トヨタ・カローラWRC

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
トヨタ・カローラWRC
ディディエ・オリオール車
カテゴリー FIA ワールドラリーカー
コンストラクター 日本の旗 トヨタ
先代 トヨタ・セリカ GT-FOUR ST205
主要諸元[1][2]
サスペンション(前) マクファーソンストラット
サスペンション(後) マクファーソンストラット
全長 4,100 mm
全幅 1,770 mm
トレッド 1,564 mm / 1,556 mm
ホイールベース 2,488 mm
エンジン 3S-GTE 1,998 cc 水冷直列4気筒 16VDOHC ターボ
トランスミッション Xtrac 6速 MT
重量 1,230 kg
タイヤ ミシュラン
主要成績
チーム 日本の旗 トヨタ・カストロール・チーム
ドライバー
チームタイトル 1 (1999年)
初戦 フィンランドの旗 1997 1000湖
初勝利 モナコの旗 1998 モンテカルロ
最終勝利 中華人民共和国の旗 1999 中国
テンプレートを表示

カローラWRC(カローラダブリューアールシー、Corolla WRC )は、トヨタ自動車世界ラリー選手権 (WRC) に出場するために開発した競技専用車(ワールドラリーカー)である。ベースの市販車はハッチバックトヨタ・カローラ(AE111型)。

概要[編集]

カローラWRCをドライブするカルロス・サインツ(1999年ラリー・モンテカルロ

1987年に導入されたグループA規定では、トヨタ・セリカが1990年代前半のWRCで日本車として初めてランチアを破りドライバーズ・メイクスの両部門を制覇するなど一時代を築いた。しかしスバル・インプレッサ三菱・ランサーエボリューションといったよりコンパクトなモデルが競争相手として現れると、セリカのロングノーズ・ショートデッキスタイルの大柄なボディは、大半のラリーの特徴である道幅が狭く曲がりくねったコースでハンディを負うことになった[3]

1997年より年間生産25,000台以上の量産車に大規模な改造が認められるワールドラリーカー(WRカー)規定が導入されることを機に、ハッチバック車の人気が高い欧州での拡販も考慮し、トヨタはセリカから欧州仕様のハッチバックのカローラ(AE111型)へとベース車を移すことが決まった[4]。規定ではエンジンが同車種にラインナップされた物しか選択できない中、トヨタは国際自動車連盟 (FIA) から同一メーカーのエンジンであれば搭載できる特例を取得し、これによってカローラのコンパクトなボディにセリカのターボエンジンと四輪駆動レイアウトを収めることが可能となった[5]

トヨタは1995年ラリー・カタルーニャリストリクター寸法規定違反により、1996年は1年間出場停止処分を受け、加えてもう一年活動を自粛したため、この期間を使ってカローラWRCの開発が行われた[4]。開発陣はダグベルト・レイラーを筆頭に[5]ミスファイアリングシステムを初めてWRCに持ち込んだミハイル・ロスマンらセリカに携わったエンジニアによって進められ、一年後の1997年に一号車が完成[5]。当時、トヨタ・チーム・ヨーロッパ (TTE) と契約していたフレディ・ロイクスや、1995年以来の復帰となったディディエ・オリオールらによってテストが繰り返され、1997年ラリー・フィンランドでデビューした[5]

なおカローラがWRCに参戦するのはこれが初めてではなく、1973年北米プレス・オン・リガードレス・ラリーでウォルター・ボイスの駆るカローラクーペ1600SR(TE25) がトヨタ車のWRC初勝利を記録している[6]。また1974年から1977年までのトヨタはTE27カローラレビンをメインにWRC参戦しており、1975年1000湖ラリーにおけるワークス初優勝を飾っている。

メカニズム[編集]

外装[編集]

同型の市販車。

短いオーバーハングが特徴の欧州仕様(E11#型)3ドアハッチバックボディは、日本仕様の8代目(E110型)カローラとプラットフォームを共有している。しかし、コーナーでの挙動を抑えるため、ホイールベースは2,448mm[1]に延長されている。丸いヘッドライトを用いたフロントマスクには、冷却能力を向上させるために、かつてのランチア・デルタ・インテグラーレと似たエアスクープが設けられている。また挙動の安定化のためフロント、リアにエアスポイラーが設けられている。1997年モデルで一体成型だったフロントスポイラーは、未舗装路での損傷が激しいことから、翌1998年の開幕戦モンテカルロから分割タイプに変更された。

エンジン[編集]

