トヨタ・KDエンジン

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
検索に移動
1KD-FTV

トヨタ・KDエンジンは、トヨタ自動車水冷直列4気筒ディーゼルエンジンの系列である。

1KD-FTVは、コースター用を除く乗用登録用ディーゼルエンジンとしては、前任の1KZ同様、トヨタのラインナップ中最大排気量である。

系譜[編集]

型式[編集]

2000年平成12年)7月登場

ディーゼルエンジン

水冷直列4気筒DOHCターボ 電子制御コモンレール直接噴射

なお、トヨタ製のプレジャーボートに搭載される「M1KD-V」は本エンジンをベースに開発されたものである[1]

1KD-FTV - 3000cc[編集]

1KD-FTV
登場年月 2000年7月
エンジン種別 ディーゼルターボ
インタークーラー付き
燃料噴射方式 電子式コモンレール
直接噴射式
冷却方式 水冷
シリンダー配置・数 直列4気筒
弁形式 コグドベルト駆動
4バルブ DOHC
ボア×ストローク 96 mm×103 mm
排気量 2,982 cc
圧縮比 17.9:1

※ハイエース200系 16.0:1

(2010/07/26~)
15.0:1

出力 125 kW (170 PS)/3,400 rpm

※ハイエース200系 100 kW (136 PS)/3,400 rpm

(2010/07/26~)
106 kW (144 PS)/3,400 rpm

トルク 352 Nm (35.9 kg・m)
/1,800 - 3,400 rpm

※ハイエース200系 300 Nm (30.6 kg・m)
/1,200 - 2,400 rpm

(2010/07/26~)
300 Nm (30.6 kg・m)
/1,200 - 3,200 rpm

重量 -kg

※ハイエース200系用エンジンでは、後述の2KD-FTVと同じくオイルフィルターの小型化が行われており、それ以前のエンジンとはオイルフィルターの互換性がない。

国内市場では大きな出力の向上は行われなかったが、海外市場向けでは127 kW/410 Nmや140 kW/420 Nmといった仕様も存在する[2]

2KD-FTV - 2500cc[編集]

2KD-FTV
登場年月 2004年8月
エンジン種別 ディーゼルターボ
インタークーラー付き
燃料噴射方式 電子式コモンレール
直接噴射式
冷却方式 水冷
シリンダー配置・数 直列4気筒
弁形式 コグドベルト駆動
4バルブ DOHC
ボア×ストローク 92 mm×93.8 mm
排気量 2.494 cc
圧縮比 18.5:1
出力 80 kW (109 PS)/3.400 rpm
トルク 260 Nm (26.5 kg・m)
/1,600 - 2,600 rpm
重量 -kg

※このエンジンでは、ディーゼルエンジンのND型エンジンと同じく、オイルフィルターの小型化が行われた。

脚注[編集]

  1. ^ PONAM-31 TOYOTA M1KD-VH (ディーゼル)”. トヨタマリン. 2020年10月4日閲覧。
  2. ^ 一方でこれらの仕様に採用されたピストンにクラックが生ずるという不具合の報告があり、リコールにはなっていないものの、テクニカルサービス速報(TSB)が出ている。国内ではこれらの仕様は正規では存在しない。

関連項目[編集]