クランフォード
Return to Cranford
ウィリアム・バクストン 計2話出演 [108]
Darwin's Secret Notebooks チャールズ・ダーウィン 声の出演、ドキュメンタリー [109]
2012 ロボットチキン
Robot Chicken
ロラックスのナレーター 声の出演、計1話出演: "Butchered in Burbank" [110]
ヘンリー四世
Henry IV Part I and Part II
ハル王子 テレビ映画、『ホロウ・クラウン/嘆きの王冠』の一篇
日本では映画『【劇場版】嘆きの王冠 〜ホロウ・クラウン〜』としても公開
[111]
ヘンリー五世
Henry V
ヘンリー5世 テレビ映画、『ホロウ・クラウン/嘆きの王冠』の一篇
日本では映画『【劇場版】嘆きの王冠 〜ホロウ・クラウン〜』としても公開
[111]
2013 ファミリー・ガイ
Family Guy
グリフィン像 声の出演、計1話出演: "No Country Club for Old Men" [110]
2016 ナイト・マネジャー
The Night Manager
ジョナサン・パイン 計6話出演、兼製作総指揮 中川慶一 [112]
2016 トロールハンターズ: アルカディア物語
Trollhunters: Tales of Arcadia
カンジガー 声の出演、計1話出演: "Becoming: Part 1" [113]
TBA Loki ロキ ミニシリーズ [114]

舞台[編集]

タイトル 役名 劇場 出典
1999 Journey's End Captain Stanhope エディンバラ・フェスティバル・フリンジ [115]
2005 Yorgjin Oxo: The Man Yorgjin Oxo シアター503英語版 [116]
2006 The Changeling Alsemero チーク・バイ・ジョウル英語版バービカン/ヨーロッパ・ツアー
2007 シンベリン ポステュマス・リーオネータス/クロートン チーク・バイ・ジョウル英語版バービカン/ワールド・ツアー [13]
2008 オセロ キャシオー英語版 ドンマー・ウエアハウス
イワーノフ英語版 リヴォフ ドンマー・ウエアハウス
2010 The Children's Monologues プルーデンス オールド・ヴィック・シアター
2012 The Kingdom of Earth ロット クライテリオン・シアター英語版 [117]
2014 コリオレイナス コリオレイナス ドンマー・ウエアハウス/コヴェント・ガーデン・シアター [34][35]
2017 ハムレット ハムレット 王立演劇学校 [118]
2019 Betrayal ロバート ハロルド・ピンター・シアター英語版 [119][120]

ビデオゲーム[編集]

タイトル 声の出演 備考
2011 Thor: God of Thunder ロキ

受賞とノミネート[編集]

対象 結果 出典
2007 イアン・チャールソン賞英語版 The Changeling ノミネート
2008 ローレンス・オリヴィエ賞 演劇部門 新人賞英語版(2作品で同時ノミネート) シンベリン 受賞 [16][121]
2008 ローレンス・オリヴィエ賞 演劇部門 新人賞英語版(2作品で同時ノミネート) オセロ ノミネート [121]
2008 イアン・チャールソン賞英語版 三等賞 『オセロ』 受賞 [122]
2009 シアターゴーアーズ・チョイス賞 演劇部門 助演男優賞 『オセロ』『イワーノフ英語版 受賞 [123]
2009 イアン・チャールソン賞英語版(前回受賞者としての特別賞) 『イワーノフ』 ノミネート [124]
2010 クライム・スリラー賞英語版 助演男優賞 刑事ヴァランダー ノミネート
2011 AWFJ英語版賞 アンサンブル・キャスト賞 ミッドナイト・イン・パリ ノミネート [125]
2011 フェニックス映画批評家協会賞 キャスト賞 『ミッドナイト・イン・パリ』 ノミネート
2011 スクリーム賞 新人男優賞 マイティ・ソー ノミネート [126]
2012 エンパイア賞 新人男優賞 『マイティ・ソー』 受賞 [127]
2012 イヴニング・スタンダード英国映画賞英語版 主演男優賞 家族の波紋英語版 ノミネート [128]
2012 英国アカデミー賞 ライジング・スター賞 『マイティ・ソー』 ノミネート [129]
2012 サターン賞 助演男優賞 『マイティ・ソー』 ノミネート [130]
2012 ティーン・チョイス・アワード 映画部門 悪役賞 アベンジャーズ ノミネート [131]
2012 グラマー賞英語版 年間男性部門 N/A 受賞 [132]
2013 キッズ・チョイス・アワード 人気悪役賞 『アベンジャーズ』 ノミネート [133]
2013 MTVムービー・アワード ベスト・ファイト賞 『アベンジャーズ』(他出演者とともに) 受賞 [134]
2013 MTVムービー・アワード 悪役賞 『アベンジャーズ』 受賞 [134]
2014 エンパイア賞 助演男優賞 マイティ・ソー/ダーク・ワールド ノミネート [135]
2014 ローレンス・オリヴィエ賞 主演男優賞 コリオレイナス ノミネート [136]
2014 サターン賞 助演男優賞 『マイティ・ソー/ダーク・ワールド』 ノミネート [137]
2014 イヴニング・スタンダード・シアター賞英語版 主演男優賞 『コリオレイナス』 受賞 [138]
2015 ワッツオンステージ賞英語版 演劇部門 主演男優賞 『コリオレイナス』 ノミネート [139]
2015 クロトルディス賞 助演男優賞 Unrelated ノミネート [140]
2015 英国インディペンデント映画賞 主演男優賞 ハイ・ライズ ノミネート [141]
2015 イヴニング・スタンダード英国映画賞英語版 主演男優賞 『ハイ・ライズ』『クリムゾン・ピーク ノミネート [142]
2016 TVチョイス賞英語版 主演男優賞 ナイト・マネジャー 受賞 [143]
2016 プライムタイム・エミー賞 主演男優賞(ミニシリーズ/テレビ映画部門)英語版 『ナイト・マネジャー』 ノミネート [144]
2016 プライムタイム・エミー賞 作品賞 (ミニシリーズ部門) 『ナイト・マネジャー』 ノミネート [145]
2016 テレビ批評家協会賞英語版 主演男優賞(テレビ映画/ミニシリーズ部門) 『ナイト・マネジャー』 ノミネート [146]
2016 サテライト賞 主演男優賞(ミニシリーズ/テレビ映画部門) 『ナイト・マネジャー』 ノミネート [147]
2016 TVTimes賞 人気男優賞 『ナイト・マネジャー』 ノミネート [148]
2017 ゴールデングローブ賞 男優賞(ミニシリーズ/テレビ映画部門)英語版 『ナイト・マネジャー』 受賞 [149]
2017 ナショナル・テレビジョン賞英語版 人気ドラマ演技賞 『ナイト・マネジャー』 ノミネート [150]
2017 全米製作者組合賞英語版 デヴィッド・L・ウォルパー賞 長編番組製作者賞 『ナイト・マネジャー』 ノミネート [151]
2017 エンパイア・ヒーロー賞英語版 受賞 [152]
