トヨタ・TF107

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
トヨタ・TF107
Jarno Trulli 2007 USA (cropped).jpg
カテゴリー F1
コンストラクター トヨタ
デザイナー パスカル・バセロン
ルカ・マルモリーニ
先代 トヨタ・TF106
後継 トヨタ・TF108
主要諸元
シャシー カーボンファイバー ハニカム コンポジット モノコック
サスペンション(前) ダブルウィッシュボーン, プッシュロッド インボード・スプリング / ダンパー.
サスペンション(後) ダブルウィッシュボーン
エンジン トヨタ RVX-07 2400cc V8, NA, ミッドエンジン, 縦置き
トランスミッション トヨタ / ウィリアムズ製 7速 "シームレスシフト"
燃料 エッソ
タイヤ ブリヂストン
主要成績
チーム パナソニック トヨタ・レーシング
ドライバー 11. ドイツの旗 ラルフ・シューマッハ
12. イタリアの旗 ヤルノ・トゥルーリ
コンストラクターズ
タイトル
0
ドライバーズタイトル 0
初戦 2007年オーストラリアグランプリ
出走
回数
優勝
回数
ポール
ポジション
ファステスト
ラップ
17 0 0 0
テンプレートを表示

トヨタ・TF107トヨタ2007年のF1世界選手権に投入したフォーミュラ1カー

開発[編集]

前年の6位という結果を巻き返すべく投入されたマシン。マクラーレンフェラーリ、あるいはホンダに勝るとも劣らない高額なマシン開発費をかけることで有名なトヨタであるが、2007年からはテストドライバーにフランク・モンタニーを迎えマシン開発を行った。

設計に関してはテクニカルディレクターを頭とする縦割りの技術部門を再編。ミシュラン出身のビーグルダイナミクス専門家パスカル・バセロンがシャシー部門シニアゼネラル・マネージャーに就任し、各セクションの合議体制による作業を行った。

エンジンは今季よりウィリアムズにも供給を開始した。ギアボックスの共同開発など、ウィリアムズとの技術提携も図っている。

2007年シーズン[編集]

1月30日に行われたバレンシアテストで初披露、2月1日にはラルフ・シューマッハが最速タイムを出すなど同マシンのポテンシャルの高さを証明した。

しかし初戦のオーストラリアグランプリはシューマッハが8位、ヤルノ・トゥルーリが9位と奮わず、シーズン通してアメリカGPでトゥルーリが6位、ハンガリーGPでシューマッハが6位が最高位で、コンストラクターズランキングも6位に終わり、エンジン供給先のウィリアムズにも及ばない結果となった。

スペック[編集]

2007年バーレーンGPサヒールを走行するTF107(ドライバーはヤルノ・トゥルーリ
2007年ベルギーGPスパを走行するTF107(ドライバーはトゥルーリ)

シャーシ[編集]

  • シャーシ名 TF107
  • 全長 4,530 mm
  • 全幅 1,800 mm
  • 全高 950 mm
  • ホイールベース 3,090mm
  • ブレーキ ブレンボ
  • ホイール BBSホイール
  • シートベルト タカタ

エンジン[編集]

  • エンジン名 RVX-07
  • 気筒数・角度 V型8気筒・90度
  • 排気量 2,398cc
  • イグニッション デンソー
  • 燃料・オイル エッソ


記録[編集]

No. ドライバー 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 ポイント ランキング
AUS
オーストラリアの旗
MAL
マラヤ連邦の旗
BHR
バーレーンの旗
ESP
スペインの旗
MON
モナコの旗
CAN
カナダの旗
USA
アメリカ合衆国の旗
FRA
フランスの旗
GBR
イギリスの旗
EUR
欧州連合の旗
HUN
ハンガリーの旗
TUR
トルコの旗
ITA
イタリアの旗
BEL
ベルギーの旗
JPN
日本の旗
CHN
中華人民共和国の旗
BRA
ブラジルの旗
2007 11 ドイツの旗ラルフ・シューマッハ 8 15 12 Ret 16 8 Ret 10 Ret Ret 6 12 15 10 Ret Ret 11 13 6位
12 イタリアの旗ヤルノ・トゥルーリ 9 7 7 Ret 15 Ret 6 Ret Ret 13 10 16 11 11 13 13 8
  • ドライバーズランキング
    • ヤルノ・トゥルーリ 13位
    • ラルフ・シューマッハ 16位
  • TF107 - トヨタモータースポーツ F1アーカイブ