トヨタ・C型エンジン (2代目)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

トヨタ・C型エンジン(トヨタ・Cがたエンジン)は、トヨタ自動車工業(現・トヨタ自動車)がかつて製造していた水冷直列4気筒ディーゼルエンジンの系列である。

日本初の乗用車用ディーゼルエンジン。

概要[編集]

1,500ccクラスのR型ガソリンエンジンのシリンダーブロックをそのまま流用して、渦流室式燃焼室を採用した試験的なディーゼルエンジンとして1959年10月に初代トヨペット・クラウンに搭載された。しかし、R型ガソリンエンジンをベースとしたエンジン故にシリンダーの剛性不足が大きな問題となり、最高出力も40馬力までに留まり、この当時の自動車用ディーゼルエンジンとしては結果的に心もとない性能となってしまった。C型ディーゼルエンジンでの失敗が契機となり、後に登場するR型ガソリンエンジンと同等の出力を有するJ型ディーゼルエンジンに生かされることとなった。

  • 生産期間
    • 1959年9月 - 1961年3月(国内向け)

系譜[編集]

型式[編集]

C[編集]

  • 種類:直列4気筒OHV 8バルブ 過流室式
  • 排気量:1,491cc
  • 内径×行程:78.0×78.0
  • 圧縮比:19.0
  • 最高出力:30kW(40PS)/4,000rpm
  • 最大トルク:83Nm(8.5kgf-m)/2,400rpm
  • 搭載車種(車両型式)

関連項目[編集]