2017 ティーン・チョイス・アワード 映画部門 SF/ファンタジー男優賞 キングコング: 髑髏島の巨神 ノミネート [153]
2018 ティーン・チョイス・アワード 映画部門 助演賞 マイティ・ソー バトルロイヤル ノミネート [154]

脚注[編集]

  1. ^ Tom Hiddleston”. TVGuide.com. 2016年6月13日時点のオリジナルよりアーカイブ。2012年4月30日閲覧。
  2. ^ Mosley, Charles; Peter Hinton; Hugh Peskett; Roger Powell (December 2003). Burke's Peerage, Baronetage & Knightage – 107th Edition. Burke's Peerage; 107th edition. p. 4006. ISBN 9780971196629. 
  3. ^ a b “Thor star Tom Hiddleston tells how ambition took him to the top- not plummy tones from Eton”. Daily Mirror. (2016年3月15日). オリジナルの2016年4月20日時点によるアーカイブ。. https://web.archive.org/web/20160420024413/http://www.mirror.co.uk/tv/tv-news/thor-star-tom-hiddleston-tells-7564095 
  4. ^ a b Mottram, James (2011年3月10日). “Half Scottish, Half Famous ... All Talent”. Herald Scotland. 2012年5月18日時点のオリジナルよりアーカイブ。2012年4月17日閲覧。
  5. ^ Tom Hiddleston – "The Avengers" Movie Interview”. Whedon.com (2012年1月3日). 2012年3月6日時点のオリジナルよりアーカイブ。2012年5月7日閲覧。
  6. ^ Our Guide to the Brit Pack”. Harper's Bazaar (2014年6月11日). 2014年7月15日時点のオリジナルよりアーカイブ。2014年8月13日閲覧。
  7. ^ Tom Hiddleston: 'I'm fascinated by the private vulnerability of people'”. The Guardian (2016年1月24日). 2018年5月21日閲覧。
  8. ^ Eminent Dragons”. Dragon School. 2012年4月15日時点のオリジナルよりアーカイブ。2012年5月6日閲覧。
  9. ^ "The actor who took centre stage: Tom Hiddleston" Archived 18 August 2016 at the Wayback Machine.. The Guardian. Retrieved 13 March 2017
  10. ^ Tom Hiddleston, interview: from Thor to a sell-out Coriolanus”. The Daily Telegraph (2014年1月14日). 2015年2月14日時点のオリジナルよりアーカイブ。2015年3月4日閲覧。
  11. ^ Stewart, Thomas. “Style Icon: Tom Hiddleston”. Mens Fashion Magazine. 2014年3月13日時点のオリジナルよりアーカイブ。2014年3月12日閲覧。
  12. ^ Godwin, Richard (2013年10月18日). “Faking Bad: Meet Hollywood's Nicest Villain, Tom Hiddleston”. London Evening Standard. 2014年4月2日時点のオリジナルよりアーカイブ。2014年3月12日閲覧。
  13. ^ a b c d Patalay, Ajesh (2008年8月30日). “Tom Hiddleston: Not Just a Romeo”. The Daily Telegraph. 2014年3月17日時点のオリジナルよりアーカイブ。2014年3月12日閲覧。
  14. ^ Royal Academy of Dramatic Art – Tom Hiddleston”. RADA. 2014年3月12日時点のオリジナルよりアーカイブ。2014年3月12日閲覧。
  15. ^ Sulcas, Roslyn (2013年11月6日). “Thor's Nemesis Makes Some Thunder – Tom Hiddleston Gets Mythic for Thor: The Dark World”. New York Times. 2015年2月25日時点のオリジナルよりアーカイブ。2019年6月9日閲覧。
  16. ^ a b Tom Hiddleston declared 2008's Best Newcomer in a Play”. Olivier Awards (2008年3月9日). 2014年3月26日時点のオリジナルよりアーカイブ。2014年3月26日閲覧。
  17. ^ Nightingale, Benedict (2007年12月5日). “Othello”. The Times (London). オリジナルの2011年6月15日時点によるアーカイブ。. https://web.archive.org/web/20110615112824/http://entertainment.timesonline.co.uk/tol/arts_and_entertainment/stage/theatre/article3001111.ece 2010年5月25日閲覧。 
  18. ^ Clapp, Susannah (2007年12月9日). “An Othello for Our Times”. The Guardian (London). オリジナルの2008年1月18日時点によるアーカイブ。. https://web.archive.org/web/20080118163833/http://arts.guardian.co.uk/theatre/drama/reviews/story/0%2C%2C2224476%2C00.html 2010年5月25日閲覧。 
  19. ^ Tom Hiddleston – Hamilton Hodell – CV”. Hamilton Hodell Talent Management. 2013年7月30日時点のオリジナルよりアーカイブ。2013年4月16日閲覧。
  20. ^ Gardner, Sally. The Red Necklace. Amazon.com. Retrieved 17 April 2012.
