トヨタディーゼル店

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

トヨタディーゼル店(トヨタディーゼルてん)とは、1957年から1988年まで存在していたトヨタ自動車ディーラーである。

概要と沿革[編集]

トヨタのディーゼル車市場進出と専門店設置[編集]

トヨタディーゼル店は、トヨタ自動車工業(現:トヨタ自動車)が、1957年昭和32年)3月DA80系「大型トラック」の発表を機に、大型商用車市場に本格的に進出するために新設された、大型トラックと大型バスを専門に扱う販売チャネルである。当時すでにトヨタ自動車の販売チャネルにはトヨタ店トヨペット店が存在しており、トヨタディーゼル店は3番目に設立された販売チャネルとなる。

トヨタ初の大型車用ディーゼルエンジンである「D型エンジン」搭載車の販売と整備を柱としていたが、従前からの初代B型F型といった、ガソリンエンジンを搭載したトラック(BX/FX、FA)、バス (FB)と、ランドクルーザー(FJ/BJ[1])とコースターも取り扱うこととなった。

また、乗用車に比べ、大型の設備や治具・工具を要するダイナトヨタ店との併売として取扱いされ、1969年昭和44年)発表のマッシーダイナもトヨタ店及びトヨタディーゼル店の扱いとなった。

トヨタ店トヨペット店と異なり、トヨタディーゼル店は全国展開されず、大都市のみに設置された。具体的には、1957年昭和32年)2月から1958年昭和33年)4月にかけて、東京大阪愛知名古屋市)、福岡宮城仙台市)、静岡北海道札幌市)、兵庫神戸市)、神奈川横浜市)の9都道府県にディーゼル店販売会社が設立された。後の1965年昭和40年)9月には、埼玉川口市)と千葉にもディーゼル店販売会社が設立されている。この埼玉と千葉の2社は、元々はプリンス自動車工業販売会社であったが、1966年昭和41年)8月日産自動車との合併を控え、トヨタディーゼル店に鞍替えしたものである。

なお、ディーゼル店が設置されない地域では、その地域のトヨタ店が、大型商用車とディーゼル車の販売を引き続き担当していた。

また、フォークリフトなどの産業車両(トヨタL&F)を扱っていた販売会社もあり、これらの販売会社はのちに産業車両の販売部門を分社化している(例:トヨタL&F兵庫…神戸トヨタディーゼルの産業車両部が前身だった)

ディーゼル店での乗用車販売[編集]

トヨタディーゼル店設置当初の取扱車種は、ディーゼルエンジン搭載の大型トラックや大型バス、およびランドクルーザーであった。その後、大型車市場におけるトヨタのシェアは、専業4社(いすゞ日野ふそう民生)の前に、年々小さくなって行き、各トヨタディーゼル店が経営不振に陥ったことから、やがてパブリカカローラといったトヨタカローラ店1969年昭和44年)以前はトヨタパブリカ店)取り扱いの乗用車も扱われるようになり、ついにはこれら乗用車が販売の主力になる。

しかし、ディーゼル店での乗用車販売は、経営不振に陥った各ディーゼル店を救済するためにやむを得ずトヨタ自動車販売(現:トヨタ自動車)がとった措置であり、当時のトヨタの方針は、あくまでも「ディーゼル店は大型商用車の販売に専念すること」であった。

ディーゼル店からカローラ店へ [編集]

過去に販売されていたトヨタDR15(1971年製)産交バス

トヨタの方針とは裏腹に販売の主力が完全にカローラ店扱いの乗用車になったことから、1970年代に入るとトヨタとの販売契約を結び直したうえで販売系列を変更し、社名も販売車と同じトヨタカローラ店系列に変更するディーゼル店が続出した(例:静岡トヨタディーゼル⇒トヨタカローラ東海)。初代カローラが発売された1966年昭和41年)には11社のディーゼル店販売会社が存在していたが、3代目カローラが発売された1974年昭和49年)にはわずか2社(東京トヨタディーゼルおよび名古屋トヨタディーゼル)となっていた。

最後に残った2社のうち、東京トヨタディーゼルは1980年昭和55年)1月に解散し、名古屋トヨタディーゼルただ1社だけが存続していたが、こちらも1989年昭和64年・平成元年)1月に系列変更をおこない、トヨタカローラ名都(めいと)と社名を変更し、この時点でトヨタディーゼル店の販売会社が消滅した。トヨタカローラ名都はその後、1996年平成8年)4月にトヨタカローラ愛豊(あいほう)に吸収合併されて現在に至っている。

ディーゼル店のカローラ店への移行により、それまでディーゼル店専売とされていたディーゼルエンジン搭載の普通小型トラック・バスおよびランドクルーザーコースターは、その地域のトヨタ店が販売を受け持つこととなった。それまでディーゼル店とトヨタ店で併売されていたダイナは、これ以降トヨタ店(大阪地区は2006年8月8日に旧大阪トヨタより社名変更した大阪トヨペット)での専売車種となる。

最終的に、日本の大型車市場へのトヨタブランドとしての供給が廃止され、トヨタグループの大型車メーカーである日野自動車に任せて日野ブランドでの供給となっている。トヨタブランドでの日本国内向け大型車販売は、DB100系ボンネットバス、DR10/15系リアエンジンバスが1974年昭和49年)頃まで、DA110 系ボンネット/DC系キャブオーバートラックが1978年昭和53年)頃までで、海外向けも2006年平成18年)頃?までには終了している。

主な取扱車種[編集]

商用車(ディーゼル店専売車種)

商用車(トヨタ店との併売車種)

