この記事は半保護されています。(半保護の方針による半保護)

トヨタ・エティオス

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
検索に移動

トヨタ・エティオス/
エティオスリーバ/
エティオスファルコ
AK1#/1#H
エティオス(前期型)
Toyota Etios top left front.jpg
エティオスリーバ(前期型)
Toyota Etios Valco aka Etios Liva (front).JPG
製造国 インドの旗 インド
ブラジルの旗 ブラジル
販売期間 2011年 -
乗車定員 5人
ボディタイプ 4ドア セダン(エティオス)
5ドア ハッチバック(リーバ/ファルコ)
エンジン 2NR-FE型 1,496cc 直4 DOHC
3NR-FE型 1,198cc 直4 DOHC
1ND-TV型 1,362cc 直4 SOHC ディーゼルターボ
エンジン位置 フロント
駆動方式 前輪駆動
変速機 5速MT
CVT(インド仕様除く)
全長 4,265mm(エティオス)
3,775mm(リーバ/ファルコ)
全幅 1,695mm
全高 1,510mm
ホイールベース 2,550mm(エティオス)
2,460mm(リーバ/ファルコ)
後継 インドネシア:アギアに統合
インド:トヨタ・ヤリス(XP150型)、グランツァ/スターレット(ハッチバック)
南アフリカ共和国:スターレット
プラットフォーム トヨタ・Bプラットフォーム
-自動車のスペック表-
テンプレートを表示

エティオス (Etios) とは、トヨタ自動車が製造・販売する(Bセグメント相当の)サブコンパクトカー

概要

インド南アフリカ共和国インドネシアブラジルなどの新興市場向けの廉価なモデルとして専用開発された戦略車種であり、ヤリスより一回り小さい。ボディタイプはセダンハッチバックがあり、後者は市場によってエティオスリーバ (Etios Liva)、またはエティオスファルコEtios Valco) というネーミングがなされた。

『World First, India First』を合言葉にまずインド市場に投入し、その後ブラジルなどに展開を広げた車種であるが[1]、2020年9月時点で販売が行われているのはブラジルアルゼンチンペルーなど南米の数カ国のみとなる。

沿革

初代(AK10/10H型、2011年 - )

2010年1月、ニューデリーオートエクスポセダン及びハッチバック型のコンセプトカーを公開。同年12月1日に予約を開始した。12月29日には、インド現地法人トヨタ・キルロスカ・モーター (TKM) のバンガロール第2工場でラインオフ式典を実施。

エティオスのセダンは排気量1.5リットルのガソリン車で価格は49万6,000-68万6,500ルピーと、日本円で100万円前後。2011年6月にはハッチバックのエティオスリーバが追加された。リーバには新たに開発された排気量1.2リットルのガソリンエンジンが搭載される[2]。部品の現地調達率を約70%から90%近くまで引き上げ、年産7万台を見込む[3]

2012年4月、TKMはエティオスの南アフリカ共和国への輸出を開始した[4]。5月、トヨタ・サウスアフリカ・モーターズ (TSAM) が販売を開始した。南アフリカ仕様車はセダン、ハッチバック両方ともラインナップし、エンジンは1.5リットルガソリンのみとなる。価格は11万5,800~12万6,600ランドとなる。[5]

2012年8月9日ブラジルサンパウロ州に建設されたソロカーバ工場の開所式が行われ、同月中旬より同国向け「エティオス」ハッチバックおよびセダンの生産を開始。9月18日に発表が行われ、価格を2万9,990レアルからとして、9月28日から販売を開始した[6]。 ブラジル仕様車はフレックス燃料車となり、1.3リットルの1NR-FBEがハッチバックのみに、1.5リットルの2NR-FBEがハッチバックとセダンの両者に搭載された[7]

2013年3月11日インドネシアのハッチバックモデル「エティオスファルコ」の販売開始。

2014年10月にマイナーチェンジを実施した。

2017年10月インドネシアのハッチバックモデル「エティオスファルコ」の生産終了。

2018年1月インドネシアのハッチバックモデル「エティオスファルコ」の販売終了。アギアと統合。

2020年4月1日、トヨタ・キルロスカ・モーターはエティオスの生産終了を発表した[8]。なお、スズキとの提携に基づきインド市場では2019年6月からスズキ・バレーノのOEM供給を受けてグランツァの車名で販売しているが、同車がエティオスハッチバック(リーバ)の事実上の後継車種となる。セダンについてはXP150型ヤリスがトヨタのエントリー車種となる。また、これによって南アフリカ共和国でも販売が終了したが、後継車種として同年9月21日にインド市場と同様にバレーノのOEM供給を受けてスターレットとして販売を開始した[9]

モータースポーツ

2012年のニューデリーオートエクスポでトヨタは2013年よりインド国内においてエティオスのワンメイクレースを行なうと発表。オートエクスポではエティオスのレース仕様も発表された[10]

2017年、フランスのコンストラクターであるオレカグループR4向けに開発するエティオスリーバのマシンが公開された[11]

車名の由来

  • ギリシャ語の「精神、理念」を意味するEthos(エトス)という単語から作られた造語。

脚注

  1. ^ トヨタがインド攻略小型車「エティオス」発表、出遅れ挽回の切り札となるか”. 東洋経済新報社 (2010年12月2日). 2011年6月29日閲覧。
  2. ^ トヨタ エティオス にハッチバック…インド生産能力を21万台へ
  3. ^ トヨタ、「エティオス」をラインオフ(NNA.ASIA 2010年12月29日)
  4. ^ Rohit Khurana (2012年4月6日). “Toyota Starts Export Of Etios And Etios Liva From India To South Africa”. CarBlogIndia. 2012年5月23日閲覧。
  5. ^ Ryan Bubear (2012年5月17日). “Etios: big bang for buck”. iafrica.com. 2012年5月23日閲覧。
  6. ^ トヨタ、ブラジルで 「エティオス(Etios)」 を発売 (PDF)”. トヨタ自動車 (2012年9月18日). 2012年9月18日閲覧。
  7. ^ Toyota Etios: detalhes das versões e visita à fábrica de Sorocaba (95 fotos)” (ポルトガル語). Notícias Automotivas (2012年9月17日). 2012年9月18日閲覧。
  8. ^ Toyota Kirloskar Motor sells 8,022 units in the month of March 2020”. トヨタ・キルロスカ・モーター (2020年4月1日). 2020年9月28日閲覧。
  9. ^ Janine Van der Post (2020年9月21日). “Farewell Etios, hello Starlet - Meet Toyota's new affordable star”. wheels24. 2020年9月28日閲覧。
  10. ^ 【デリーモーターショー12】トヨタのインド向けコンパクト、エティオス…レーサー登場 - Response、2012年1月7日
  11. ^ [1]

関連項目