  21. ^ In Conversation: Lucy Bevan (Casting Director – Cinderella, Maleficent, An Education)”. Film Doctor (2015年3月18日). 2015年3月28日時点のオリジナルよりアーカイブ。2015年3月27日閲覧。
  22. ^ a b Naughton, John (2013年11月1日). “Major Tom”. GQ. 2014年3月12日時点のオリジナルよりアーカイブ。2019年6月9日閲覧。
  23. ^ Singh, Anita (2012年4月8日). “Tom Hiddleston: Eton Unfairly Portrayed as 'Full of Braying Toffs'”. The Daily Telegraph. 2012年4月11日時点のオリジナルよりアーカイブ。2012年4月12日閲覧。
  24. ^ Leader, Michael (2012年4月25日). “Tom Hiddleston Interview: The Avengers, Modern Myths, Playing Loki and More”. Den of Geek!. 2012年4月30日時点のオリジナルよりアーカイブ。2012年5月7日閲覧。
  25. ^ Weintraub, Steve (2010年12月10日). “Tom Hiddleston on Set Interview Thor; Talks About Playing Loki, How He Got Cast, and a Lot More”. Collider. 2012年8月14日時点のオリジナルよりアーカイブ。2012年6月25日閲覧。
  26. ^ The 100 Greatest Movie Characters/ 19. / Empire /”. Empire. Bauer Consumer Media. 2013年8月22日閲覧。
  27. ^ The Children's Monologues”. The Crossed Cow (2010年11月16日). 2013年12月27日時点のオリジナルよりアーカイブ。2014年2月17日閲覧。
  28. ^ McDaniel, Matt (2012年5月2日). “'Avengers' star Tom Hiddleston told Chris Hemsworth to really hit him”. Yahoo!. 2012年5月16日時点のオリジナルよりアーカイブ。2012年5月15日閲覧。
  29. ^ The Love Book App – The Actors”. iLiterature. 2013年9月23日時点のオリジナルよりアーカイブ。2013年9月16日閲覧。
  30. ^ iF Poems Educational app for kids: poetry for children ages 3–93!”. if Poems. 2013年6月8日時点のオリジナルよりアーカイブ。2012年4月12日閲覧。
  31. ^ “Cast Confirmed for BBC Two's Cycle of Shakespeare Films” (プレスリリース), BBC, (2011年11月24日), オリジナルの2011年12月30日時点によるアーカイブ。, https://www.webcitation.org/64JKhsWGc?url=http://www.bbc.co.uk/mediacentre/latestnews/shakespeare-cast.html 2012年7月20日閲覧。 
  32. ^ Eisenberg, Eric (2012年1月9日). “Thor 2 To Shoot This Summer in London”. Cinema Blend. 2012年4月11日時点のオリジナルよりアーカイブ。2012年4月12日閲覧。
  33. ^ Roxborough, Scott (2012年1月30日). “Tilda Swinton, John Hurt Join Jim Jarmusch's Vampire Film 'Only Lovers Left Alive'”. The Hollywood Reporter. 2012年5月1日時点のオリジナルよりアーカイブ。2012年4月12日閲覧。
  34. ^ a b Mann, Sebastian (2013年10月22日). “Tom Hiddleston's Coriolanus Co-stars Revealed”. London 24. 2013年10月23日時点のオリジナルよりアーカイブ。2019年6月9日閲覧。
  35. ^ a b Masters, Tim (2013年5月20日). “Tom Hiddleston Cast as Coriolanus at Donmar Warehouse”. BBC. 2013年9月5日時点のオリジナルよりアーカイブ。2019年6月9日閲覧。
  36. ^ Benedict, David (2013年12月17日). “London Theater Review: 'Coriolanus' Starring Tom Hiddleston”. 2014年1月24日時点のオリジナルよりアーカイブ。2019年6月9日閲覧。
  37. ^ Vlessing, Etan (2013年10月25日). “Guillermo del Toro's 'Crimson Peak' Gets February 2014 Start Date”. The Hollywood Reporter. 2013年10月27日時点のオリジナルよりアーカイブ。2019年6月9日閲覧。
  38. ^ Taylor, Drew (2013年10月25日). “Updated: Guillermo Del Toro's 'Crimson Peak' Will Spookily Materialize In Theaters April 2015”. Indie Wire. 2013年11月10日時点のオリジナルよりアーカイブ。2019年6月9日閲覧。
  39. ^ Child, Ben (2013年9月9日). “Tom Hiddleston poised to fill Benedict Cumberbatch's shoes on Crimson Peak”. The Guardian. 2017年3月5日時点のオリジナルよりアーカイブ。2019年6月9日閲覧。
  40. ^ Barraclough, Leo. “Berlin: Tom Hiddleston to Star in Ben Wheatley's J.G. Ballard Adaptation 'High-Rise'”. Variety. 2014年2月5日時点のオリジナルよりアーカイブ。2014年2月5日閲覧。
  41. ^ Tom Hiddleston to film in Northern Ireland this June”. Radio Times (2014年5月1日). 2014年5月6日時点のオリジナルよりアーカイブ。2014年5月7日閲覧。
  42. ^ Tom Hiddleston Spotted on the Set of 'High Rise' in Northern Ireland”. On Location Vacations (2014年7月17日). 2014年7月20日時点のオリジナルよりアーカイブ。2014年7月21日閲覧。
  43. ^ Jaguar F-TYPE Commercial | It's Good To Be Bad – British Villains”. Jaguar USA. 2015年1月15日時点のオリジナルよりアーカイブ。2015年1月15日閲覧。
