トラさん

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
トラさん
漫画
作者 板羽皆
出版社 集英社
掲載誌 YOUCocohana
レーベル マーガレットコミックス
発表号 2014年1月号 - 2018年11月号(YOU)
2019年1月号 - 連載中(ココハナ)
発表期間 2013年12月14日 - 2018年10月15日(YOU)
2018年11月28日 - 連載中(ココハナ)
巻数 既刊3巻(2019年1月25日現在)
テンプレート - ノート
プロジェクト 漫画映画
ポータル 漫画、映画

トラさん』は、板羽皆による日本漫画。『月刊YOU』(集英社)にて、2014年1月号から2018年11月号まで連載。同誌の休載に伴い、『Cocohana』(同社刊)に移籍して、2019年1月号から連載中。

あらすじ[編集]

酒とギャンブルに溺れる日々を過ごしていた売れない漫画家・高畑 寿々男は不慮の事故で命を落とすが、あの世の「裁判長」の裁きにより1年の期限付きで「猫」として現世の妻子の元へ戻される。

登場人物[編集]

高畑 寿々男(たかはた すずお)
主人公。妻・奈津子の財布からくすねた金でパチンコをして大勝ちしたが、その帰りに落とした財布を拾おうとして歩道橋から転落し、命を落とす。
トラさん
寿々男が猫として現世に舞い戻った姿。
高畑 奈津子(たかはた なつこ)
寿々男の妻。
高畑 実優(たかはた みゆ)
寿々男と奈津子の娘。
高畑 寿嬉斗(たかはた すきと)
寿々男と奈津子の息子。寿々男の死後に産まれた。
裁判長
「あの世」にて死者の来世を決める人物。

書誌情報[編集]

  • 板羽皆『トラさん』集英社〈マーガレットコミックス〉、既刊3巻(2019年1月25日現在)
    1. 2014年12月25日発売[1]、ISBN 978-4-08-845324-8
    2. 2017年2月24日発売[2]、ISBN 978-4-08-845631-7
    3. 2019年1月25日発売[3]、ISBN 978-4-08-844160-3

実写映画[編集]

トラさん〜僕が猫になったワケ〜
監督 筧昌也
脚本 大野敏哉
原作 板羽皆「トラさん」
製作 小松重之(企画・プロデュース)
明石直弓(企画・プロデュース)
出演者 北山宏光Kis-My-Ft2
多部未華子
平澤宏々路
飯豊まりえ
富山えり子
要潤
バカリズム
音楽 渡邊崇
主題歌 Kis-My-Ft2君を大好きだ
撮影 黒石信淵
編集 河村信二
制作会社 ROBOT
製作会社 「トラさん」製作委員会
配給 ショウゲート
公開 日本の旗 2019年2月15日
上映時間 91分
製作国 日本の旗 日本
言語 日本語
テンプレートを表示

トラさん〜僕が猫になったワケ〜』のタイトルで実写映画化。主演は北山宏光Kis-My-Ft2)。2019年2月15日公開。 北山にとっては映画初出演にして初主演となる[4]

キャスト[編集]

スタッフ[編集]

脚注[編集]

  1. ^ トラさん 1/板羽皆”. 集英社. 2019年2月16日閲覧。
  2. ^ トラさん 2/板羽皆”. 集英社. 2019年2月16日閲覧。
  3. ^ トラさん 3/板羽皆”. 集英社. 2019年2月16日閲覧。
  4. ^ キスマイ北山宏光が父親&猫役で映画初主演、多部未華子と「トラさん」で共演”. 映画ナタリー. ナターシャ (2018年2月9日). 2019年1月28日閲覧。