この記事は半保護されています。(半保護の方針による半保護)

トヨタ・M15A-FKS

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
検索に移動

トヨタ・M15A-FKS
生産拠点 トヨタ自動車
製造期間 2020年1月 -
タイプ 直列3気筒DOHC12バルブ
ガソリン車専用エンジン
排気量 1,490cc
内径x行程 80.5mm×97.6mm
圧縮比 14
最高出力 88kW(120ps)/6,600rpm
最大トルク 145N・m(14.8kg・m)/4,800〜5,200rpm
テンプレートを表示

トヨタ・M15A-FKSは、トヨタ自動車エンジンダイナミックフォースエンジン)の内の一つ。初搭載は、2020年2月10日発売の4代目(日本仕様は初代扱い)トヨタ・ヤリス。Fは実用DOHC、Kはコンベンショナル(非ハイブリッド)ガソリン車用ミラーサイクル、Sは筒内噴射を意味している。

概要

トヨタの自動車用直列3気筒のガソリンエンジンとしては2004年ダイハツ工業と共同開発した1.0LのKR型以来、約16年ぶりとなる。可変バルブタイミング機構が採用されており、吸気側がVVT-iW、排気側がVVT-iとなっている。燃料噴射システムとして、トヨタ・D-4が搭載されている。

系譜

諸元[1]

  • 排気量 1,490cc
  • 内径×行程:80.5mm×97.6mm
  • 圧縮比 : 14.0
  • 最高出力 120PS(88kW)/6,600rpm
  • 最大トルク 14.8kg・m(145N-m)/4,800〜5,200rpm

脚注・出典

  1. ^ トヨタ ヤリス主要諸元表 - トヨタ自動車

関連項目