  44. ^ Tom Hiddleston, Ben Kingsley, and Mark Strong Get Evil For Super Bowl Jaguar Spot”. Vanity Fair (2014年1月28日). 2015年1月15日時点のオリジナルよりアーカイブ。2015年1月15日閲覧。
  45. ^ Nicholas Hoult Gets Evil for Jaguar”. Variety (2014年10月6日). 2015年2月7日時点のオリジナルよりアーカイブ。2015年1月15日閲覧。
  46. ^ Jaguar 'villain' ad banned for encouraging irresponsible driving”. The Guardian (2014年7月16日). 2015年1月15日時点のオリジナルよりアーカイブ。2015年1月15日閲覧。
  47. ^ Sandra Bullock's 'Our Brand Is Crisis,' Robert Redford's 'Truth' to Premiere at Toronto”. Variety. 2015年8月18日閲覧。
  48. ^ Hammond, Pete (2015年10月16日). “Oscar Casualty: Sony Pictures Classics Sees The Light, Moves Hank Williams Biopic To March”. http://deadline.com/2015/10/i-saw-the-light-moves-oscar-casualty-sony-pictures-classics-1201585220/ 2015年10月16日閲覧。 
  49. ^ Documentary 'Unity' Set for Aug. 12 Release with 100 Star Narrators”. Variety (2015年4月22日). 2016年4月22日時点のオリジナルよりアーカイブ。2015年5月1日閲覧。
  50. ^ Hugh Laurie and Tom Hiddleston to Star in The Night Manager”. BBC (2015年1月12日). 2015年2月14日時点のオリジナルよりアーカイブ。2015年3月4日閲覧。
  51. ^ AMC Lands Hugh Laurie, Tom Hiddleston Limited Series 'Night Manager'”. The Hollywood Reporter (2014年10月30日). 2015年3月9日時点のオリジナルよりアーカイブ。2015年3月4日閲覧。
  52. ^ Fleming, Jr, Mike (2014年9月16日). “Legendary's 'Skull Island'; Tom Hiddleston Stars, Jordan Vogt-Roberts Helms King Kong Origin Tale”. Deadline Hollywood. 2014年9月16日時点のオリジナルよりアーカイブ。2014年9月16日閲覧。
  53. ^ Yamato, Jen (2014年12月12日). “King Kong Pic 'Skull Island' Moves To 2017; Zhang Yimou's 'Great Wall' Epic Dated For 2016”. Deadline Hollywood. 2014年12月13日時点のオリジナルよりアーカイブ。2019年6月9日閲覧。
  54. ^ Breznican, Anthony (2015年10月15日). “Mark Ruffalo will bring the Hulk to Thor: Ragnarok”. Entertainment Weekly. 2015年10月18日時点のオリジナルよりアーカイブ。2015年10月16日閲覧。 “He also confirmed at the time that Tom Hiddleston would be returning as the villain Loki.”
  55. ^ Babbage, Rachel (2014年11月1日). “Loki to appear in Thor: Ragnarok and both parts of Avengers: Infinity War”. Digital Spy. 2014年11月1日時点のオリジナルよりアーカイブ。2014年11月2日閲覧。
  56. ^ Tom Hiddleston to star in Betrayal as part of West End Pinter season | WhatsOnStage” (英語). www.whatsonstage.com. 2019年1月25日閲覧。
  57. ^ Petrakovitz, Caitlin (2018年11月8日). “New Marvel series on Disney+ to star Tom Hiddleston as Loki”. CNet. 2018年11月9日閲覧。
  58. ^ Harp, Justin (2019年1月19日). “Hiddleston has as many Night Manager season 2 questions as you do” (英語). Digital Spy. 2019年2月11日閲覧。
  59. ^ Rotterdam: Ben Wheatley Talks 'Free Fire,' 'Doctor Who' And His Killer Approach To The 'Wages Of Fear' Remake - Page 2 of 2”. theplaylist.net. 2019年2月11日閲覧。
  60. ^ James Ivory on His Film Legacy and Adapting 'Call Me by Your Name'” (英語). The Hollywood Reporter. 2019年2月11日閲覧。
  61. ^ Marvel Avengers Assemble - interview”. 2016年8月27日時点のオリジナルよりアーカイブ。2019年6月9日閲覧。
  62. ^ Tom Hiddleston Says It's 'Exotic To Be An Actor In London,' Talks New Movie 'High-Rise'”. 2016年11月17日時点のオリジナルよりアーカイブ。2019年6月9日閲覧。
  63. ^ Rebecca Pocklington (2014年5月6日). “Benedict Cumberbatch, Tom Hiddleston, Jo Brand and more celebrities design and sign cards for UK's first children's charity”. Mirror Online. 2014年5月7日時点のオリジナルよりアーカイブ。2014年5月7日閲覧。
  64. ^ Tom Hiddleston Reports on Visiting Guinea for UNICEF”. Harpers Bazaar (2013年3月7日). 2014年6月6日時点のオリジナルよりアーカイブ。2014年6月3日閲覧。
  65. ^ UNICEF Ambassador Tom Hiddleston returns to South Sudan as the brutal conflict enters its fourth year” (英語). www.unicef.org. 2019年1月4日閲覧。
  66. ^ Why is David Cameron so afraid to call himself a feminist?”. Elle (2014年10月27日). 2015年3月20日時点のオリジナルよりアーカイブ。2015年5月1日閲覧。