商用車(パブリカ店→カローラ店との併売車種)

※以下は東京トヨタディーゼル・名古屋トヨタディーゼルで取り扱われた車種を示す

乗用車(基本的にパブリカ店→カローラ店との併売)

※以下は東京トヨタディーゼル・名古屋トヨタディーゼルで取り扱われた車種を示す

※以下は名古屋トヨタディーゼルで取り扱われた車種を示す

トヨタディーゼル店販売会社一覧[編集]

  • 東京トヨタディーゼル株式会社(1957年3月 - 1980年1月)※当初は東急グループ、解散。本社は当初は赤坂見附に存在したが1968年目黒区青葉台に移転。ほかに支店が大田区ほか数か所に存在した。
  • 大阪トヨタディーゼル株式会社(1957年3月 - 1972年4月)※トヨタカローラ大阪(株)に吸収合併される。産業車両部門は1966年に分社化され「大阪トヨタフォークリフト」となったのち、「トヨタL&F大阪」に社名変更後トヨタL&F京滋との統合を経て「トヨタL&F近畿」となる
  • 名古屋トヨタディーゼル株式会社[18](1957年4月 - 1988年12月)※名古屋鉄道も資本参加、後に愛知トヨタグループとなり、トヨタカローラ名都(株)へ社名変更されるが1996年4月に同じ愛知トヨタグループのトヨタカローラ愛豊(株)に吸収合併される
  • 福岡トヨタディーゼル株式会社(1957年9月 - 1970年5月)※当初は西日本鉄道も資本参加、トヨタカローラ福岡(株)へ社名変更
  • 宮城トヨタディーゼル株式会社(1957年10月 - 1969年7月)※トヨタカローラ宮城(株)へ社名変更
  • 静岡トヨタディーゼル株式会社(1957年12月 - 1969年5月)※トヨタカローラ東海(株)へ社名変更
  • 札幌トヨタディーゼル株式会社(1957年12月 - 1973年12月)※トヨタカローラ北海(株)へ社名変更、1980年5月にトヨタビスタ札幌(株)に社名変更、2004年5月のビスタ店廃止によるネッツ店との統合によりネッツトヨタ道都(株)に社名変更
  • 神戸トヨタディーゼル株式会社(1958年2月 - 1970年5月)※大関グループ、トヨタカローラ兵庫(株)へ社名変更。産業車両部門は1970年に分社化され「兵庫トヨタフォークリフト(現・トヨタL&F兵庫)」となる
  • 横浜トヨタディーゼル株式会社[19]1958年4月 - 1970年4月)※トヨタカローラ東急(株)へ社名変更されたが、1972年10月にトヨタカローラ横浜(株)に吸収合併される
  • 埼玉トヨタディーゼル株式会社(1965年9月 - 1969年7月)※トヨタカローラ新埼玉(株)へ社名変更
  • 千葉トヨタディーゼル株式会社(1965年9月 - 1969年7月)※トヨタカローラ京葉(株)へ社名変更されたが、1990年12月にトヨタカローラ千葉(株)に吸収合併される

脚注[編集]

  1. ^ ランドクルーザーの「B」は、直列4気筒ディーゼルエンジン2代目B型
  2. ^ ディーゼル店消滅後は各地域のトヨタ店専売となる。
  3. ^ トヨタ店から移管された。ディーゼル店消滅後は各地域のトヨタ店専売に戻された。
  4. ^ 1970年5月まで。以降はオート店専売となった。
  5. ^ 1970年5月まで。以降はオート店専売となった。
  6. ^ トヨタ店との併売。1975年末にミニエースが販売終了となったカローラ店/ディーゼル店での小型トラックラインナップ補完の為、トヨタ店で取り扱っていたハイラックスをカローラ店/ディーゼル店でも取り扱っていた。(1977年頃まで)
  7. ^ 1978年頃まではオート店でも併売していた。
  8. ^ 1969年4月まで。以降はオート店専売となった。
  9. ^ 初代モデルのカローラスプリンターオート店専売の為、ディーゼル店での取扱いは無かった。
  10. ^ ミニエースの乗用登録ワゴンタイプ
  11. ^ 1979年10月まではオート店でも併売していた。
  12. ^ 1980年4月-1982年5月の期間はビスタ店でも併売していた。なお、この時期のディーゼル店取扱いは名古屋トヨタディーゼルのみである。
  13. ^ 1980年4月以降はビスタ店でも併売していた。
  14. ^ セリカカムリの後継車種。1982年3月のモデルチェンジを機にビスタ店での取扱いは終了し、ビスタ店向けは姉妹車のビスタが投入された(ビスタ店のない沖縄県のみオート店でビスタを販売)。
  15. ^ カローラIIの新発売により、ターセルはカローラ店/ディーゼル店での取扱いが終了し、ビスタ店の専売となった(ビスタ店のない沖縄県のみカローラ店からオート店に取扱いが移行)。
  16. ^ セリカXXの後継車種。
  17. ^ 名古屋トヨタディーゼル消滅後(1989年1月-)は愛知トヨタでの専売となった。
  18. ^ 名古屋トヨタディーゼルは設立当初、「名古屋トヨタディーゼル自動車株式会社」という社名であったが、設立後1週間で「名古屋トヨタディーゼル株式会社」に社名変更された。
  19. ^ 横浜トヨタディーゼルは当初、「神奈川トヨタディーゼル株式会社」という社名であったが、神奈川地区のトヨタ店である「神奈川トヨタ自動車株式会社」と紛らわしいため、間もなく「横浜トヨタディーゼル株式会社」に社名変更された。