トヨタ・Bプラットフォーム

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

トヨタ・Bプラットフォームとは、トヨタ自動車ABセグメント(フルBセグメントを含む)FF車用のプラットフォームの名称である。2代目ヴィッツ、および日本国内市場向け11代目カローラシリーズ(2代目アクシオ(トヨタ教習車含む)/3代目フィールダー)、ジャパンタクシーなどのプラットフォームに用いられた。既存のNBCプラットフォームの改良版にあたる。サスペンションは、フロント:マクファーソンストラット、リア:トーションビームまたはトーションビーム併用のド・ディオンアクスル。このプラットフォームから、ごく一部を除くほとんどのFF用がリアがトーションビームに、ごく一部を除くほとんどの4WD用はリアがトーションビーム併用のド・ディオンアクスルにそれぞれ変更されている。なお、後継プラットフォームは「TNGA」の一環として開発されたGA-Bプラットフォームとなる。

搭載車種[編集]

脚注[編集]

  1. ^ プラットフォーム後方はMCプラットフォームを使用