  67. ^ Rosa » Over £1,000,000 awarded from The Justice and Equality Fund, supported by TIME'S UP UK, to specialist organisations across the UK to help women who have experienced sexual harassment and abuse” (英語). 2019年1月4日閲覧。
  68. ^ Ambassadors & Supporters” (英語). www.bafta.org (2018年10月24日). 2019年1月25日閲覧。
  69. ^ “Interview: Tom Hiddleston, actor” (英語). https://www.scotsman.com/lifestyle/culture/film/interview-tom-hiddleston-actor-1-1976625 2018年9月20日閲覧。 
  70. ^ Brooks, Xan (2011年11月25日). “Tom Hiddleston: 'I never wanted to be the go-to guy for tails and waistcoats'” (英語). the Guardian. 2018年9月20日閲覧。
  71. ^ “Soldier of fortune: Tom Hiddleston is set to become 2012's hottest new” (英語). The Independent. https://www.independent.co.uk/news/people/profiles/soldier-of-fortune-tom-hiddleston-is-set-to-become-2012s-hottest-new-star-6284844.html 2018年9月20日閲覧。 
  72. ^ Goldberg, Taffy Brodesser-Akner,Nathaniel (2017年2月14日). “Tom Hiddleston on Taylor Swift, Heartbreak, and that Tank Top” (英語). GQ. https://www.gq.com/story/tom-hiddleston-cover-profile 2018年9月20日閲覧。 
  73. ^ “Debrett's 500 List: Stage & Screen”. The Telegraph. (2017年1月21日). オリジナルの2017年2月11日時点によるアーカイブ。. https://web.archive.org/web/20170211144411/http://www.telegraph.co.uk/news/0/debretts-500-list-stage-screen/ 
  74. ^ Tom Hiddleston becomes founding BFI Ambassador” (英語). British Film Institute. 2018年12月21日閲覧。
  75. ^ Past winners of Rear of the Year” (2016年7月29日). 2019年6月9日閲覧。
  76. ^ Bayley, Leanne. “Tom Hiddleston tops GLAMOUR’s Best Dressed Man list”. Glamour UK. 2019年3月16日閲覧。
  77. ^ Nast, Condé. “This Is Your Most Stylish Man of 2017” (英語). GQ. 2019年3月16日閲覧。
  78. ^ Brodesser-Akner, Taffy (2017年2月14日). “Tom Hiddleston GQ profile”. gq. 2019年3月16日閲覧。
  79. ^ Guillermo del Toro Tells Shocked Comic-Con Crowd That Tom Hiddleston Is Great”. www.vulture.com. 2019年3月16日閲覧。
  80. ^ lee, stan (2011年5月3日). “And if you want a cooler than cool villain who’s also the nicest guy you’ll ever meet—I give you Loki’s alter ego, Tom Hiddleston.” (英語). @therealstanlee. 2019年3月16日閲覧。
  81. ^ Jeffery, Morgan (2016年5月20日). “Kenneth Branagh remembers discovering Tom Hiddleston” (英語). Digital Spy. 2019年3月15日閲覧。
  82. ^ Billington, Michael (2017年9月1日). “Hamlet review – lucky few see Tom Hiddleston combine sweet sadness with incandescent fury” (英語). The Guardian. ISSN 0261-3077. https://www.theguardian.com/culture/2017/sep/02/hamlet-review-lucky-few-see-tom-hiddleston-combine-sweet-sadness-with-incandescent-fury 2019年3月15日閲覧。 
  83. ^ Bowman, Sabienna. “Hiddleston Owns The 'I Saw The Light' Soundtrack” (英語). Bustle. 2019年3月15日閲覧。
  84. ^ Kosin, Julie (2016年3月29日). “Tom Hiddleston on Playing Hank Williams: "I Had to Go to Some Pretty Dark Places"” (英語). Harper's BAZAAR. 2019年3月15日閲覧。
  85. ^ Cavendish, Dominic (2019年3月14日). “Betrayal review, Harold Pinter Theatre: Tom Hiddleston displays a hypnotic sensitivity in this modern masterpiece” (英語). The Telegraph. ISSN 0307-1235. https://www.telegraph.co.uk/theatre/what-to-see/betrayal-review-harold-pinter-theatre-tom-hiddleston-displays/ 2019年3月15日閲覧。 
  86. ^ Tom Hiddleston excels in Pinter’s Betrayal” (英語). The Independent (2019年3月14日). 2019年3月16日閲覧。
  87. ^ Fear, David (2016年4月19日). “How Tom Hiddleston Makes Psycho Sexy” (英語). Rolling Stone. 2019年3月15日閲覧。
  88. ^ 英国男優総選挙開催!カンバーバッチ、トムヒ、レッドメインら出演作の特集放送も”. 映画ナタリー (2015年8月19日). 2019年6月9日閲覧。
  89. ^ トムヒ全裸禁止!ルクエヴァら英国紳士のマナー指南”. シネマトゥデイ (2016年6月8日). 2019年6月9日閲覧。
  90. ^ 東京コミコン2018、トムヒら来日キャストが日本語で挨拶&満足度MAXの注目ブース”. フロントロウ (2018年11月30日). 2019年6月9日閲覧。