セリカの3S-GTE型を引き続き使用した。タービンも同様にトヨタ製のCT20タービンの改良型が採用されたが、セリカ時代の欠点だった慣性モーメントを抑制するため、インタークーラーは水冷式から空冷式に改められた。エンジン本体はカローラの小さなエンジンベイに納めるため25度後方に傾けて搭載されたが、重量配分は60対40とフロントヘビーで、リアのトランクに設置された燃料タンクに燃料が満たされた状態でも54.4対45.6となった。デビュー以降もエンジンは改良され、1998年シリーズの終盤ラリー・サンレモでは軽量コンロッドを、そして1999年のラリー・ポルトガルからはアルテッツァ用の挟角ヘッド(ただし、可変バルブタイミング機構は外されている)を載せた物を使用した。

駆動方式[編集]

駆動方式は四輪駆動だが、デビュー当初はセリカ時代からのトルクスプリット4WDシステムを採用していた[5]。1999年には他のライバルチームに追従して、前後、センター、リアともに電子油圧制御システムに変更された[5]

トランスミッション[編集]

セリカ時代に引き続きイギリスエクストラック製だが、新機軸として「ジョイスティック」と呼ばれる電子油圧制御のセミオートマチックトランスミッションが採用された[5]。これはステアリング右脇にある小さなスティック状のレバーでギアの操作が可能なものだった[5]。しかし現在のラリーカーに用いられている圧縮空気式ではなく油圧式であったため当初トラブルが頻発し取り外されることが多く、ワークス参戦した2台がほぼ全戦を通じてこの機構を使用できたのはラストシーズンの1999年に入ってからのことだった。またワークス撤退後の2000年には、有力プライベーター向けにジョイスティックの他パドルシフトのタイプも作られている。

競技での活躍[編集]

カローラWRCをドライブするヤリ・マティ・ラトバラ(2006年)

1997年のテスト参戦を経て、1998年よりWRCにフル参戦。オリオールに加えてカルロス・サインツがチームに復帰する。サインツが開幕戦ラリー・モンテカルロでカローラWRCに初勝利をもたらすと[7]、オリオールはラリー・カタルーニャで優勝、ラリー・ニュージーランドではサインツ/オリオールがワンツーフィニッシュ[8]。サインツはトミ・マキネンから-2ポイント差で最終戦グレートブリテンを迎えた[8]。マキネンが早々とリタイアしたため、サインツの逆転王者がほぼ確実となったが、最終日の最終SS、ゴールからわずか数百メートルの地点でまさかのエンジントラブルが発生[8][7]。歴史的な大逆転でドライバーズチャンピオンは手から滑り落ちたうえ、オリオールもリタイアしていたためマニュファクチャラー部門も三菱に逆転され年間2位に終わった[8]

1999年はオリオールが終盤までチャンピオン争いに加わったものの、優勝はチャイナ・ラリーの1回に留まった[8]。それでも車両の信頼性が向上し、安定したパフォーマンスを発揮してマニュファクチャラーズ部門を制覇した[7]。同部門のタイトルは1993年1994年以来3回目[8]。この年を以てトヨタはWRC活動から撤退し、F1参戦への準備に向かった[8]

ワークス撤退後も翌2000年まで小規模な開発は続けられ、TTEのセカンドチームであるイタリアのプライベーター、グリフォーネから参戦したブルーノ・ティリーがモンテカルロでワークス勢を相手に5位に入ったほか[8]、ハリ・ロバンペッラが、フィンランドでコリン・マクレーと接戦を繰り広げた末、3位に入るなどの活躍を見せている[8]。2000年代後半に入ってもプライベーターに使用され、セバスチャン・ローブヤリ=マティ・ラトバラといった後のWRCのスターたちの初期キャリアでもカローラWRCでの参戦が見られる。

またWRC以外ではERC(ヨーロッパラリー選手権)2000年にヘンリック・ルンドガード、2001年にアーミン・クレマーがチャンピオンを獲得している。またMotoGP王者のバレンティーノ・ロッシもモンツァ・ラリーにおいてカローラWRCを採用していた。

注釈[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ a b 三栄書房 2018, p. 51.
  2. ^ 【写真館】トヨタ WRCマシン グラフィティ Vol.7 カローラ WRカー(1997年)”. Webモーターマガジン (2017年5月6日). 2019年4月29日閲覧。
  3. ^ 三栄書房 2018, p. 39.
  4. ^ a b 三栄書房 2018, p. 41.
  5. ^ a b c d e f g h 三栄書房 2018, p. 43.
  6. ^ カローラの哲学”. トヨタ自動車. 2017年1月12日閲覧。
  7. ^ a b c カローラとモータースポーツ”. トヨタ自動車株式会社 (2016年11月14日). 2019年4月29日閲覧。
  8. ^ a b c d e f g h i 三栄書房 2018, p. 45.

参考文献[編集]

  • 三栄書房『トヨタWRCのすべて』三栄書房、2018年。ISBN 978-4779635403。

関連項目[編集]