  91. ^ a b トム・ヒドルストンやエズラ・ミラー、東京コミコンで「日本に来れて幸せ」「ヤバい」”. 映画ナタリー (2018年11月30日). 2019年6月9日閲覧。
  92. ^ a b c ロキ様トム・ヒドルストンはジブリ大好き!”. シネマトゥデイ (2017年3月23日). 2019年6月9日閲覧。
  93. ^ トムヒ熱が再上昇中!"ロキ様"ことトム・ヒドルストンはなぜ人を惹きつけるのか?”. ホミニス (2019年1月8日). 2019年6月9日閲覧。
  94. ^ 英国男優総選挙、第1位はトム・ヒドルストン!カンバーバッチらもランクイン”. 映画ナタリー (2015年10月28日). 2019年6月9日閲覧。
  95. ^ SCREEN×イマジカBS 英国男優総選挙2015”. 2019年6月9日閲覧。
  96. ^ SCREEN×イマジカBS×HMV 英国男優総選挙2016”. 2019年6月9日閲覧。
  97. ^ 朝からスタジオに来てくれたトム・ヒドルストン&ブリー・ラーソン&サミュエル・L・ジャクソン!カラオケのお気に入り曲を発表してくれたり、モスラ〜や、モスラ〜♬と歌声が聴けたり…豪華な3人の意外な素顔が見られました。#キングコング映画…” (jp). @ntv_sukkiri (2017年3月13日). 2019年6月9日閲覧。
  98. ^ 歌舞伎町にサミュエル・L・ジャクソン!日本大好きがにじみでる”. シネマトゥデイ (2017年3月16日). 2019年6月9日閲覧。
  99. ^ ブリー・ラーソンとトム・ヒドルストンが語る仕事との向き合い方”. ELLE (2017年3月24日). 2019年6月9日閲覧。
  100. ^ トム・ヒドルストンの来日決定、「東京コミコン2018」に参加”. 映画ナタリー (2018年11月7日). 2019年6月9日閲覧。
  101. ^ ヤバーい!東京コミコン閉幕、トム・ヒドルストンやエズラ・ミラーに観客熱狂”. 映画ナタリー (2018年12月2日). 2019年6月9日閲覧。
  102. ^ “'The Pirate Fairy': Christina Hendricks and Tom Hiddleston join newest Tinkerbell movie”. Entertainment Weekly. (2013年8月9日). オリジナルの2013年8月12日時点によるアーカイブ。. https://web.archive.org/web/20130812043812/http://family-room.ew.com/2013/08/09/christina-hendricks-tom-hiddleston-the-pirate-fairy/ 2013年8月13日閲覧。 
  103. ^ Tom Hiddleston joins the cast of Early Man, voicing villainous Lord Nooth”. Aardman.com. 2016年10月21日時点のオリジナルよりアーカイブ。2016年10月20日閲覧。
  104. ^ “Tom Hiddleston Joins Aardman's 'Early Man' (Exclusive)”. The Hollywood Reporter. オリジナルの2016年10月21日時点によるアーカイブ。. https://web.archive.org/web/20161021011738/http://www.hollywoodreporter.com/news/tom-hiddleston-joins-aardmans-early-940016 2016年10月20日閲覧。 
  105. ^ How to wear black-tie – with Tom Hiddleston”. Esquire (2011年11月22日). 2015年5月10日時点のオリジナルよりアーカイブ。2015年3月17日閲覧。
  106. ^ Tom Hiddleston Used To Be on a Show Called "Suburban Shootout"”. BuzzFeed (2013年9月11日). 2015年4月16日時点のオリジナルよりアーカイブ。2015年3月17日閲覧。
  107. ^ Kenneth Branagh poised to film the final Wallander series next year”. Radio Times (2014年6月10日). 2015年3月18日時点のオリジナルよりアーカイブ。2015年3月17日閲覧。
  108. ^ 'Cranford' beautifully crosses two worlds”. Boston.com (2010年1月9日). 2015年5月6日時点のオリジナルよりアーカイブ。2015年3月17日閲覧。
  109. ^ Darwin's Secret Notebooks (2009)”. Rotten Tomatoes. 2015年6月22日時点のオリジナルよりアーカイブ。2015年3月17日閲覧。
  110. ^ a b Tom Hiddleston Is Making Family Guy A Hundred Times Funnier By Graciously Guest-Starring”. Crushable (2012年). 2014年11月1日時点のオリジナルよりアーカイブ。2015年3月17日閲覧。
  111. ^ a b ベン・ウィショーが!トムヒが!カンバーバッチが英国俳優がさけぶ!『ホロウ・クラウン』劇場版”. シネマトゥデイ (2017年5月25日). 2019年6月9日閲覧。
  112. ^ “The Night Manager to return to TV as BBC lands rights to make second series” (英語). The Sun. (2017年3月8日). https://www.thesun.co.uk/tvandshowbiz/3044435/bbc-wins-rights-to-make-second-series-of-the-night-manager-starring-returnees-tom-hiddleston-and-olivia-colman/ 2018年9月19日閲覧。 
  113. ^ Collura, Scott (2016年10月8日). “NYCC 2016: Guillermo del Toro's Trollhunters Debuts” (英語). IGN. 2016年10月12日時点のオリジナルよりアーカイブ。2016年10月12日閲覧。
  114. ^ “Disney Confirms Tom Hiddleston Will Lead a Loki Series for Streaming Service” (英語). Collider. (2018年11月8日). http://collider.com/tom-hiddleston-loki-series-confirmed/ 2018年11月9日閲覧。 
  115. ^ “Edinburgh Festival `99: Theatre Review” (英語). The Independent. (1999年8月27日). オリジナルの2016年12月20日時点によるアーカイブ。. https://web.archive.org/web/20161220183645/http://www.independent.co.uk/arts-entertainment/edinburgh-festival-99-theatre-review-1115565.html 2016年12月10日閲覧。 
  116. ^ Smith, Alistair (2005年12月14日). “Yorgjin Oxo – The Man”. The Stage. 2014年2月3日時点のオリジナルよりアーカイブ。2012年6月27日閲覧。
  117. ^ Tom Hiddleston: Life Beyond Learning Lines”. The Stage (2012年2月10日). 2014年9月3日時点のオリジナルよりアーカイブ。2014年8月27日閲覧。
  118. ^ Sulcas, Roslyn (2017年8月1日). “Kenneth Branagh to Direct Tom Hiddleston in ‘Hamlet’” (英語). The New York Times. ISSN 0362-4331. https://www.nytimes.com/2017/08/01/theater/kenneth-branagh-tom-hiddleston-hamlet.html 2017年8月1日閲覧。 
  119. ^ Bowie-Sell, Daisy (2018年11月15日). “Tom Hiddleston to star in Betrayal as part of West End Pinter season” (英語). whatsonstage.com. https://www.whatsonstage.com/london-theatre/news/tom-hiddleston-betrayal-jamie-lloyd-play-confirmed_48017.html 2018年11月15日閲覧。 
  120. ^ Brown, Mark (2018年11月15日). “Tom Hiddleston to star in stage production of Pinter's Betrayal” (英語). the Guardian. 2018年11月15日閲覧。
  121. ^ a b “Tom Hiddleston declared 2008's Best Newcomer in a Play”. Official London Theatre. (2008年3月9日). オリジナルの2015年9月24日時点によるアーカイブ。. https://web.archive.org/web/20150924071527/http://www.officiallondontheatre.co.uk/news/latest-news/article/item71354/tom-hiddleston-declared-2008s-best-newcomer-in-a-play/ 2015年8月5日閲覧。 
  122. ^ Connors, Adrienne (2008年4月27日). “Rory Kinnear: the son also rises”. The Sunday Times. オリジナルの2014年11月9日時点によるアーカイブ。. https://web.archive.org/web/20141109003403/http://www.thesundaytimes.co.uk/sto/culture/arts/theatre/article87703.ece 2014年11月8日閲覧。 
  123. ^ “Where are they now? 5 former WhatsOnStage Award winners”. WhatsOnStage.com. オリジナルの2016年12月2日時点によるアーカイブ。. https://web.archive.org/web/20161202034953/http://www.whatsonstage.com/london-theatre/news/wosawards-winners-where-are-they-now_42374.html 2016年12月1日閲覧。 
  124. ^ Groom, Holly (2009年5月17日). “Tom Burke scoops Ian Charleson award” (英語). The Sunday Times. ISSN 0956-1382. https://www.thetimes.co.uk/article/tom-burke-scoops-ian-charleson-award-0frb5sg7ntj 2018年8月23日閲覧。 
  125. ^ 2011 EDA Awards Nominees | Alliance of Women Film Journalists” (英語). awfj.org. 2018年8月9日閲覧。
  126. ^ Boucher, Geoff (2011年9月7日). “'Harry Potter,' 'X-Men: First Class' lead Scream Awards”. Los Angeles Times. 2015年7月2日時点のオリジナルよりアーカイブ。2011年9月7日閲覧。
  127. ^ O'Hara, Helen (2012年3月26日). “Jameson Empire Awards 2012 Winners!”. Empire Online. 2013年10月30日時点のオリジナルよりアーカイブ。2014年3月26日閲覧。
  128. ^ The London Evening Standard British Film Awards for 2012 Shortlist Revealed”. London Evening Standard. 2014年3月26日時点のオリジナルよりアーカイブ。2014年3月26日閲覧。
  129. ^ Nominees unveiled for the Orange Wednesday Rising Star Award 2012”. BAFTA (2012年1月). 2014年3月26日時点のオリジナルよりアーカイブ。2014年3月26日閲覧。
  130. ^ RISE OF THE PLANET OF THE APES and SUPER 8 lead Saturn Awards with 3 awards each.”. saturnawards.org (2012年7月26日). 2012年6月26日時点のオリジナルよりアーカイブ。2012年7月27日閲覧。
  131. ^ Teen Choice Awards 2012: see full list of winners”. On The Red Carpet (2012年7月22日). 2014年3月26日時点のオリジナルよりアーカイブ。2014年3月26日閲覧。
  132. ^ David, Jessica (2012年5月29日). “Woman of the Year Winners List 2012”. Glamour. 2012年6月1日時点のオリジナルよりアーカイブ。2012年5月30日閲覧。
  133. ^ KCA 2013 Nominees”. Nick.com (2013年). 2013年3月25日時点のオリジナルよりアーカイブ。2014年3月26日閲覧。
  134. ^ a b 2013 Movie Awards Winners”. MTV (2013年). 2014年3月26日時点のオリジナルよりアーカイブ。2014年3月26日閲覧。
  135. ^ The Jameson Empire Awards 2014 Shortlist”. Empire Online. 2014年2月7日時点のオリジナルよりアーカイブ。2014年3月26日閲覧。
  136. ^ Denham, Jess (2014年4月13日). “Olivier Awards 2014: Rory Kinnear beats Jude Law and Tom Hiddleston to Best Actor for Othello”. The Independent. オリジナルの2014年4月18日時点によるアーカイブ。. https://web.archive.org/web/20140418041221/http://www.independent.co.uk/arts-entertainment/theatre-dance/news/olivier-awards-2014-rory-kinnear-crowned-best-actor-for-othello-9257677.html 2014年5月30日閲覧。 
  137. ^ Johns, Nikara (2014年2月25日). “'Gravity,' 'The Hobbit: The Desolation of Smaug' Lead Saturn Awards Noms”. Variety. オリジナルの2014年2月28日時点によるアーカイブ。. https://www.webcitation.org/6Nj6ieckF?url=http://variety.com/2014/film/news/gravity-the-hobbit-the-desolation-of-smaug-lead-saturn-awards-noms-1201120744/ 2014年4月14日閲覧。 
  138. ^ Evening Standard Theatre Awards 2014: Tom Hiddleston and Gillian Anderson take best actor and actress at glittering London awards bash”. London Evening Standard. 2014年12月2日時点のオリジナルよりアーカイブ。2014年12月1日閲覧。
  139. ^ “Shortlists announced for 15th Annual WhatsOnStage Awards, voting opens”. WhatsOnStage.com. オリジナルの2016年12月22日時点によるアーカイブ。. https://web.archive.org/web/20161222042452/http://www.whatsonstage.com/london-theatre/news/whatsonstage-awards-2015-shortlists_36663.html 2017年4月11日閲覧。 
  140. ^ Chlotrudis Society for Independent Film - Current Awards”. chlotrudis.org. 2017年3月5日時点のオリジナルよりアーカイブ。2016年10月12日閲覧。
  141. ^ 'The Lobster,' 'Macbeth,' '45 Years' Top Nominees for British Independent Film Awards” (英語). Variety. 2015年11月4日時点のオリジナルよりアーカイブ。2015年11月3日閲覧。
  142. ^ London Evening Standard British Film Awards return” (英語). Evening Standard. 2015年12月23日時点のオリジナルよりアーカイブ。2015年12月22日閲覧。
  143. ^ TV Choice Awards 2016: Triumph for Hiddleston - but Downton Abbey and Doctor Foster are the big winners”. 2016年9月26日時点のオリジナルよりアーカイブ。2016年9月22日閲覧。
  144. ^ Nominees/Winners”. 2016年7月17日時点のオリジナルよりアーカイブ。2016年7月14日閲覧。
  145. ^ Nominees/Winners”. 2016年9月3日時点のオリジナルよりアーカイブ。2016年8月31日閲覧。
  146. ^ Lincoln, Ross A. (2016年11月14日). “Critics’ Choice TV Nominations Unveiled” (英語). Deadline. オリジナルの2016年11月14日時点によるアーカイブ。. https://web.archive.org/web/20161114231158/http://deadline.com/2016/11/television-nominees-for-2016-critics-choice-awards-unveiled-1201853806/ 2016年11月14日閲覧。 
  147. ^ The International Press Academy Announces Nominations for the 21th Annual Satellite™ Awards” (2016年11月29日). 2016年12月3日時点のオリジナルよりアーカイブ。2019年6月9日閲覧。
  148. ^ “TV Times Awards – Favourite Actor” (英語). What' s on TV. (2016年8月12日). オリジナルの2016年10月8日時点によるアーカイブ。. https://web.archive.org/web/20161008152438/http://www.whatsontv.co.uk/tv-times-awards/nominees/favourite-actor-2016-413744/ 2016年10月7日閲覧。 
  149. ^ “Golden Globes 2017: The Complete List of Nominations”. The Hollywood Reporter. オリジナルの2016年12月13日時点によるアーカイブ。. https://web.archive.org/web/20161213020558/http://www.hollywoodreporter.com/lists/golden-globes-nominees-2017-list-955075 2016年12月12日閲覧。 
  150. ^ Awards, National Television. “Drama Performance | Vote | National Television Awards”. www.nationaltvawards.com. 2016年10月13日時点のオリジナルよりアーカイブ。2016年10月12日閲覧。
  151. ^ “Producers Guild TV Nominees Include 'Westworld,' 'Stranger Things,' 'Atlanta'”. The Hollywood Reporter. http://www.hollywoodreporter.com/news/producers-guild-unveils-tv-digital-nominees-961015 2017年1月5日閲覧。 
  152. ^ Nugent, John. “Three Empire Awards 2017 Live Blog” (英語). Empire. 2017年3月20日時点のオリジナルよりアーカイブ。2017年3月19日閲覧。
  153. ^ Awards, Teen Choice (2017年6月19日). “Your picks for #ChoiceSciFiMovieActor are @asabfb @prattprattpratt @dacremontgomery @diegoluna_ @Renner4Real @twhiddleston! #TeenChoicepic.twitter.com/aLHNZ6ah07”. @TeenChoiceFOX. 2017年6月20日閲覧。
  154. ^ Evans, Greg (2018年6月22日). “Teen Choice Awards: ‘Black Panther’, ‘Solo’, ‘Riverdale’ Lead Nominations – List” (英語). Deadline. https://deadline.com/2018/06/teen-choice-awards-black-panther-solo-riverdale-nominations-list-1202415855/ 2018年6月22日閲覧。